ConoHa VPSでWindowsをインストールしてリモートデスクトップとして使う方法

ConoHa VPSでWindowsインストールして、あわよくばそれリモートデスクトップにして使いたいんだけど・・・

そうですよね、Windows環境をリモートで接続して使えれば楽ですよね。今回はそんな方法をConoHa VPSでやっていきたいと思います。

この記事で分かること
  • Windows環境をConoHa VPSで作る方法
  • WindowsからConoHa VPSで立てたWindowsサーバーに接続する方法
  • MacからConoHa VPSで立てたWindowsサーバーに接続する方法

 ConoHa VPSでWindowsサーバーを作ってみたよ

ConoHa VPSを使って実際にWindows環境を作ってみました。リモートで接続して使うことも確認できたので、同じようなことをしたい方は参考にしてみてください。

ConoHa VPSでWindowsサーバー作っていこう

ConoHa VPSでWindowsサーバーを立てる

まずはConoHa VPSでWindowsサーバーを立てます。ConoHa VPSから申し込んでサーバーの作成をしていきましょう。

 ConoHa VPSを申し込む

ConoHa 申込

必要な情報を入力したり認証したりよくあるやつです。

情報を入力していったらサーバーを作成する画面になるからWindows Serverを作っていきましょう。

 Windowsサーバーを立てる

サービスにWindows Serverがあるので、それを選択です。

ConoHa windowsserver選択

  • サービス・・・Windows Serverを選択
  • VPS割引きっぷ・・・数か月間契約するなら利用した方が安くなる。期間を選択したくなかったら利用しないを選択。
  • メモリ・・・どの程度のメモリが欲しいかに応じて選ぼう(この記事では2GBでいきます)
  • イメージタイプ・・・Remote Desktopを選択

    イメージタイプはWindowsServerとremoteDesktopがあるんだけど、今回はRemoteDesktopとして使いたいので、RemoteDesktopを選択。ただドロップダウンを開くと2つ種類があります。

    RemoteDesktopの種類
    • WindowsServer 2022 Remote Desktop
    • WindowsServer 2022 Remote Desktop + Office Professional Plus

      Officeを使いたい場合はOffice Professional Plusを選択しよう。

      今回Officeは使わないからOfficeなしの方を選んで進めるね

      ライセンスに関しては2つあります。

      リモートデスクトップsal選択

      • リモートデスクトップ(RDS)SAL・・・リモートデスクトップとして使いたいなら必要
      • Microsoft Office SAL・・・Officeを使いたい場合に必要
        リモートデスクトップとして使いたいからリモートデスクトップ(RDS)SALを申し込むよ

        ちなみにリモートデスクトップ接続するユーザーの分だけライセンスが必要です。

        「ConoHa for Windows Server」のVPSに対して「サーバー管理」目的以外のリモートデスクトップ接続をするユーザーは、その人数分の「リモートデスクトップ(RDS) SAL」のご契約が必要です。

        ConoHa

        最後にAdministratorパスワードとネームタグを設定します。

        administratorパスワードとネームタグ入力

        • Administratorパスワード・・・ログイン時に使用するパスワード
        • ネームタグ・・・好きな名前でOK(ConoHa VPSの管理画面で表示される名前)
          Administratorパスワードは後で接続時に使うから覚えておこう

          これでサーバーを追加すれば完了です。

           サーバー構築完了

          サーバー構築が完了したら作成されたサーバーのネームタグをクリックして、IPアドレスを確認します。

          サーバー確認

          IPアドレス確認

          IPアドレスは後で接続時に使うからコピーしておきましょう。

          ConoHa VPSで立てたWindowsサーバーにWindowsからリモートデスクトップ接続する

          WindowsサーバーがたったらWindowsから接続してみましょう。リモートデスクトップ接続からIPアドレスを入力すれば接続できます。

          IPアドレスを入力

          「資格情報を入力してください」でアカウントを問われます。

          パスワードを入力

          • ユーザー名・・・Administrator
          • パスワード・・・サーバー作成時に設定したパスワード

          リモートデスクトプ接続を許可

          「はい」を押して接続です。するとWindowsの画面が表示されました。

          windowsサーバー接続成功

          よくみるWindowsの画面ですね。これで簡単いWindowsをいじることができるようになった。

          ConoHa VPSで立てたWindowsサーバーにMacからリモートデスクトップ接続する

          MacではRemote Desktop用のアプリを使うことで作成したWindowsサーバーにリモートデスクトップ接続することができます。

          Microsoft Remote Desktopをダウンロード

          Microsoft Remote Desktopをダウンロードします。

          microsofut remote desktopを入手

          Microsoft Remote Desktopからサーバーに接続する

          ダウンロードしたMicrosoft Remote Desktopを開いて[Add PC]をクリックしてIPアドレスを入力しよう。

          Add PCからIPアドレスを入力IPアドレスを入力

          User accountではAdd User Accountを選択してAdministratorとパスワードを入力です。

          アカウントを入力Administratorのパスワードを入力

          最後にAddボタンを押して追加です。

          Addを押してサーバー追加

          追加されたら、追加されたものをダブルクリックしてみましょう。

          追加されたサーバー

          Continueをクリック。

          ContinueをクリックしてWindowsサーバーに接続

          すると無事Windowsの画面を見ることができました。

          Windowsサーバー接続成功

          ConoHa VPSでWindowsサーバーにリモートデスクトップ接続まとめ

          まとめ
          1. ConoHa VPSでWindows Serverを作成する(Remote Desktopを選択)
          2. Windowsではリモートデスクトップ接続、MacではMicrosoft Remote Desktopアプリを使って作成したサーバーに接続
          3. 接続時にはIPアドレス、アカウント情報を入力

          ConoHa VPSでWindows Serverを立ち上げて接続っていうことをやったけど、サーバー立てるの簡単にできましたね。選んでいくだけで作ることができるから楽です。

          Windowsリモートデスクトップで使いたい!っていう場合にはConoHa VPS使ってみてもいいでしょう。