無料でWordPressを使えるレンタル サーバー 3選を紹介します。

ワードプレスを使える無料のレンタルサーバーってないの?

そんな疑問を解消するためにこの記事では無料で使うことのできるレンタルサーバーを紹介します。

記事の内容
  • 無料でワードプレスを使えるレンタルサーバー3選
  • おすすめの無料レンタルサーバー

 いろんなレンタルサーバーを使ってきたよ

今まで有料のいろんなレンタルサーバーを使ってきました。

使ってきたレンタルサーバー
  • エックスサーバー
  • ConoHa WING
  • ロリポップ!
  • mixhost
  • カラフルボックス
  • さくらのレンタルサーバ
  • バリューサーバー
  • コアサーバー

    有料のものと比べて無料だとどんなことが違うのか経験も踏まえて書いていきたいと思います。

    無料で使えるレンタルサーバーを見ていこう

    無料で使えるレンタルサーバーのデメリット

    ワードプレスを無料でインストールしてブログ開設することのできるレンタルサーバーはあります。ただ無料の分デメリットもあるので、それらを最初に踏まえておきましょう。

    無料レンタルサーバーのデメリット
    • 広告が付く
    • 容量が少ない
    • 無料独自SSL設定ができないものがある

    やっぱり無料だとそれなりに気になることはありそうだね
    そうそう、なんたって無料だからね。いくつか気になる点はあるよ

    それぞれ順番に見ていきましょう。

    広告が付く

    無料のレンタルサーバーだと広告が付きます。こういうやつだね。

    無料だからしょうがないけど、自分のブログやサイトを運営するなら結構気になってしまいますよね。こういうのを勝手に表示してほしくない場合には、無料のレンタルサーバーはやめておくことをおすすめします。

    容量が少ない

    無料のレンタルサーバーは有料のレンタルサーバーに比べてかなり容量が少ないです。ConoHa WINGやエックスサーバーなどの有料のレンタルサーバーだと安いプランでも300GB使えるっていうところが多いけど、無料のレンタルサーバーは1GBや2GBです。

    ワードプレスを使える無料レンタルサーバーの容量
    • スターサーバーフリー「PHP+MySQL」・・・2GB
    • XREA Free・・・1GB
    • Xfree「WordPress機能」・・・2GB

      容量少ないね・・・
      うん有料のレンタルサーバーと比べるとかなり少ないよね

       ちゃんとブログ運営するなら10GBは欲しい

      これは人によって変わるだろうけど、ちゃんとブログ運営するなら10GBぐらいは欲しいです。何百GBもはほどんどの人は使わないんじゃないかな。無料のレンタルサーバーだと1とか2GBだから結構心許ないです。

      無料独自SSL設定ができないものがある

      無料独自SSL設定ができない場合があります。httpではなくてhttpsにしてくれるやつですね。

       httpだと「保護されていない通信」と出るよ

      SSL設定ができずにhttpのままだと通信が保護されません。こんな表示になったりします。

      ちゃんと運営するならSSL設定は必ずしたいものなので、無料だとできないものがあることは念頭に入れておきましょう。

      SSL設定
      • XFree・・・×
      • Xrea・・・〇
      • スターサーバーフリー・・・×

      httpsでアクセスできるようにしたいならXreaをおすすめします。

      無料でワードプレスを使えるレンタルサーバー3選

      Xfree WordPress機能

      • 容量・・・2GB
      • 無料独自SSL・・・×(管理画面へのアクセスはSSL化できる)
      • ワードプレスインストール・・・〇
      • 広告表示・・・あり

        Xfreeは容量が2GB使えて無料独自SSLも使えるからなかなか良いです。ただWordPressのダッシュボードへのアクセスはSSL接続に切り替えることができるんだけど、サイト全体のSSL化はできません。

        Xfreeでワードプレスをインストールするっていうことは以下の記事でやっているのでよかったら参考にしてみてください。

        スターサーバーフリー

        • 容量・・・2GB
        • 無料独自SSL・・・×
        • ワードプレスインストール・・・〇
        • 広告表示・・・スマートフォンのみ

        スターサーバーフリーは広告表示がスマートフォンのみなのが良いですよね。容量は2GBだからさっき紹介したXfreeと同じです。広告表示をできるだけ抑えたい・・・っていう人にはいいですね。

        XREA

        • 容量・・・1GB
        • 無料独自SSL・・・〇
        • ワードプレスインストール・・・〇
        • 広告表示・・・あり

        XREAは無料独自SSLを使うことができて管理画面から簡単に設定することができます。容量は1GBしか使えないけど、SSL化できるのは強い。httpsでサイトをアクセスできるようにしたい方はXREAを使うのをおすすめします。

        無料でワードプレスブログを作るならXREAがおすすめ

        容量は1GBしかないけど、XREAは無料独自SSLの機能があります。管理画面からポチるだけで設定できるのが楽でいいですよね。

        また、XREAの管理画面は結構かっこいい画面なので気に入る方も多いと思います。

        XREAの機能
        • 容量・・・1GB
        • 無料独自SSL・・・〇
        • ワードプレスインストール・・・〇
        • 広告表示・・・あり

        広告は表示されてしまうけど、無料でワードプレスを使いたかったら使ってみるといいと思います。

        運営するなら有料のレンタルサーバーがおすすめ

        ワードプレスを無料で使うことのできるレンタルサーバーを3つほど見てみたけど、やっぱり普通にブログやサイトを運営するなら有料のレンタルサーバーがおすすめです。無料レンタルサーバーで気になる部分は解消できるはず。

        有料のレンタルサーバーなら
        • 豊富な容量
        • 広告非表示
        • SSL設定可

        レンタルサーバーに関する記事はこのサイトでそれなりに書いてきたんだけど、以下の記事でまとめているから気になる方は参考にどうぞ。

        まとめ

        今回紹介したワードプレスを無料で作ることのできるレンタルサーバーは以下。

        • Xfree
        • スターサーバーフリー
        • XREA

        それぞれ気になる部分はあると思うけど、個人的にはXREAが良いと思います。ちょっと容量が少ないけどね。それとやっぱり無料のレンタルサーバーだと色々扱いづらいので有料のレンタルサーバーをおすすめします。

        ちなみにこのブログはエックスサーバーーで運営しています。