ConoHa WINGでPHPは使える?PHPのバージョン確認/変更/実行を試してみる
ConoHa WINGでPHPって使えるのかな?

そんな疑問を解消するために今回はConoHa WINGでPHPを使うことができるのか?を書いていきたい。

この記事で分かること
  • ConoHa WINGでPHPは使えるのか?
  • 使えるとしたらどういったことができるのか?

    この記事では上記のようなことをやっていきますよ。ConoHa WINGでPHPを使って何かしたい人は参考にしてみてください。

    ConoHa WINGのPHPについて見ていこう。

    ConoHa WINGでPHPは使える

    ConohaWingで使うことのできるPHPは以下。いくつかバージョンがインストールされています。

    各プログラムのパス以下となります。

    ・perl  /usr/bin/perl (5.16)
    ・php  /usr/bin/php (ユーザー選択)
    ・php7.4  /opt/alt/php74/usr/bin/php
    ・php7.3  /opt/alt/php73/usr/bin/php
    ・php7.2  /opt/alt/php72/usr/bin/php
    ・php7.1  /opt/alt/php71/usr/bin/php
    ・php7.0  /opt/alt/php70/usr/bin/php
    ・php5.6  /opt/alt/php56/usr/bin/php
    ・python2.7  /opt/alt/python27/bin/python2.7, pip2.7, pydoc2.7
    ・python3.6  /opt/alt/python36/bin/python3.6, pip3.6, pydoc3.6
    ・ruby2.5  /opt/alt/ruby25/bin/ruby, gem, rake, rdoc
    ・ruby2.0  /opt/alt/ruby20/bin/ruby, gem, rake, rdoc
    ・sendmail  /usr/lib/sendmail

    Web設定について

    サーバーの中入って確かめてみると/opt/alt配下にいくつかバージョンがあります。

    一番新しいphp81の中のphpを見てみると8.15(cli)と出ました。

    普通に使えそうだね。
    そうだね、どんどん新しくなると思うから気になったら見てみるといいね。

    使っているPHPバージョンの確認

    ConoHa WINGで動かしているサイトのPHPのバージョンは[サイト管理→応用設定→PHP設定]から確認・変更することができる。

    PHPバージョン変更

    ここで設定したバージョンがphpコマンドで使える。SSH接続して、php -vと打ってみると設定したPHPのバージョンが表示されます。

    PHPバージョン確認

    なるほど設定したPHPバージョンが全体に適用されるみたいだね。
    phpコマンドのバージョンが変わるからそうだね。

    ちょっと気になったからシンボリックリンク辿ってみるとphpがphp-cliにリンク貼られていて、そのphp-cliがphp81のphpを参照している。

    php -> /etc/cl.selector/php-cli
    php-cli -> /opt/alt/php81/usr/bin/php

    php-cliが参照するのは管理画面からPHPバージョンを変更すると変わります。(上記は画面でphp8.1を選択しているからです)php -vで最終的に呼ばれるphpは画面で設定したphpバージョンになりますね。

    PHPのバージョンは複数ドメインで同一

    ConoHa WINGでは複数のサイトで別々のPHPバージョンの設定っていうのはできなくて、どれかのサイトのPHPバージョンを変更すると全てのドメインのPHPバージョンが変更されますサイト単位じゃなくて、サーバー単位でPHPのバージョンが切り替わるので注意

    上の画面でPHPバージョンを変更すると、同一サーバーで運用しているサイトのPHPバージョンも変更されます。

    ポイント
    複数サイトを運営していて、例えば1つのサイトが特定のPHPバージョンでしか動かないモジュール等を使っていたりすると、そのサイトでエラーが起きたりするはずなので複数サイトを運営している場合は注意しましょう。

    php.iniも編集可能

    php.iniも管理画面から編集することができる。

    php.iniを直接見たかったら/opt/alt/pPHPバージョン/etc配下にあるから、確認してみてもいいかもしれない。

    php.iniの場所
    • /opt/alt/php56/etc/php.ini
    • /opt/alt/php70/etc/php.ini
    • /opt/alt/php71/etc/php.ini
    • /opt/alt/php72/etc/php.ini
    • /opt/alt/php73/etc/php.ini
    • /opt/alt/php74/etc/php.ini
    • /opt/alt/php80/etc/php.ini

    ConoHa WINGでPHPを実行して試してみる

    対話形式でPHPを試す

    SSH接続して試しにPHPのInteravtive shellを使ってみると普通に使えますね。

    PHPファイルを実行してみる

    次はPHPファイルを適当に置いて実行してみよう。Helloって出力するだけのPHPファイルを用意。

    SSH接続してファイルを実行してみるとちゃんと実行してくれました。

    Cronも使える

    [サーバー管理→ジョブスケジューラー]から定期定期に実行したいコマンドを設定することができる。

    cronの書き方がわからなくても、定期的に実行したいものがあったらタブを選択してどれぐらいの頻度で実行したいか入力すればOK。コマンドは実行したいコマンドを入力ですね。

    LaravelアプリケーションをConoHaWINGで動かす

    ConoHa WINGでLaravelアプリケーションを動かしたいっていう場合もあると思います。以下の記事でLaravelで作成したアプリケーションをConoHa WINGで動かすっていうのを書いたからできるかどうか気になったら見てみるといいかもしれない。ConoHa WINGのMysqlと接続しています。

    ただ普通にVPS使った方がいいんじゃないかなーっていうところがある。。