ロリポップとConoHa WINGを比較!どちらが自分に合うか確認しよう

ロリポップ!とConoHa WINGどっちを使ったらいいんだろう?

そんな疑問を解消するために今回はロリポップ!とCoonHa WINGの比較を書いていきたいと思います。

記事の内容
  • ロリポップ!とConoHa WINGを比較
  • ロリポップ!がおすすめな人
  • ConoHa WINGがおすすめな人

 どちらも使ってみたよ

ロリポップ!とConoHa WINGどちらも使ってみたから、ロリポップ!とConoHa WINGどちらを使えばいいのか迷っている人は参考にしてみてください。

どっちも良いけどロリポップ!は安い価格が魅力、ConoHa WINGはわかりやすい管理画面が魅力です。

ロリポップ!とConoHa WINGを見ていこう

ロリポップ!とConoHa WINGの料金面を比較

 ロリポップ!の料金プラン

 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
1ヶ月132円/月440円/月880円/月1,320円 /月2,530円/月
3ヶ月132円/月418円/月770円/月1,210円/月2,530円/月
6ヶ月132円/月385円/月715円/月990円/月2,200円/月
12ヶ月132円/月330円/月660円/月825円/月2,200円/月
24ヶ月132円/月275円/月550円/月770円/月2,200円/月
36ヶ月99 円/月220 円/月440 円/月550 円/月2,200円/月
初期費用1,650円1,650円1,650円0円0円
ロリポップ!のおすすめプランはスタンダード・ハイスピードだよ

 ConoHa WINGの料金プラン

 ベーシックスタンダードプレミアムリザーブド
3ヶ月1210円/月2,530 円/月5,060 円/月1540円/月
6ヶ月1,100 円/月2,365 円/月4,730 円/月1430円/月
12ヶ月901 円/月2,145 円/月4,290 円/月1320円/月
24ヶ月851 円/月2,035 円/月4,070 円/月1265円/月
36ヶ月687 円/月1,925 円/月3,850 円/月1210円/月
ConoHa WINGのおすすめはベーシックプランだよ

ConoHa WINGには初期費用がない

ロリポップ!にはハイスピードプラン以外には初期費用がかかって大体1650円です。だけどConoHa WINGは初期費用がかかりません

初期費用の違い
  • ロリポップ!・・・ハイスピード・エンタープライズ以外は1650円
  • ConoHa WING・・・0円

料金で選ぶならロリポップ!

ロリポップ!には5つのプランがあって、料金が安いのが特徴です。ライトプランとスタンダードプランで迷う場合が多いかもしれないけど、どちらもConoHa WINGと比べると安いです。

 ライトスタンダード
初期費用1,650円1,650円
1ヶ月440円/月880円/月
3ヶ月418円/月770円/月
6ヶ月385円/月715円/月
12ヶ月330円/月660円/月
24ヶ月275円/月550円/月
36ヶ月220 円/月440 円/月
料金で選ぶならロリポップ!っていうところだね。

ロリポップ!とConoHa WINGの機能面を比較

 conoHaWINGロリポップ!
CPU非公開非公開
SSDベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
エコノミー:20GB
ライト:100GB
スタンダード:150GB
ハイスピード:250GB
エンタープライズ:1TB
無料独自SSL無料無料
データベースMySQLMySQL5.7
データベース数無制限エコノミー:0個
ライト:1個
スタンダード:50個
ハイスピード:無制限
エンタープライズ:無制限
マルチドメイン無制限エコノミー:50個
ライト:100個
スタンダード:200個
ハイスピード:無制限
エンタープライズ:無制限
CRON
ワードプレス簡単インストール機能
自動バックアップ無料自動バックアップ…ハイスピード、エンタープライズ
7世代バックアップ…全プラン
.htaccess編集
ドメイン毎のPHPバージョン切り替え不可可能
FTP
SSHスタンダードプラン以上で利用可能
サポート電話・メール・チャットメール・チャット・電話

見ても分からないんだよなあ・・・
そうなんだよね、違うところで気になるところを見ていくよ

使えるデータベース数の違い

使うことのできるデータベースの数はConoHa WINGは無制限だけど、ロリポップはプランによって使うことのできる数が違います。

ロリポップの!使えるデータベース数
  • エコノミープラン:0個
  • ライトプラン:1個
  • スタンダードプラン:50個
  • ハイスピードプラン:無制限
  • エンタープライズプラン:無制限

エコノミープランは0個、ライトプランは1個とかなり少ないです。1つのサイトしか作らないっていうならライトプランでもいいけど、2つ以上のサイト運営を考えるならスタンダードプラン以上がおすすめです。

1つのデータベースで複数のサイトは作れないの?
できなくはないけどおすすめはしないよ

ライトプランで2つのワードプレスサイトを作ってみると、1つのデータベースに2つのワードプレスサイトのデータが入れることができる。

ただこれはデータベースの管理が大変になるし何よりも分かりづらいのでおすすめしません。2つ以上のワードプレスサイトを作る場合は複数のデータベースが使えるスタンダードプラン以上にしておくのが良いです。

自動バックアップ

ConoHa WINGには自動バックアップ機能があるけど、ロリポップはこれまたプランによって違います

ロリポップのバックアップ
  • ハイスピードプラン・エンタープライズプランで使える自動バックアップ・・・無料の自動バックアップ作成機能利用可能だが、データの復元が必要になった際に復旧手数料11,000円がかかる
  • 全プラン共通の7世代バックアップ・・・月額330円で自動バックアップが行える機能。過去7回分のバックアップデータをいつでもダウンロードできる。エンタープライズプランは無料。

ちょっと分かりづらいけど、ロリポップを使う場合バックアップには料金がかかります。バックアップ機能が欲しいなら大半は月額330円の7世代バックアップを使うことになるでしょう。

バックアップのことを考えるならConoHa WINGがおすすめ

SSH接続

ConoHa WINGではSSH接続が可能だけど、ロリポップの場合はスタンダードプラン以上じゃないとできません。SSH接続は自分のパソコンからロリポップやエックスサーバーのサーバーにアクセスできるもので、ターミナルを使ってやったりします。

普通にワードプレスサイトを作るぐらいだったら使うこともないだろうけど、自作したサイトを公開したかったりする時にはSSH接続できないのはしんどいです。

自作したサイトを公開したいときなんかにはSSH接続できるといいよ

WordPressかんたんセットアップがConoHa WINGにはある

WordPressかんたんセットアップっていう機能がConoHa WINGにはあります。これは契約するとすぐにワードプレスサイトを構築することができるもので以下のことをやってくれます。

WordPressかんたんセットアップでやってくれること
  • ワードプレスインストール
  • 独自ドメイン設定
  • SSL設定

ワードプレスサイトをすぐに作ってくれるからWordPressかんたんセットアップは、ワードプレスブログやサイトを作るつもりなら楽です。

ロリポップ!でもワードプレスをインストールする機能はあるけど、契約時に諸々設定してくれるConoHa WINGのWordPressかんたんセットアップは良い

ワードプレスブログを最初から使うならConoHa WINGのWordPressのかんたんセットアップは楽だね

ConoHa WINGのWINGパックなら同時ドメインが2つ無料

ConoHa WINGにはWINGパックっていうプランがあってそのプランを使うと独自ドメインが2つまで無料で使えます。

「WINGパック」は、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期利用割引プランです。レンタルサーバー通常料金より最大50%オフ、国内最安値水準の月額660円から、お好きな独自ドメインを2つまで永久無料でご利用いただけます。

WINGパック

2つ無料で使うことができるのは大きいです。ConoHa WINGを使うならWINGパックがおすすめです。

ConoHa WINGだと管理画面でPHPのバージョン切り替えがサイトごとに行えない

ロリポップ!だと複数サイトでそれぞれPHPのバージョンを管理画面から切り替えることができるけど、ConoHa WINGだと切り替えることができません。なので2つワードプレスサイトを作ってこういうパターンはできない。

違うPHPバージョンのサイト運営はできない
  • aaa.com・・・PHPバージョン8.0のワードプレスサイト
  • bbb.com・・・PHPバージョン7.4のワードプレスサイト

同じPHPバージョンで問題がなければいいんだけど、このプラグインはまだこのPHPバージョンに対応していないとかなると結構面倒なことになります。複数サイトを運営する場合でConoHa WINGを使う人は検討したほうが良いでしょう。

ロリポップ!とConoHa WINGを使い勝手で比較

ロリポップ!とConoHa WINGの管理画面

 ロリポップ!の管理画面

 ConoHa WINGの管理画面

ConoHa WING管理画面

正直管理画面は使い始めれば慣れていくし個人的なものもあると思うんだけど、ConoHa WINGの管理画面は初心者に優しく操作しやすいと思います。デザインも優しいし、初心者におすすめなのはConoHa WINGの管理画面

下位プランへの変更はロリポップ!だとできない

ConoHa WINGでは下位プランへの変更ができるけど、ロリポップ!だと下位プランへの変更ができません。例えばスタンダードプランを契約したらライトプランへの変更はできない。

下位プランへの変更はできないから、プランでどっちか迷ったら安い方のプランにしておくのが無難です。高いプランにしてしまうと後で安いプランへの変更ができないですからね。

.htaccess編集はConoHa WINGの方が楽

.htaccessっていうWebサーバーの設定をすることのできるファイルがあるんですが、これがロリポップだと管理画面から編集を行うことができません。

ワードプレスサイトで何か設定をするときに稀にいじることになるだろうファイルだけど、管理画面から編集できるConoHa WINGの方が楽です。

それとConoHa WINGは設定をオンにするだけでSSL化が完了するからとても簡単です。

conohawing ssl

ロリポップ!がおすすめな人

ロリポップがおすすめな人
  • 安さを優先して使いたい人

ロリポップ!はとにかく安さを優先したい人におすすめです。今回はConoHa WINGと比較したけどエックスサーバーやmixhostと比較してもこれほど安いプランを提供しているところはロリポップだけです。

ちなみにおすすめはスタンダードプランです。

ロリポップ!料金
スタンダードプラン 詳細はこちら

スタンダードプランならデータベースも50個使えるしSSH接続もできます。ハイスピードも良いですね。ただ下位プランへの変更ができないから迷ったら安い方を最初は使うのがおすすめです。

ConoHa WINGがおすすめな人

ConoHa WINGがおすすめな人
  • 簡単にワードプレスを始めたい人
  • 優しい管理画面が良い人

ConoHa WINGにはWordPressかんたんセットアップっていうワードプレスを簡単に使い始めることのできる機能があります。また管理画面が使いやすいのも良いですね。初心者におすすめのレンタルサーバーです。