ConoHa VPSの申し込み方法と始め方を紹介!簡単にサーバー構築が可能です

ConoHa VPS使ってみたいんだけど、どう始めるの?

そんな疑問を解消するためにこの記事では、ConoHa VPSの申し込み方法と始め方を紹介します。

記事の内容
  • ConoHa VPSの料金プラン
  • ConoHa VPSの申し込み方法
  • サーバーの構築・再構築

     ConoHa VPSを使ってみたよ

    実際にConoHa VPSを使ってみたけど、サーバーの構築自体はある程度自動でやってくれるから簡単です。使い方やアプリケーションの公開を試した記事は以下でまとめているからよかったら見てみてください。

    ConoHa VPSの始め方を見ていこう

    ConoHa VPSの料金プラン

    ConoHa VPSと契約する前に料金プランを知っておきましょう。

    料金プランは2つ

    料金プランは大きく2つに分かれていて、3か月以上の利用期間が決まっている形態と決まっていない形態がある

    料金プラン
    • 3か月以上の利用プラン・・・3・6・12・24・36か月の利用期間を選択して契約
    • 最小限のコストで利用するプラン・・・月額いくらかで契約

    3か月以上の利用プランだと利用する期間を最初に選んで、その後は契約期間を更新していくスタイル。最小限のコストで利用するプランは最低利用期間がなく、月額いくらかっていうスタイル。

    もちろん3か月以上の利用プランの方が長く使うなら料金は安くなります。

    こうしてみると3ヶ月以上の利用を考えている場合は、[3ヶ月以上の長期利用をお考えの方]のプランの方がちょっとだけ月額料金が安くなる。

    3ヶ月も使わない、契約期間を決めたくない・・・っていう場合には利用期間が決まっていない[最小限のコストで利用したい方]の料金プランの方がいいでしょう。

    最初試すぐらいなら最小限のプランでメモリ512MB・1GBあたりでやってみてもいいかもね

    ConoHa VPSと契約する

    ConoHa VPSで契約するプランが決まったら契約しましょう。既にConoHa WINGを契約していたりしている場合は会員アカウントを持っているから、メールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

    はじめての場合には必要事項を入力して先へ進もう。

    [最小限のコストで利用したい方]の料金プランで契約してみる

    今回は最低利用期間なしのプランで一番安いプランを契約してみます。

    • リージョン・・・東京
    • VPS割引きっぷ・・・利用しない
    • イメージタイプ・・・CentOS
    • rootパスワード・・・好きなパスワードを設定(ログイン時に使うのでメモしておいてください)
    • ネームタグ・・・好きなネームタグを設定

    この画面でインストールするOSやアプリケーションを選択できるけど、初期選択のままいきます。(使いたいアプリケーションがあれば選択するとインストールしてくれるはずだから、選択しておくといいです)

    初期選択だとOSはCentOSですね。オプションっていうのもあるけど、これも初期設定のまま進みます。

    契約すると契約したvpsが稼働中と表示されました。

     OSやアプリケーションの再構築は可能

    最初に選択したOSやアプリケーションでサーバーが構築されるけど、サーバーの再構築っていう機能があるからサーバー作成した後にでも再選択して再構築することが可能です。

    最安値プランだとプラン変更ができない

    契約してから気づいたんだけど、最安値の512MBのプランだとプラン変更ができません。プラン変更ができないとなるとサーバーのスペックを上げられないので、何か運用している場合には困ることが出てくると思います。

    お試しで運用するぐらいならいいけど、何かちゃんと運用する場合には他のプランにしておいた方が無難ですね。

    ただイメージの保存はできるから、最安値プランで作成したサーバーのイメージを保存して、それを新しく契約したプランでインストールして使うっていうことはできそう。

    構築されたサーバーの中を見てみる

    ConoHa VPSと契約したらサーバーの中を見てみたいですよね。ネームタグをクリックしてコンソールをクリックするとターミナルが起動します。

    ここにrootと入力して、設定したrootパスワードを入力すればログインすることができる。

    $ root
    $ 設定したrootパスワードを入力

    ログアウトする際にはlogoutと打てばログアウトすることができる。

    $ logout

    と打てばログアウトすることができる。ログインしたら普通にコマンド打っていろいろできますね。

    サーバーの再構築も可能

    契約時にOSやアプリケーションを選択してサーバー構築を行ったと思うけど、それがやっぱ違うわ・・・ってなった場合、サーバーの再構築を行うことができます。

    サーバーの再構築はサーバーが停止していないと使えないので、一度シャットダウンします。

    シャットダウンしたらネームタグをクリック。

    サーバー再構築っていうボタンがあるからそれをクリックしよう。

    すると最初にサーバー構築をした時と同じようにOSやアプリケーションを選択することができるから、自分の好きなように選んでサーバーを再構築できる。

    サーバーを作り直したい時に使うといいですね。

    まとめ - ConoHa VPSの始め方

    ConoHa VPSの始め方を少し書いたけど、今回のことをまとめるとこんな感じです。

    • 料金プランは大きく分けて3ヶ月~のプランと最低利用期間がないプランがある
    • 最安値の512MBプランはプラン変更ができないから注意
    • サーバーの再構築は可能

    おすすめの契約プランは1GB以上

    ConoHa VPSのおすすめのプランは1GB以上のプランです。というのも512GB以上を選んでしまうとそれより上のプランへの変更ができないから。

    ※メモリ512MBプランにつきまして、メモリ1GB以上のプランへのプランアップおよびメモリ1GB以上のプランからメモリ512MBプランへのプランダウンはできません※

    VPSのプランを変更する

    1GB以上のプランから512MBへのプラン変更もできないけど、これなら1GBのプランを使ってやった方がいいと思います。試すぐらいだったら512MBで十分でしょう。

    契約してサーバーを構築するのはとても簡単だからConoHa VPS試してみるのありです。

     ConoHa VPSの使い方に迷ったら

    ConoHa VPSに関する記事を以下でまとめているから何かないかな?と思ったら覗いてみるといいかもしれません。