mixhostにLaravelをインストールする方法!簡単に動かすことができました。

今回はmixhostでLaravelをインストールするっていうことをやっていきたいと思います。mixhostではワードプレスのスクリプトがあるから、それを使えば簡単にインストールすることができます。

ConoHa WINGでもエックスサーバーでもLaravelをインストールするっていうことはやってみたけど、mixhostがLaravelをインストールするならかなり簡単な気がします

mixhostにLaravelをインストールする

Laravelのインストールは簡単でスクリプトからLaravelを選んでインストールボタンを押せばいい。

Laravelをインストールしたいドメインを選択して[インストール]をクリック。

インストールが完了すると[ソフトウェアは正常にインストールされました。]と表示が出る。

これでサイトを確認してみるとこんな画面。

5秒経つとpublicフォルダにリダイレクトされてLaravelの良くある画面が表示される。

ファイルマネージャーからLaravelをインストールしたドメインのフォルダを見てみるとLaravel関連のフォルダが生成されていますね。

appやresourcesフォルダなんかもあるから、laravelインストールっていうよりLaravelアプリケーションに必要なファイルが作られている。

ターミナルからPHP/Laravelのバージョンを確かめる

mixhostにはTerminalが備わっているからそれを使って、サーバーの中を覗いてみます。ターミナルついているのはかなり便利ですね。いちいちローカルからSSH接続して確かめなくていい。

PHPのバージョンとLaravelのバージョンを確かめてみるとこんな感じ。PHP7.4.27でLaravelは8.80.0。

Composerも入っていますね。

ボタンポチってインストールしただけなのに環境整って素晴らしい。

publicにリダイレクトせずに画面表示できるようにする

Laravelをインストールした直後だとドメインにアクセスしても/publicにリダイレクトされて画面が表示されます。

これをpublicにリダイレクトさせずにドメインにアクセスしたときに表示したいです。

ドメインフォルダ直下のindex.phpの記述を変更する

Fixing Laravel’s Public Folder Redirect on Cpanel Shared Hosting Installationを参考にドメインフォルダ直下のindex.phpの記述を変更します。

<?php

use Illuminate\Contracts\Http\Kernel;
use Illuminate\Http\Request;
define('LARAVEL_START', microtime(true));
require __DIR__.'/vendor/autoload.php';
$app = require_once __DIR__.'/bootstrap/app.php';
$kernel = $app->make(Kernel::class);
$response = tap($kernel->handle(
    $request = Request::capture()
))->send();
$kernel->terminate($request, $response);

これでサイトにアクセスすると、リダイレクトされずにLaravelの画面が表示されました。

ドメインフォルダ直下の.htaccessを編集する

ドメインフォルダ直下の.htaccessを編集してやることでも/publicへリダイレクトさせずに画面を表示させることが可能で宇s。

<IfModule mod_rewrite.c>

    RewriteEngine On
    
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -d [OR]
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -f
    RewriteRule ^ ^$1 [N]

    RewriteCond %{REQUEST_URI} (\.\w+$) [NC]
    RewriteRule ^(.*)$ public/$1 

    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteRule ^ server.php

</IfModule>

LaravelでHelloWorldしてみる

せっかくなのでHello World!!でも表示しておきます。Terminalはvimも入っているからvimでいじれて便利ですね。

少し編集して表示してみるとHello World!!出ました。

mixhostでLaravelのインストールは簡単

mixhostでLaravelをインストールするっていうことをやってみたけど、Laravelインストールするだけならめちゃくちゃ簡単ですね。エックスサーバーでもConoHa WINGでもやったけど、mixhostが一番簡単そうな予感です。

mixhostでLaravelを動かしたい人はやってみるといいですよ。