【ConoHa WING】複数ドメインでブログ・サイトを作成する方法

ConoHa WINGで複数ドメインを管理して複数のブログサイトを開設する方法を書いていきたいと思う。ConoHa WINGを検討している方や、既にConoHa WINGを使っていて別サイトを立ち上げたい人は参考にしてみてください。

使用するConoHa WINGのプラン

今回使用するConoHa WINGのプランはWINGプランのベーシックプラン。

一番安いWINGパックのプランだけどこれで十分です。後でスペックが気になったらプラン変更すればいいですしね。

ConoHa WINGで独自ドメインを取得する

ConoHa WINGのWINGプランでは無料で独自ドメインを2つ取得可能です。

「WINGパック」は、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期利用割引プランです。レンタルサーバー通常料金より最大50%オフ、国内最安値水準の月額660円から、お好きな独自ドメインを2つまで永久無料でご利用いただけます。

WINGパックとは

WINGパックを使っていてまだ1つしか独自ドメインを取得していない人は確認してみるといいです。管理画面のドメインから[ドメイン新規取得]を選択後[追加する]を選択しよう。

無料のドメインをまだ取得していない場合は0円。それ以外の場合は金額が表示されるはず。

決定ボタンを押してドメインを申し込みましょう。

お名前.comで取得したドメインを使いたい

ConoHa WINGで取得したドメインではなく、お名前.comで取得したドメインをConoHa WINGで使いたい場合は以下の記事でやっているから参考にしてみてください。

取得したドメインでサイトを公開する

ドメインを取得したら取得したドメインに切り替えてやれば、そこから色々みることができる。

ここに取得したドメインが並ぶから、何かそのドメインで確認したいことがあれば切り替えて確認するっていう感じだね。それぞれのドメインでワードプレスサイトを公開したり、自分で作成したサイトを公開することができます。

公開例
  • 〇〇.tokyo・・・ワードプレスサイトを公開
  • 〇〇.com・・・HTML・CSS・JavaScriptで作成したサイトを公開
  • 〇〇.net・・・ワードプレスサイトを公開

WordPressサイトを構築する

WordPressサイトを作りたい場合は[+WordPress]からワードプレスをインストールしよう。サイト名やメールアドレスを入力すれば

[保存]をクリックするとワードプレスがインストールされ、サイト設定からも確認することができますね。

表示されるサイトURLにアクセスするとワードプレスの画面が表示される。

静的サイトを公開する

HTML・CSS・JavaScript/React/Vueのようなもので作成したサイトを公開したい場合には、以下の記事を参考にして進めてみるといいと思います。公開したいドメインのフォルダにファイルたちを突っ込めば動くはずです。

動的サイトを公開する

LaravelやFlaskなどで作成したサイトを公開したい場合には以下の記事なんかを参考にしてみるといいと思います。

ConoHa WINGで複数サイトの運営が可能

今回はConoHa WINGで複数ドメインでサイトを複数開設する方法を書いたけど、操作も簡単だからそこまで迷うことなくできると思います。ドメインの取得も管理画面からできるからとても簡単ですね。