mixhostにワードプレスをインストールしてブログ開設する方法【クイックスタートは使わない】

mixhostでクイックスタートを使わずにワードプレスを開設したい

この記事ではmixhostでワードプレスをインストールしてブログを開設するっていうことをやっていきます。mixhostにはWordPressクイックスタートっていう申し込みと同時にワードプレスをすぐに使うことができる機能があるんだけど、今回それは使いません。

これから契約する場合はクイックスタートがおすすめだよ

クイックスタートは申込時にしか選択できないから、今回はその機能を使わずにワードプレスをmixhostにインストールしていきますよ。これからmixhostを使ってワードプレスブログを開設したい人はクイックスタートを使った記事があるのでそちらを見てください。

mixhostでワードプレスブログを開設する手順

mixhostでワードプレスをインストールしてサイト開設する手順は以下です。

mixhostでワードプレスをインストールする手順
  1. mixhostを契約する
  2. 独自ドメインを取得
  3. 取得したドメインをmixhostに設定する
  4. ワードプレスをインストールする

ワードプレスをインストールしたらサイトの表示をすることはできるから、後はワードプレスの管理画面に入って設定したり記事を書いていけばいいだけです。

mixhostを契約する

最初からワードプレスサイトを作るつもりならWordPressクイックスタート機能を使うだろうから、おそらくこの記事を見ている人は既にmixhostを契約している人でしょう。

これからmixhostでWordPressを始めたい人はクイックスタートを使った記事を参考にどうぞ。

もしクイックスタートを使わずに自分でワードプレスをインストールして進めたい!っていう場合にはクイックスタートは利用せずに契約しよう。

契約する際はスタンダードプランがおすすめ

ちなみにmixhostを契約する際のおすすめはスタンダードプランです。

30日間返金保証あり
おすすめ契約プラン
  • プラン・・・スタンダード
  • 契約期間・・・12ヶ月

契約期間は長いほど月額料金が安くなります。長く運営するつもりなら最初は12ヶ月ぐらい見ておくといいでしょう。

独自ドメインを取得・設定

サイトで使いたいドメインを取得します。このサイトならgadgelaun.comですね。ドメインを取得するサイトは色々あるけど、お名前.comで取得する場合の手順を書いていきます。どのサイトでもドメインの取得自体は同じようにできるはず。

お名前.comにアクセスしたら自分が欲しいドメインを検索して申し込みましょう。

欲しいドメインにチェックを入れたら申し込む。ドメインを利用するサーバーはmixhostを使うから[利用しない]を選択。

申し込む際にネームサーバーの変更も一緒にできるからmixhostにチェックを入れておきましょう。

これで[申込む]ボタンをクリック。下の青い画面が出てくる場合は[ドメインのみ申込む]をクリックして申し込み完了です。

取得したドメインをmixhostに設定する

取得したドメインをmixhostで追加します。cPanelにログインしてアドオンドメインを選択しよう。

ここで取得したドメインを入力して[ドメインの追加]をクリック。

追加されると[アドオン ドメイン○○が作成されました]。っていう表示がされます。

mixhostにワードプレスをインストール

ドメインを追加したらワードプレスをインストールします。コントロールパネルのスクリプトにWordPressがあるからそれをクリック。

今すぐインストールをクリックして必要な情報を入力しよう。

ドメインの選択では追加したドメインを選択。その他情報を入力していきます。

  • プロトコルの選択・・・https://
  • ドメインの選択・・・取得したドメイン
  • インストールしたいバージョン・・・インストールしたいワードプレスのバージョン
  • サイト名・・・ワードプレスのサイト名。
  • サイト説明・・・サイトの説明。
  • Admin Username・・・ユーザー名。ワードプレス管理画面ログイン時に使える。
  • Admin Password・・・パスワード。ワードプレス管理画面ログイン時に使える。
  • 管理者Eメール・・・通知してほしいメールアドレス。

言語の選択やテーマの選択もできるけどデフォルトのままインストールします。

入力が終わったらインストールボタンをクリック。

インストールが終わると[ソフトウェアは正常にインストールされました。]と表示されます。

これでワードプレスがインストールされたからサイトを確認してみよう。

サイト確認

ワードプレスをインストールしたらドメインにアクセスしてワードプレスの画面が表示されるか確認してみましょう。アクセスするとデフォルトのワードプレス画面が表示される。

サイトタイトルとサイト説明が表示されていますね。

管理画面(ドメイン名/wp-admin/)にもアクセスしてみるとちゃんと管理画面が表示される。ログインには設定したユーザー名・パスワードが必要です。

これでmixhostでワードプレスをインストールするっていうことができました。

mixhostにワードプレスインストール後

これでワードプレスをインストールすることはできたけど、まだやることがあります。ここではワードプレスをインストールした後の設定をしていきますよ。

常時SSL化

既にhttpsになっていると思うけど、httpでアクセスするとリダイレクトされずにそのままです。これをhttpsにリダイレクトさせます。コントロールパネルからドメインを選択してForce HTTPS RedirectをオンにすればOK。

httpでサイトにアクセスして、httpsにリダイレクトされるか確認してみましょう。もしオンの表示が出なかったら、右上の歯車マークをクリックして[Show Associated Subdomains]をクリック。出てきたドメインの[Force HTTPS Redirect]をオンにします。

パーマリンク設定

パーマリンク設定は後でやろうとすると辛いので最初に考えておきましょう。最初の記事を書き始める前にやっておくことをお勧めします。パーマリンクは記事のURLだけど、どんなパーマリンクにしたら分からないですよね。

意味のある単語でシンプルにしましょう。Googleのサイトにも書かれていますね。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。可能な場合は、長い ID ではなく意味のある単語を URL に使用します。

シンプルなURL構造を維持する

パーマリンク設定で投稿名なんかにしてあげると、それぞれの記事を編集する際に自分の好きなようにパーマリンクを決められます。

記事の投稿時に意味のある単語でパーマリンクを作ってあげる。一度記事を下書き保存するとパーマリンクを編集できます。

mixhostでもワードプレスのインストールは簡単

mixhostでもちょっと情報を入力してボタンを押すだけでワードプレスをインストールすることができるから楽ですね。エックスサーバーやConoHa WINGよりも管理画面の使い方が難しい気がするけど、ワードプレスボタンポチればインストールできました。

mixhostでワードプレス使いたい方は試してみてください。