エックスサーバーのワードプレスインストール方法+必須事項+αを紹介!

ワードプレスでサイトやブログを運営したいと考えているなら、サーバーの契約は必須でしょう。サーバーはいろいろ種類があるけど、その中でもエックスサーバーを使おうかなあ・・・と思っている人もいるはず。

そこで今回はそのエックスサーバーにワードプレスをインストールする方法を見ていきたいと思う。ちなみにこのサイトもエックスサーバーを使っていますよ。ではやっていこう。インストールした後のするべき設定も紹介していくよ。

エックスサーバーとは

何をいまさらという感じもあると思うけど、少しだけエックスサーバーってどんなサーバーなの?っていうことは見ておきたい。エックスサーバーは、大量アクセスにも強い構成となっているサーバー。運用サイト数200万件で国内シェアNo.1みたいですよ。ただそれだけ使っている人多いなら、その分スピード遅くなったりしないの?とかちょっと思ったりします。

たけどリソース保証機能っていう安定的に速度を実現する機能が備わっている。

他ユーザーの影響を受けずに、安定的なサーバー速度を提供する「リソース保証機能」を導入。

それとワードプレスをインストールする機能が備わっているのが何よりも楽ですね。ボタンポチポチしていけば簡単にインストールして使うことができる。

料金プラン

料金プランはこんな感じだけど、一番安い月額990円~のもので始める際には十分すぎます。プラン変更したかったらエックスサーバを契約した後に使える管理画面から簡単に変更できるしね。


サーバーってなんだよ?っていう感じだけど、エックスサーバーは管理画面からインストールしたワードプレスのファイルを見ることができたり、サーバーの設定をすることができて便利です。

エックスサーバーからファイルをいじったりサーバーの設定をするときには、このファイルマネージャーとサーバーパネルをよく使ったりするよ。

ワードプレスのインストール方法

エックスサーバーからワードプレスをインストールする方法は簡単で、サーバーパネルに入ったら[WordPress簡単インストール]をクリックして設定に進もう。

ワードプレスをインストールしたいドメインを選択したら、WordPressインストールの必要項目を入力しよう。

  • サイトURL・・・サイトのURL
  • ブログ名・・・好きなブログタイトル
  • ユーザー名・・・ワードプレスの管理画面にログインする際のユーザー名
  • パスワード・・・ワードプレスの管理画面にログインする際のパスワード
  • メールアドレス・・・メールアドレス(関連する通知なんかが届く)
  • キャッシュ自動削除・・・ワードプレスのキャッシュを自動で削除するかどうか。ONで良いと思います。
  • データベース・・・データベースを生成するかどうか。「自動でデータベースを生成する」で良いと思います。作成済みのデータベースを利用したい場合はそちら。

キャッシュの自動削除に関しては、定期的にキャッシュを削除してくれるんだけど、その設定はCron設定から見ることができる。キャッシュを削除するコマンドが書かれていますね。

コマンドが指定した時刻に定期的に実行されて、キャッシュが削除されるっていうものですね。Cron設定が分かる人はここから定期的に何かコマンドを実行する設定をするっていうことができる。例えば、Amazonの人気商品を1時間ごとに取得するとかですかね。ただCron設定は最初は正直知らなくていいと思います。ワードプレスを運営していくうえで必要になったら知っていきましょう。

情報を入力したら、[確認画面へ進む]をクリックしたら確認画面が出る。

確認画面で間違いがなければ「インストールする」をクリックしてインストール!!完了画面が出ればインストール完了です。

完了画面が出たら表示されているURLから管理画面にアクセスしてみよう。すると、ワードプレスのログイン画面が表示される。

設定したユーザー名かメールアドレスとパスワードを入力してログインするとこんな画面になるね。

無事にワードプレスの管理画面に入ることができました。サイトの表示も見てみましょう。

かなり簡素なページだけど、ちゃんと表示できましたね。ここまでくれば後は記事を追加したりテーマを設定したりしていけば、どんどんそれっぽくなっていきますよ。

SSL(https)設定をする

ワードプレスをインストールして画面を見ることはできたけど、このままではURLがhttpsではありません。これだとこういった画面が出てしまう時もある。

保護されていない通信と出てしまっていますね。

これはhttpsじゃなくてhttpにURLがなっているから起きてしまっているので、https化します。SSL化ともいうけど、これもし画面ちゃんと表示されちゃってもやっておいてください。SSL化とても大事です。

SSL化をエックスサーバーから行う

SSL化はエックスサーバのSSL設定から行うことができる。

独自SSL設定追加から設定対象ドメインが合っているか確認して[確認画面へ進む]をクリック。

追加するとクリックしたら、[SSL新規取得申請中です]となるのでちょっと待とう。

無事追加されたら[追加しました]っていう表示になるよ。

設定を追加したら[http://・・・]じゃなくて[https://・・・]でアクセスできるようになるはずだけど、サーバーに反映されるのに最大1時間ぐらいかかるから気長に待とう。反映待ちだとこんな表示になったりしますね。

設定が終わったら[https://・・・]でアクセスしてみるとちゃんと表示されました。

これでhttpsでサイトにアクセスできるようになった。

ワードプレス側でもサイトアドレスをhttps・・・にする

ワードプレスン管理画面の設定からWordPressアドレスとサイトアドレスをhttpからhttpsに変更しておきましょう。

入力したら下の方に進んで[変更を保存]を押せばOKです。

httpからhttpsへの自動切換え設定を行う

httpsでアクセスできるようになったのはいいけど、httpでもアクセスすることができます。

httpでアクセスしてきた人もhttpsでアクセスするようにしたいので、リダイレクトするように設定をしていきましょう。エックスサーバーのーのサーバーパネルから[.htaccess編集]をクリック。

.htaccess編集のタブを選択して上の方にリダイレクトするルールを記述します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI}/$1 [R=301,L]

確認画面へ進んで設定完了です。

編集が完了したら、実際に今書いた記述が適切に動くか確認しましょう。

これでhttpでアクセスしてきた場合も、httpsにリダイレクトさせるようにすることができました。

パーマリンク設定を行う

パーマリンク設定は最初の1記事目を書く前に行っておくのがおすすめです。後で変更を考えるとかなりしんどいです。パーマリンクはワードプレスの管理画面の設定から行うことができる。

上は何もパーマリンクをいじっていない設定だけど[日付と投稿名]になっていますね。自分投稿した記事のURLがどんな風に設定できるか決めることができる。どんなパーマリンクにすればいいのか?っていうのはGoogleを見てみるとシンプルにしましょうと書かれていますね。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。可能な場合は、長い ID ではなく意味のある単語を URL に使用します。

シンプルなURL構造を維持する

でこのパーマリンク設定何にしたらいいの?っていうところだけど、投稿名にしておいたらいいんじゃないかなーと思います。

投稿名にしておくと記事の編集画面でそのパーマリンク好きなように設定できるんですよね。

記事ごとに分かりやすいシンプルなパーマリンクにしてやればいいです。Googleがシンプルが良いと言っているので、シンプルなリンクを設定してやろう。

 ちなみにこのサイトのパーマリンクは・・・

このサイトのパーマリンクは?p=○○のようなパーマリンクになっているけど、これは普通にミスっています。変更しようと思ったけど、いろいろ大変で断念しました。今からワードプレスを始める方は最初にパーマリンク良い感じにしておきましょ。。

まとめ

今回はエックスサーバーにワードプレスをインストールする方法と最低限インストール後にやっておいたほうが良い設定を書いた。エックスサーバーを使うか迷っている人やインストール方法・設定に迷っていたらちょっと参考になってくれたら嬉しいです。

ちなみにワードプレスインストール後に行うべき設定として紹介したのは以下の2つ。

  • SSL(https)化
  • パーマリンク設定

インストールしてさっそく記事書き始めたくなる気持ちもあると思うけど、その前にこの2つはやっておいてほしいと思います。パーマリンク設定なんて最初にやっておかないとかなりしんどいです。そしたら後はテーマ入れたりプラグイン入れたりしていろいろいじってみると結構楽しいと思います。

以下に関連記事を置いておくので気になるものがあったら参考になるかもしれません。

関連記事

ちなみにこのサイトのテーマはDiverです。