エックスサーバーからConoHa WINGにワードプレスサイトを移行する方法

今回はエックスサーバーで開設したワードプレスサイトをConoHa WINGに移行する方法を書いていきたいと思います。

エックスサーバーでワードプレスブログを運営しているけど、ConoHa WINGに移行したい!っていう方は参考にしてみてください。

自分は1度試したところうまく表示できず、2回目はすんなりいきました。失敗した際2回目の移行作業をどうやったかもざっくり書いたので失敗した際のリトライ方法もみたい方は参考にどうぞ。

エックスサーバーからConoHa WINGに移行する手順

まずは移行する手順の確認からです。ワードプレスの移行自体はConoHa WINGのかんたん移行を使えば簡単なのでそれを使います。

移行手順
  1. ConoHa WINGと契約する
  2. ブログ・サイトのバックアップを取る
  3. 『かんたん移行』でデータをコピー
  4. ドメインのネームサーバーを変更

かんたん移行とは

かんたん移行はConoHaのWordPressかんたん移行を利用するにどんな機能かが書かれているけど、他社のレンタルサーバーで利用しているWordPressをConoHa WINGへデータ移行することができる機能テスト移行機能があるのも魅力的です。

テスト移行機能を利用することで本番移行前に移行を行い動作確認が行なえます。

この機能を使わない手はないので使っていきたい。

かんたん移行できないサイト

かんたん移行できないサイトとしては以下のサイトが挙げられているから、自分のサイトが以下のサイトになっていないか確認してから行おう。

  •  WordPressのバージョンが3.8.5より古いサイト
  •  PHPのバージョンが5.3より古いバージョンを利用しているのサイト
  • マルチサイト機能を使用したWordPress
  • ダッシュボードログイン時に二段階認証(ロボット認証)を行っているサイト
  • プラグインインストール時にFTP情報を必要とする設定のWordPress
  • WordPress.comからの移行
  • ダッシュボードから画像投稿が出来ないサイト

エラーが起きるかもしれないプラグイン

またサイトにて以下のプラグインを使っている場合はエラーが起きるかもしれない。

  • Yet Another Related Posts Plugin
  • WassUp Real Time Analytics
  • WordPress Popular Posts
  • wp slims stat
  • Broken Link Checker
  • count per day

WordPress Popular Postsなんかは使っている人多そうですよね。移行する際には無効化して移行すると良いと思います。

今回移行するサイト

今回自分が移行するサイトなんだけどテーマはXeoryBaseで、使っているプラグインは以下。

移行するサイトの使用プラグイン
  • AddQuicktag
  • AmazonJS
  • Better Recent Posts Widget
  • EWWW Image Optimizer
  • Head, Footer and Post Injections
  • Jetpack by WordPress.com
  • Pz-HatenaBlogCard
  • Sandwich Adsense
  • SNS Count Cache
  • Table of Contents Plus
  • TinyMCE Advanced
  • W3 Total Cache
  • WordPress Popular Posts
  • WordPress Related Posts
  • XML Sitemaps

WordPress Popular Postsも入っていますね。移行の際にはWordPress Popular Postsは一時的に消して移行しました。Better Recent Posts Widgetもエラーが起きて面倒だったので、移行の際はプラグインは全て無効化して行いました。

XeoryBaseもエラーが起きたので一時的にテーマを変更して移行しました。

ConoHa WINGと契約する

ConoHa WINGと契約する必要があるから、ConoHa WINGから契約しにいこう。プランは大きく2つに分かれているよ。

  • 通常プラン・・・従量制プラン。使った分だけお金がかかる。
  • WINGパック・・・3ヶ月からの利用期間で使える。

使い方次第でプランは選べばいいと思うけど、個人的にはWINGパックがおすすめです。独自ドメイン無料で2つもらえますからね。

WINGパックは、Webサイトを作成するために必要なレンタルサーバーと独自ドメインがセットになったお得なパックです。WINGパックの契約中は、お好きな独自ドメインを2つまで永久無料でご利用いただけます。

WINGパックの料金プランはいくつかあるけど、一番安いベーシックプランで良きです。エックスサーバーでスタンダードプラン(旧10)より上のプランを使っていたならスタンダードやプレミアムを考えてもいいと思うけど、大体の人はベーシックプランで十分だと思う。

好きな契約期間を選んで、初期ドメインとサーバー名を好きなものに設定です。

WordPressかんたんセットアップは利用しなくてOK、後で移行するので。ConoHaWINGと契約したら移行作業に入ろう。

ブログ・サイトのバックアップを取る

移行の前にバックアップは一応とっておきたいですよね。エックスサーバーではバックアップを取得する機能がついているからそれを使うのが良いと思います。

バックアップの取得方法については以下の記事で書いたからよかったら参考にしてみてください。

ConoHa WINGにドメイン追加

まずは移行元サイトのドメインをConoHa WINGの管理画面から追加します。[サーバー管理→ドメイン]から[+ドメイン]ボタンをクリックしよう。

表示された画面でドメインを追加します。無料独自SSLは利用するにしてもいいけど、エラーになると思います。なのでSSL設定は移行が終わったらやりましょう

ドメインのネームサーバーはWordPressかんたん移行を利用するに※ドメインのネームサーバー情報については移行作業が完了してから変更ください。と書かれているので後でやります。

ドメインを追加したら[サイト管理→サイト設定]からそのドメインに切り替えます。

SSL化したサイトを移行する場合はDNS設定を変更する

SSL化されているサイトを移行する場合は、移行するとSSL化が解除されてしまいます。(https://・・・がhttp://・・・になってしまう。)

移行した後にConoHaWINGでSSL化設定をすればいいだけなんだけど、その間のSSL化されていない時にもSSL化されたものを表示したいです。

そこでDNS設定をいじってConoHa WINGでのSSL化設定が反映されるまでSSL化されたエックスサーバーの画面を表示させます。

エックスサーバーのIPアドレスをまずは確認してコピーしておく。

そしたらそれを以下の項目に入力。

元のIPアドレスは後で使うからコピーしておこう。

  • 【タイプ】A(通常)【名称】@【TTL】3600の値・・・エックスサーバーのIPアドレス
  • 【タイプ】A(通常)【名称】www【TTL】3600の値・・・エックスサーバーのIPアドレス
  • 新しい項目・・・* 3600 エックスサーバーのIPアドレス

ConoHa WINGのかんたん移行を行う

ConoHaWINGにログインしたら[サイト管理→サイト設定]から[+WordPress]ボタンを押してインストール方法にはかんたん移行を選択。テスト移行も利用したい人は利用しよう。

  • バージョン・・・新しい方が良いので5.8.1
  • 移行元URL・・・移行したいワードプレスサイトのURL
  • アクセス制限ユーザー名・・・テスト移行先URLにアクセスする際に必要なユーザー名(好きなユーザー名を設定)
  • アクセス制限パスワード・・・テスト移行先URLにアクセスする際に必要なパスワード(好きなパスワードを設定)
  • 移行元ユーザー名・・・移行したいワードプレスサイトのユーザー名(管理画面にログインするとき使うやつ)
  • 移行元パスワード・・・移行したいワードプレスサイトのパスワード(管理画面にログインするとき使うやつ)
  • パスワード(データベース)・・・データベースのパスワード(好きなパスワードを設定)
[保存]ボタンを押すとWordPressテスト移行っていう表示が出てきますね。

記事数などにもよると思うけど、それなりに時間がかかるからお茶でも飲みながら気長に待ちましょう。完了するとステータスが完了になります。

テスト環境をサイトURLと管理画面URLから確認することができるから確認してみましょう。ただ確認してみると自分の場合デザインが反映されていなかったり、管理画面にはログインすることができなかったりしました。(自分移行作業1度失敗しているんだけど、ここら辺でおかしかったら何か疑った方が良さそうです)

本番移行する

続いて本番移行に移ろう。[本番移行]ボタンをクリックして行うことができる。

これを実行すると本番環境のワードプレスサイトが出てくる。

エラーが起きて移行失敗したら

移行に失敗するとこんなふうにステータスでエラーが表示される。

エラーの種類に関してはWordPressかんたん移行のエラーについてを見れば分かるけど、予期せぬエラーだと分からないな・・・。ただ送られてくるメールを見てみるとYour Site is Experiencing a Technical issueっていうタイトルでエラーの原因が少し載っている。

例えばこれなら、Better Recent Posts Widgetっていうプラグインがダメらしいですね。

In this case, WordPress caught an error with one of your plugins, Better Recent Posts Widget.

プラグインを無効化したりしてみて再度実行してみよう。

自分の場合はテーマとプラグインのエラーが起きました。プラグインを無効化したり、テーマを一時的に別のものにへこうしたりするといいと思います。

動作確認URLを使う

動作確認URLを使うとDNSレコードを切り替える前にWebサイトの表示を確認することができる。

他のサーバーから移行する際、仮のURLを発行し、DNSレコードを切り替える前にWebサイトの表示を確認することができます。

表示されたURLで表示がちゃんとされるか確認しておこう。

ネームサーバー情報を変更する

ワードプレスサイトの移行が完了したらネームサーバー情報を変更する。今回移行したサイトのドメインはお名前.comで取得していたのでお名前.comからネームサーバー情報をエックスサーバーからConoHaに変更します。

反映には時間がかかるっていうのは念頭に置いておこう。

変更されたか確認する

aguseでサイトURLを入力するとホスト名がわかるので、そこがconohaになっていたらOK。

DNS情報を変更していない場合でもエックスサーバのサイトが表示される可能性

DNS情報を変更している場合はエックスサーバーのサイトがhttpsで表示されるはずだから、気にすることはないだろうけど、DNSを変更していなくてもドメインにアクセスしてみるとエックスサーバーのサイトが表示されたりします。ホストが〇〇.conoha.ne.jpになっていても反映には時間がかかるから時間を結構置いてから再度アクセスしてみましょう。

どっちのサーバーのワードプレスサイトが反映されているのか分からなかったら、エックスサーバーかConoHaWINGのファイルマネージャーから分かりやすいようにファイルの一部分を変更してみるといいです。

(例えばエックスサーバーのファイルマネージャーからheader.phpの一部分をいじって、それが反映されていたらまだエックスサーバーのものが反映されている状態。)

無料独自SSLをONにする

ネームサーバーの変更が終わったら無料独自SSLをONにしましょう。移行前はSSL化していなくてもやった方がいいです。

ONにすると最初は設定中だけど、しばらくすると設定されるはずです。設定されたらサイトにアクセスしてhttpsになっているか確認してみましょう。

 設定できなかったら時間をおこう

ネームサーバーをConoHaに設定してからしばらく時間が経たないとONにしても設定できないと思うので、できなかったら時間を経ってリトライしましょう。

SSL化したサイトを移行した場合はDNS情報を元に戻す

先ほどDNS設定でIPアドレスを変更した場合は元のConoHaのIPアドレスに戻しておこう。これでConoHaに移行したサイトが表示されるようにします。

動作確認をする

動作確認をしてOKだったら完了です。

移行に失敗した場合

自分は移行に失敗しました。かんたん移行とテスト移行を使ってやったんだけど、うまいことページが表示されませんでした。画面は表示されるけどデザインがうまく反映されていなかったり、本番環境のトップページから各記事のリンクをクリックするとテスト環境に飛んだりと謎現象が起きてしまった。

その後再度移行作業をしたのでその手順を書きます。今度は無事に表示されました。

ネームサーバーをエックスサーバーのものに戻す

もう一度作業をやり直すため一度エックスサーバーを見るようにネームサーバーの設定をエックスサーバーのものに戻します。これの反映には最大72時間ほど待つ必要があるから気長に反映を待つ。

しばらくたってドメインにアクセスしてエックスサーバーで動いているのが確認出来たらOK。aguseでサイトURLを入力するとホスト名がわかるので、エックスサーバーのものになっているか確認してみるといいです。

ConoHaの環境を削除

ドメインにアクセスしてエックスサーバーにある移行元のサイトが表示されたら、ConoHaのワードプレス環境を削除します。データベースもいらないから削除

再度移行を実行

再度移行作業を実行します。かんたん移行時にテスト環境を利用してリンクがおかしくなったので今回は使いません

これでインストールしてみるとサクッと終わりました。前やった時はサクッといかなかったんだけどな・・・

動作確認URLから表示を確認

動作確認URLをONにして表示されたURLにアクセスしてちゃんと表示されればOK。

ネームサーバーを設定

ネームサーバーをconohaのものに設定します。

これは反映に時間がかかるから気長に待つ。

無料独自SSLを設定

無料独自SSLも設定します。

設定されると利用中になる。

表示確認

ネームサーバーの反映が終わったらドメインにアクセスしてエックスサーバーの時と同じように画面が表示されたらOK。無事表示されました。

サイトの表示には時間がかかるから気長に待つ必要があるね。

不安だったら移行代行っていう手もある

移行作業に不安を感じているなら移行代行を使うっていう手もあります。

WordPress移行作業を全てConoHa WINGの専任の担当者にお任せできるサービスです。WordPressの移行作業は煩雑なため、作業を間違えてしまうとサイトデータを削除してしまったり、Webサイトが表示されないなどのトラブルが発生する可能性があります。ConoHa WINGでは、専門のプロが丁寧に作業をいたしますので、安心・安全にWordPressの移行ができます。

WordPress移行代行

料金は大体1万円ぐらいですね。

どうしても自分では不安だからやりたくない・・・っていうときには助かるサービスですね。