カラフルボックスとConoHa WINGを比較!自分に合う方を選択しよう。

カラフルボックスとConoHa WINGの違いってどんなもんなの?

そんな疑問を解消するためにこの記事ではカラフルボックスとConoHa WINGの比較や違いについて書いていきたいと思います。

記事の内容
  • カラフルボックスとConoHa WINGの比較
  • カラフルボックスがおすすめな人
  • ConoHa WINGがおすすめな人

どちらも良いサーバーだけどやっぱり違いはあるものです。どの程度の料金まで許容できるか、どんな機能が欲しいかも人それぞれでしょう。単に比べるのではなく、こういうのが欲しいなっていうのがあればそれを念頭に比べてみるといいです。

 カラフルボックスとConoHa WINGを使ってみたよ

実際カラフルボックスとCoonHa WING両方を使ってみたので、それらの経験も踏まえて書いていきたいと思います。どちらを選べばいいか悩んでいる人は参考にしてみてください。

カラフルボックスとConoHa WINGの違いを見ていこう

カラフルボックスとConoHa WINGを料金で比較

 カラフルボックスの料金プラン

 BOX1BOX2BOX3BOX4BOX5BOX6BOX7BOX8
1ヶ月契約792円 /月1,452円 /月2,442円 /月3,278円 /月4,928円 /月8,228円 /月11,528円 /月23,078円 /月
3ヶ月契約748円 /月1,364円 /月2,288円 /月3,058円 /月4,598円 /月7,678円 /月10,758円 /月21,538円 /月
6ヶ月契約704円 /月1,276円 /月2,134円 /月2,838円 /月4,268円 /月7,128円 /月9,988円 /月19,998円 /月
12ヶ月契約638円 /月874円 /月1,468円 /月1,963円 /月2,953円 /月4,933円 /月6,913円 /月13,843円 /月
24ヶ月契約594円 /月808円 /月1,353円 /月1,798円 /月2,706円 /月4,521円 /月6,336円 /月12,688円 /月
36ヶ月契約528円 /月726円 /月1,221円 /月1,633円 /月2,458円 /月4,108円 /月5,758円 /月11,533円 /月

カラフルボックスプラン多いね
そうだよね、人気なのはBOX2だよ

個人人気なのはBOX2だから、どれを見ればいいか分からなかったらBOX2の料金がどれぐらいか何となく知っておくといいです。12ヶ月契約で月額1000円しないぐらいですね。

 ConoHa WINGの料金プラン

1時間単位の料金体系の通常プランもあるけど、WINGパックがおすすめなのでWINGパックの料金を載せておきます。

 ベーシックスタンダードプレミアムリザーブド
3ヶ月1210円/月2,530 円/月5,060 円/月1540円/月
6ヶ月1,100 円/月2,365 円/月4,730 円/月1430円/月
12ヶ月901 円/月2,145 円/月4,290 円/月1320円/月
24ヶ月851 円/月2,035 円/月4,070 円/月1265円/月
36ヶ月687 円/月1,925 円/月3,850 円/月1210円/月

プランが4つね
おすすめは一番安いベーシックプランだよ

ConoHa WINGのベーシックプランとカラフルボックスのBOX2を比べてみると、ちょっとだけカラフルボックスが高いぐらいであまり金額的には変わらないですよね。

プランによるけど明らかな違いがあるのはカラフルボックスの上位プランぐらいだから、金額で選ぶというより機能面・使い方面で選ぶのが良さそうです。

カラフルボックスとConoHa WINGを機能面で比較

 conoHaWINGカラフルボックス
CPU非公開Intel Xeon 52コア80スレッド(最大)
SSDベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
BOX1 : 150GB
BOX2 : 300GB
BOX3 : 400GB
・・・
BOX8 : 1000GB
無料独自SSL無料無料
データベースMySQLMySQL
データベース数無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限
CRON
ワードプレス簡単インストール機能
自動バックアップ
.htaccess編集
ドメイン毎のPHPバージョン切り替え不可
WebサーバーApache + nginxLiteSpeed
HTTP/3×
FTP
SSH
サポート電話・メール・チャット電話・メール・チャット

見ても分かんねえ・・・
そうだよね~、違う部分で気になるところを書いていくね

ドメイン毎のPHPバージョン切り替えができるのはカラフルボックス

ドメイン毎のPHPバージョン切り替えっていうのはドメイン毎にPHPのバージョンを切り替えられるかどうか?ってことです。別に1つのサイトしか運営しないのなら気にしなくてもいいけど、複数のサイトを運営するときにPHPバージョン切り替えをドメイン毎にしたいっていう時が出てくるかもしれない。

サイトの例を見ていこう

例えば以下の2つのサイトを運用しているとします。

サイト例
  • ○○.com・・・ワードプレスサイト(PHPバージョン7.4)
  • ○○.net・・・ワードプレスサイト(PHPバージョン7.4)

○○.netにPHPバージョン8.0でしか動かないプラグインを使いたかったらPHPバージョンを8.0に上げる必要があります。ただ○○.comの方はPHPバージョン7.4のままが良い。こういう状況に陥った時にドメインごとでPHPバージョン切り替えができないConoHa WINGでは困ってしまいます。

カラフルボックスならドメインごとにPHPバージョンを切り替えられるので、以下のような運用ができる。

サイト例
  • ○○.com・・・ワードプレスサイト(PHPバージョン7.4)
  • ○○.net・・・ワードプレスサイト(PHPバージョン8.0)

PHPバージョン7.4のサイトとPHPバージョン8.0のサイトを運営することができる。

複数サイトを運営する必要がないなら考えなくてもいいけど、後々複数サイトを運営する必要があるならカラフルボックスの方が安心ですね。

カラフルボックスのWebサーバーはLiteSpeed

レンタルサーバーで使われているWebサーバーなんだけど、ConoHa WINGはNginx+Apache、カラフルボックスはLiteSpeedです。

LiteSpeed WordPress is up to 12X Faster!

LiteSpeedの方がワードプレスを使う上では良さそうだけど、ただ別にNginxで十分じゃないのか?なんてことも思ってしまう部分もある。このブログはエックスサーバーで運営しているんだけど、Apache+Nginxだし色んなサービスの開発してきたけどNginx多いですしね。

ただ少しでもパフォーマンスを考えたいならLiteSpeedが採用されているカラフルボックスがいいでしょう。

カラフルボックスはHTTP/3対応

また技術的な話になってしまうけど、カラフルボックスはHTTP/3対応です。

力を発揮するためにはクライアント側のブラウザもHTTP/3に対応している必要があるから、そのサイトを見る人の環境によっても変わるけどHTTP/3対応しているのは良きです。

カラフルボックスはリージョン選択ができる

いくつかレンタルサーバーを使ってきたけど、カラフルボックスのように使うリージョンを選択することができるレンタルサーバーはなかなかないです。

東日本・西日本を選ぶことができるんだけど、選択しなかった方のリージョンはバックアップ先として使われます。

選択しなかったリージョンはバックアップ先として使われる

選択しなかったリージョンはバックアップ先として使われるから、安心感がありますよね。

選択したリージョンのデータセンターが災害で動かなくなっても、もうバックアップ先のデータセンターが生きていればバックアップできるから安心。

カラフルボックスとConoHa WINGを使いやすさで比較

管理画面はConoHa WINGの方が分かりやすい

 ConoHa WINGの管理画面

ConoHa WINGの管理画面は分かりやすいです。

一画面でいろんな操作をすることができて操作も初心者に優しい。デザインも柔らかい感じで良いですね。管理画面はレンタルサーバーによってそれぞれ違うけど、今まで使ってきた中でConoHa WINGは特に初心者におすすめしたい

 カラフルボックスの管理画面

カラフルボックスの管理画面はこんな感じです。

cPanelっていうものが採用されていてmixhostと同じような管理画面です。機能はいろいろあるけど、どこをいじっていいか分かりづらく初心者にはおすすめできません。

ワードプレスの引っ越しがConoHa WINGは楽

ワードプレスブログを他のレンタルサーバーから引っ越す機能がConoHa WINGにはあるので、引っ越したい場合にはConoHa WINGが楽です。

以下の記事でConoHa WINGにワードプレスサイトを引っ越すっていうことをやっているから、同じようなことをしたい人は見てみるといいかもしれない。

プログラムチックなことをするならカラフルボックスがおすすめ

カラフルボックスにはTerminalやLaravelなどのアプリケーションをインストールする機能が入っています。

単純にワードプレスやWebサイトを公開するぐらいだったらあまり使わないかもしれないけど、何かプログラムをいじりたいときには使える機能が色々ありますね。

ディレクトリ構造はConoHa WINGの方が分かりやすい

 カラフルボックスのドキュメントルート

カラフルボックスでは初期ドメインのドキュメントルートが/public_html、追加したドメインのフォルダはその配下に作ることができる。

ただこれ個人的に結構分かりづらいのと、初期ドメインのフォルダ配下に別のドメインフォルダがあるのが気持ち悪いです。こういうのが気になってしまう人はやめておいた方が無難です。

それとカラフルボックスでは追加したドメインのサブドメインが勝手に作られます。

これも個人的にあまり気に入っていないのでこういうことが気になってしまう人はいるはずです。

カラフルボックス・ConoHa WINGがおすすめな人

ConoHa WINGがおすすめな人
  • 優しい管理画面が良い人
  • 価格を安く抑えたい人
  • PHPのバージョン切り替えを複数サイトごとにできなくてもいい人
カラフルボックスがおすすめな人
  • スペックの高いレンタルサーバーがいい人
  • 管理画面やディレクトリ構造がちょっとわかりづらくてもいい人

 初心者ならConoHa WING、それ以外ならカラフルボックス

価格の違いはあるものの、ConoHa WINGのベーシックプラン、カラフルボックスのBOX2の料金を比べてもそこまで大きな違いはありません。それよりも機能や使いやすさの違いの方が大きい気がするので、それらを踏まえて選ぶのをお勧めします。

個人的には初心者ならConoHa WING、初心者以外ならカラフルボックスというところ。使ってみるとやっぱりConoHa WINGの管理画面は使いやすいです。逆にカラフルボックスはスペックや機能面を求める方におすすめします。