エックスサーバーとConoHa WINGを比較!結局どちらを使えばいいの?

エックスサーバーとConoHa WINGどっちを使えばいいのか分からない
レンタルサーバーってどれを使えばいいのか迷いますよね。その中でもこの記事ではエックスサーバーとConoHa WINGを比較していきます。
この記事で分かること
  • エックスサーバーとConoHa WINGの比較
  • エックスサーバーがおすすめな人
  • ConoHa WINGがおすすめな人

何かサイトやブログを作りたいと思ったらレンタルサーバーをどこにしようかと考えると思います。いくつか候補はあるけど、エックスサーバーかConoHa WINGのどちらがいいのかな?って思うことが多いんじゃないだろうか。

 エックスサーバーとConoHa WINGを使ってみたよ

これを今書いている時点でこのブログは月間10万PVぐらいなんだけど、エックスサーバーで運営しています。ただConoHa WINGも使ってきたのでそれらの経験を踏まえて書いていきたい。正直どちらも良いレンタルサーバーです。

エックスサーバーとConoHa WINGの違いを見ていこう

エックスサーバーとConoHaWINGの料金を比較

エックスサーバーConoHa WINGの料金系を比較してみるとこんな感じです。

 エックスサーバーconoHa WING
初期費用0円0円
最低利用期間3ヶ月通常:なし
WINGプラン:3ヶ月
無料お試し期間10日間なし
プラン(3ヶ月で比較)スタンダード:1320円/月
プレミアム:2640円/月
ビジネス 5280円/月
通常:2.2円/時
WINGパック
ベーシック:1210円/月
スタンダード:2530円/月
プレミアム:5060円/月

どっちも初期費用が無料だね
無料なのは手を出しやすくてありがたいよね。

プランに関してがちょっと分かりにくいけど、conohaには通常プランとWINGパックの2つがあります。WINGパックは最低利用期間が3ヶ月~で通常の場合は時間単位の料金価格になる。

ConoHaWING

ConoHaWINGは時間単位の料金プランがあるのが、エックスサーバーと大きく違いますよね。時間単位だから、ちょっと試してみたいっていう時にも使える。ただConoHaWINGには無料期間がないからそこは注意しておこう。

エックスサーバーは10日間の無料期間があるけど、ConoHaWINGには無料期間がないです。

時間単位のプランで料金を支払いたいならConohaWING、3ヶ月・6ヶ月等のプランを考えてもConoHaWINGの方がちょっとだけ安い。

 エックスサーバーconoHaWING
プラン(3ヶ月で比較)スタンダード:1320円/月
プレミアム:2640円/月
ビジネス 5280円/月
ベーシック:1210円/月
スタンダード:2530円/月
プレミアム:5060円/月

料金だけで考えるならConoHa WINGがおすすめです。

エックスサーバーとConoHa WINGの機能を比較

それぞれの機能を見てみるとこんな感じです。ただ機能はありすぎるので注目したい部分に関する機能に関して比べてみました。

 エックスサーバーconoHaWING
SSDスタンダード:300GB
プレミアム:400GB
ビジネス:500GB
ベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
無料独自SSL無料無料
データベースMySQL/MariaDB
SQLite
MySQL
データベース数無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限
CRON
ワードプレス簡単インストール機能
自動バックアップ
.htaccess編集
ドメイン毎のPHP切り替え管理画面から切り替え可能管理画面から切り替え不可
FTP
SSH
サポート電話・メール・チャット
電話・メール・チャット

見ても分からないよ
そうだよね、気になるところを挙げて見ていこう

 

ドメイン毎のPHP切り替えがConoHa WINGではできない

エックスサーバーではドメイン毎でPHPのバージョン切り替えができます。ドメイン毎のPHPバージョン切り替えって何?っていうところだけど、これは複数サイトを作った時に気になってくる。

ドメインごとのバージョン切り替えができる
  • aaa.com・・・PHPバージョン8.0
  • bbb.com・・・PHPバージョン7.4
    ドメインごとのバージョン切り替えができない
    • aaa.com・・・PHPバージョン8.0
    • bbb.com・・・PHPバージョン8.0

      ドメイン毎のPHPバージョン切り替えができると別のサイトで違うバージョンのPHPを使うことができます。

      例えば2つ目のサイトではPHP7.4でしか動かないプラグインを使いたい!となっても1つ目のサイトでPHP8.0を使っていたら1つ目のサイトのPHPバージョンもろともPHP7.4にするしかありません。

      ドメイン毎のPHPバージョン切り替えができないと全てのサイトで同じPHPバージョンを使わざるを得なくなります。こういうことを気にする場合はエックスサーバーを使うのがおすすめです。

      エックスサーバーとConoHa WINGの使い勝手を比較

      どちらもワードプレスのインストールは簡単

      ConoHa WINGもエックスサーバーもワードプレスのインストールは簡単です。どちらも申し込みと同時にワードプレスブログを開設することのできる機能が付いているから、これから使い始める人は使ってみるといいです。

      また、申し込みと同時にワードプレスをインストールする機能を使わなくてもワードプレスをインストールする機能はついているので簡単です。

      管理画面の違い

       エックスサーバーの管理画面

      エックスサーバーの管理画面

       ConoHa WINGの管理画面

      conohawing管理画面

      両者の管理画面はこんな感じなんだけど、初心者にはConoHa WINGの方が使いやすいと思います。一画面で操作できるしデザインも綺麗です。管理画面の分かりやすさを求める方はConoHa WINGがいいでしょう。

      エックスサーバーとConoHa WINGの良いところを比較

      両方使ってみた自分が思うエックスサーバーとConoHa WINGの良い点を見てみるとこんな感じです。

      両者それぞれ良い点があるから自分がどういったものを使いたいかによって重視する点が変わってきます。それぞれの点を詳しく見ていきましょう。

      エックスサーバーの良いところ

      無料期間が10日間ある

      エックスサーバーでは無料期間が10日間あるのが良いですね。エックスサーバーどんなもんなのかなあ?って思ったらサクッと使ってみることができる。

      ただWordPressのクイックスタートっていう、契約した後にワードプレスをすぐに使える機能を使う場合には10日間の無料期間はつかない。

      ちなみにWordPressクイックスタートはワードプレスを使うならかなり簡単に使うことができるのがおすすめです。

      シェア率が高い

      エックスサーバーは使っている人が多いっていうのが安心材料ですよね。それだけ情報量も多いはずだし調べれば解決できる確率も高いでしょう。

      マーケットシェア

      使っている人が多いレンタルサーバーを使いたい!っていう人はエックスサーバーがいいね。

      管理画面からPHPのバージョンをドメイン毎に切り替え可能

      ドメイン毎にPHPのバージョンを管理画面から切り替えることができるのは楽で良いです。

      例えばワードプレスのサイトを2つ運用しているなら、それぞれのサイトのPHPバージョンを管理画面から変更することができる。
      エックスサーバーの使い方は以下の記事でまとめているので、使い方が分からない場合は参考にしてみてください。

      ConoHaWINGの良いところ

      管理画面が見やすい

      レンタルサーバーを契約すると管理画面をよく見ることになると思うけど、個人的にはConoHaWINGの方が見やすいです。一例だけど上の画像がConoHaで下がエックスサーバー

      ConoHa WINGの管理画面

      エックスサーバーの管理画面

      エックスサーバーの管理画面

      ConoHaの方が見る分には優しい感じしますよね。エックスサーバーはごちゃごちゃしている感じがします。最初見た時にどこをどういじったらいいのか分からないんじゃないかな?と思ってしまう。

      初心者にはConoHaの方が見やすいんじゃないだろうか

      料金が安い

      料金がエックスサーバーよりもConoHaの方が安いっていうのが惹かれるポイント。

       エックスサーバーconoHaWING
      プラン(3ヶ月で比較)スタンダード:1320円/月
      プレミアム:2640円/月
      ビジネス 5280円/月
      ベーシック:1210円/月
      スタンダード:2530円/月
      プレミアム:5060円/月

      3ヶ月プランだけを見てもConoHaの方が安いけど、全体的にもConoHaの方が安いから料金が安い方がいいならConoHaにしておくのがおすすめです。

      WINGパックなら永久独自ドメインが2つ無料

      ConoHaのWINGパックなら独自ドメインを2つまで永久無料で使うことができるから素晴らしいです。

      「WINGパック」は、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期利用割引プランです。レンタルサーバー通常料金より最大50%オフ、国内最安値水準の月額660円から、お好きな独自ドメインを2つまで永久無料でご利用いただけます。

      WINGパック

      エックスサーバーでも1つ無料で使うことができるけどConoHa WINGなら2つ使える。ドメインは普通どこかで買って年間幾らか払わないといけないから、ここもConoHaWINGの良いところですね。

      時間当たりの従量制プランがある

      ConoHaWINGの通常プランを選べば時間当たりの料金プランになるから、サクッと試したい時に使える。最大料金も決まっているから安心して使えるのが良いところ。

      WINGパックだと3ヶ月のプランからだけど、通常プランだと最低利用期間もないから気軽に使える。通常プランだと使った分だけの料金しかかからないから、月の途中から利用を始めてもムダなコストは発生しない

      このワードプレスブログはエックスサーバーで運用中

      ちなみにこのサイトはワードプレスで作っているんだけどエックスサーバーで運用しています。エックスサーバーの一番安いプランを使っているけど、特に不満を感じたことはないです。便利だと思うのは以下のようなことだけど、これらは別にConoHaでも同様ですね。

      • マルチドメインが可能
      • .htaccessの編集が可能
      • cronが使える
      • ドメイン毎にPHPバージョン切り替えが可能
      • SSH接続が可能
      • ワードプレス簡単インストールが可能
      • SSL設定が可能

      【比較まとめ】ConoHaとエックスサーバーどちらを選べばいいの?

      エックスサーバーがおすすめな人
      • 10日間の無料期間が欲しい人
      • 使っている人が多いサーバーが良い人
      • ドメイン毎にPHPバージョン切り替えがしたい人
      ConoHa WINGがおすすめな人
      • 見やすい管理画面が良い人
      • 安く利用したい人

       個人的には・・・

      自分がエックスサーバーでこのブログを運営しているっていうのもあって個人的にはエックスサーバーを推してしまうけど、ConoHa WINGは料金も安く管理画面も見やすいのでこれからサイト運営等を始める初心者の方におすすめです。

      ワードプレスを運営するなら簡単セットアップを使おう

      レンタルサーバーを契約したい理由としてワードプレスサイト・ブログを運営したい!って考えている人も多いと思います。その際にはワードプレスを簡単に構築してくれる簡単インストールの機能を使うのがおすすめです。

      エックスサーバー・ConoHaWINGのどちらの場合でも簡単にワードプレスサイトを作ることができるから参考にしてみてください。

      テーマ

      ワードプレスをインストールしたらテーマを設定したくなるはずなので、テーマに関する記事も貼っておきます。ちなみにこのサイトは有料テーマのDiverっていうやつを使っているよ。