ConoHa VPSにwordpressをインストールする【512MBプラン】

今回はConoHa VPSにワードプレスをインストールしたいと思います。ワードプレスを使うならConoHa WINGを使う人も多いと思うけど、中にはVPSを使ってワードプレスをインストールして使いたい・・・!っていう人もいるでしょう。

この記事ではConoHa VPSでワードプレスをインストールして環境を作っていきます。かんたんKUSANAGIっていうのを選択すればサーバー構築をしてくれるけど、512MBのプランだとかんたんKUSANAGIは使えません

ConoHa VPSのかんたんKUSANAGI選択画面

※512MBプランでのインストールはできません。

かんたんKUSANAGIテンプレートの使い方

なのでこの機能は使わずに自分でコマンドを打って色々インストールして環境を整えていきたいと思います。道のりは長くなるけどやっていきましょう。

 ワードプレスKUSANAGIを使いたかったら

ConoHa VPSでKUSANAGIを使ってみたかったら、以下の記事でKUSANAGIを使ってワードプレスブログを開設するっていうことをやっているから良かったら参考にしてみてください。

ちなみにDockerをインストールしてConoHa VPSでアプリケーションを公開してみるっていうことをやった記事もあるから、Docker試してみたい方はどんな感じか参考にしてみてください。

ConoHa VPS 512MBプランにワードプレスをインストールする手順

ワードプレスのインストール手順はHello VPS WordPress公開までの道を参考にしながら進めます。手順が載っているから見てみるといいですよ。基本的に手順に沿ってやればいいと思うけど、PHPのバージョンは新しめのものにしたいです。

ワードプレスのインストール手順
  1. サーバーを構築する(OSを選択)
  2. Webサーバー(Apache)をインストールする
  3. ファイアウォールの設定をする
  4. データベースをインストールする
  5. PHPをインストールする
  6. SSL設定をする
  7. ワードプレスをインストールする

ただサーバー構築時にDockerのアプリケーションを選択できるから、Docker使えるならDocker使って構築した方が間違いなく楽です。

ConoHa VPSのDocker選択画面

選択してインストールすればdocker-composeも使えます。

ただ今回はDockerは使わずにやろうと思います。やっていきましょう、まずはサーバーの構築からです。

サーバーを構築する(OSを選択する)

まずはサーバーの構築からやっていきます。サーバーの構築は契約時にできるけど、既に契約したVPSの再構築もできる。今回は既に512MBのプランのConoHa VPSを契約しているので、そのサーバーの再構築をしていきます。

サーバーの再構築をする際には既にあるサーバーを停止させないといけないので、シャットダウンします。

ConoHa VPSのサーバーをシャットダウンする

サーバーが停止したらサーバー再構築を選択です。

サーバーのネームタグをクリック

サーバー再構築

ここでOSを選べるから自分の好きなOSを選択。今回はCentOSでいきます。

CentOSを選択

rootパスワードとSSH Keyも設定してサーバー再構築をクリック。すると今選んだものでサーバー再構築をしてくれます。コンソールからログインしてみるとちゃんとCentOSです。

コンソールからCentOSを確認

コンソールへのログインはユーザー名はroot、パスワードは設定したrootパスワードでログインすることができます。

Webサーバー(Apache)をインストールする

次はWebサーバーをインストールします。Nginxでやりたい感もあるけど、今回はApacheを入れてやります。Apacheをインストールするんだけど、ConoHa VPSのコンソールからだと見にくいので、SSH接続して作業を行うことにします。

SSH接続したらhttpdをインストール。

# yum install httpd

途中聞かれるけどyと答えて先に進みます。

httpdのインストール画面

最後にComplete!と表示されたらOKです。

httpdインストールの完了画面

これでApacheがインストールされたから、Apacheを起動してみます。

# systemctl start httpd

起動したらブラウザからページを確認したいんだけど、firewallが効いていて初期状態だとアクセスしても表示できません。なので一旦確認のためOFFにします。(後でONにします)

# systemctl stop firewalld

これでfirewallがstopするのでブラウザでIPアドレスを打ち込んで確認すると初期ページが表示されるはずです。

CentOSの初期画面

Apacheが効いているか確認したいので、Apacheのドキュメントルートにファイルを適当に配置して確認します。

# vi /var/www/html/index.html

適当にHello Apache!!とでも入力しておこう。これでアクセスすると、ちゃんとページが表示されました。

Hello Apache!!

Hello Apache!!とindex.htmlに書いたので、それが読み込まれて表示されています。これは一時的にfirewallを停止しただけだから後で設定します。

それとApacheが自動で起動するようにコマンドを打っておきます。

# systemctl enable httpd

これでVPSが起動した時に自動でApacheも起動するようになる。

ファイアウォールの設定をする

httpとhttpのアクセスを許可したいのでそれを追加します。

# systemctl start firewalld
# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=http
# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=https
# firewall-cmd --reload

これで以下コマンドを打って、httpとhttpsが追加されているのを確認しよう。

# firewall-cmd --list-all

httpとhttpsが追加されたことを確認

これでhttpとhttpsの接続ができるはずだから、firewallが起動している今の状態でブラウザにIPアドレスを入力してページを確認してみる。

httpsでページ確認

するとfirewallが起動していてもちゃんとページを表示してくれました。確認が終わったのでファイルは削除してしまいましょう。

# rm /var/www/html/index.html
rm: remove regular file '/var/www/html/index.html'? yes

データベースをインストールする

次はデータベースのインストールです。

# yum -y install mariadb-server

Complete!と表示されたらOK。mariadbも自動起動するように設定しておきます。

# systemctl enable mariadb

そしたらmariadbを起動してみよう。初期状態だとrootでパスワードなしで入れると思うから確かめる。

# systemctl start mariadb
# mysql -uroot
=> MariaDB [(none)]>

一応ログインできるけど、パスワードがないのはきついので設定します。

# mysql_secure_installation

いくつか質問されるから全部Yで答える。その中のChange the root passwordっていうのに答えたら、新しいパスワードを何にするか聞かれるから新しいパスワードを設定しよう。

全て完了するとThanks for using MariaDB!っていう表示がされるよ。

ここまでいったら設定したパスワードでMariaDBにログインできるかどうか確認してみる。

# mysql -uroot -p

パスワードを聞かれたら入力してログインできたらOKです。

PHPをインストールする

次はPHPをインストールします。ワードプレスではこの記事を書いている現在7.4以上が推奨されているから7.4以上を入れます。

WordPress を実行するには、以下のホスティング環境を推奨します。

  • PHP バージョン 7.4 以上。
  • MySQL バージョン 5.7 以上、または MariaDB バージョン 10.2 以上。
  • HTTPS 対応

ワードプレスについて

CentOSのバージョン確認

CentOSのバージョンを確認すると9ですね。

# cat /etc/redhat-release

CentOS確認画面

remiのインストール

まずはremiをインストール。何か聞かれたらyと答えてインストールしよう。

# yum install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-9.rpm

インストールしたらPHPのリストを確認したい。module listを確認してみよう。

# yum module list | grep php

modulelistを確認

7.4と8.0、8.1がありますね。ワードプレスのPHP推奨バージョンは7.4以上だからどれでもいいけど、8.0にしておきますかね。

# yum module enable php:remi-8.0
# yum install php
他の必要そうなものもインストール =>
# yum install php-devel php-pdo php-mysqlnd php-mbstring php-gd

これでインストールしたPHPを確認するとphp8.0.15が確認できました。

phpのバージョン確認

Apacheをrestartしておきます。

# systemctl restart httpd

PHPの情報を確認したいので、/var/www/html配下にphpファイルを作ってphpの情報を出力してみます。

# vi /var/www/html/index.php
<?php
phpinfo();

これでIPアドレスにアクセスしてみるとこんな感じ。

PHPの情報確認画面

色々PHPの情報が出ていますね。バージョンも確認できます。

PHPの設定変更

デフォルトだと「post_max_size」と「upload_max_filesize」のサイズがそれぞれ8Mと2Mなので、この設定を変更します。

「post_max_size」と「upload_max_filesize」のサイズ確認

php.iniからpost_max_sizeとupload_max_filesizeの値を変更します。

# vi /etc/php.ini

post-max-sizeupload-max-filesize

Apacheを再起動して設定を確認します。CentOS9だとphp-fpm再起動しないとダメだった。

# systemctl restart httpd
# systemctl restart php-fpm

これで再度確認してみるとちゃんと反映されました。

post_max_sizeの変更確認

確認できたら、確認用のために作ったindex.phpは削除しておきます。

# rm /var/www/html/index.php

ワードプレスをインストールする

ワードプレスサイトからダウンロードリンクを取得します。

ワードプレスのダウンロード画面

コピーしたリンクを/var/www/html配下で実行しよう。

# cd /var/www/html
# wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
ダウンロードしたらファイルができるから実行する=>
# tar xvzf latest-ja.tar.gz

wordpressの確認

lateset-ja.tar.gzはもういらないので削除して「wordpress」ディレクトリ内のファイルを全てドキュメントルート配下に移動します。

# rm latest-ja.tar.gz
# mv wordpress/* /var/www/html
# rmdir wordpress

Apacheがファイルに書き込みをできるように権限の設定をします。

# chown -R apache:apache /var/www/html
# chmod -R 755 /var/www/html

これでIPアドレスにアクセスしてみる。

ワードプレスの設定画面が表示される

するとワードプレスの画面が表示されました。

ワードプレスを開設する

「さあ、始めましょう!」からワードプレスに情報を入力して始めることができる。

ワードプレスに情報を入力 - さあ始めましょう!ワードプレスに情報を入力

ワードプレスのデータベースを作ったりしないといけないので、まずはそれをやろう。

ワードプレス用のデータベースを作成する

ワードプレスをインストールしたいんだけど、その前にワードプレスで使うデータベースを作成します。ユーザー名とパスワードも設定しておこう。

# mysql -uroot -p
パスワードを入力してログイン
# CREATE DATABASE 好きなデータベース名;

ワードプレスに情報を入力する

ワードプレスの画面に情報を入力してやろう。

ワードプレスに情報を入力する

インストール実行

ここでサイトタイトルやワードプレスのユーザー名を設定することができる。

ワードプレスのタイトルやユーザー名を入力

ユーザー名とパスワードはワードプレスの管理画面にログインする際に使える。入力したら下の方にいって[WordPressをインストール]をクリック。

ワードプレスをインストール

無事成功です。

ワードプレスにログイン

ログインボタンを押してログイン画面からユーザー名とパスワードでログインしましょう。

ユーザー名とパスワードを入力

ログインするとワードプレスの管理画面。

ワードプレスの管理画面

サイトを見てみると初期画面が表示されていますね。

ワードプレスの初期画面

お疲れ様でした。ワードプレスサイトをConoHa VPSに入れることができました。

SSL設定を行う

今回はやっていなかったけど、独自ドメインをとってちゃんと運用する方はSSL化をしておいてください。ConoHa VPSの7時間目 SSL証明書をインストールしてサイトをSSL化するにやり方が書かれているから参考にしてみるといいですよ。

まとめ - ConoHa VPSにワードプレスをインストール

やっぱりOSを入れるところからやるとそれなりに時間がかかってしまいますね。とはいえConoHa VPSの512MBプランでもワードプレスのインストールっていうのはできました。

それとこの記事ではrootユーザーでずっと作業していたけど、root以外のユーザーを作成して権限管理もきちんとした方が良いです。あとSSL設定だったりですね。データベースの情報をGUIで見たい方はphpmyadminを入れるといいでしょう。

ちょっと大変だけどConoHa VPSでワードプレス運用も自分で色々できていいかもね。