Macで使える塗りつぶしツール3選

Macで画像の塗りつぶしをしたい時ってどうやっていますか?自分はPhotoshopを使ってしまうんだけど、あれは有料だからなかなかそうもいかないですよね。Photoshopのこともほんの少し書くけど、他の2つは無料で使えるものだからMacで塗りつぶししたいんだけどなあ・・・っていうときに参考にしてみてください。まあみていこうか。

Macのプレビューで選択範囲を塗りつぶし

デフォルトではMacでFinderから画像を選択すると、プレビューが立ち上がってその画像を見ることができますよね。そのプレビューを使った塗りつぶし方法。だけど残念ながらそこまで高性能っていうわけではないのでPhotoshopのように綺麗に簡単に塗りつぶすなんてことは難しいです。それでもプレビューでもできることはできる。だからその方法ちょっと見ていこう。

長方形・楕円・投げなわで選択した範囲を塗りつぶす

まずは塗りつぶしたい選択範囲を作る。長方形や楕円、投げなわで選択しよう。

そしたら、[delete]キーを押してその選択した範囲を削除!そうするとこんな感じに選択した範囲が塗りつぶされたようになる。

だけど、塗りつぶしっていうのはそうじゃない、この黒色で塗りつぶされている色を変えたいですよね。上部のメニューから[プレビュー→環境設定]と進むと[一般]というタブが出てきてそこからこの色を変えることができます。

カラーパレットから自分の好きなものを選んで塗りつぶす色を選択するといいですね。ウインドウの背景色だけど、塗りつぶしのように使うことができてしまう。

インスタンスアルファで選択範囲を塗りつぶす

プレビューにペンのようなアイコンが表示されていますよね、これです。

これを使って対象をドラッグしていくとその色の範囲に応じて選択範囲をある程度自動で作ってくれる。だけど、プレビューのこのツールはなかなか精度が悪いんだ。Photoshopにクイック選択ツールっていう同じようなものがあるんだけど、まるで天と地の差。複雑の形のものを選択したいっていうときに便利だけど、プレビューだとちょっと難しいかもしれない。ちなみにこれで選択範囲を作って[delete]してみるとこう。

りんごの皮の赤色の部分を囲ったつもりだったけど、ちょっと輪郭がはみ出してしまっていますね。何回も同じ作業を繰り返すとちょっとはマシになるかもしれないけど、やはり精度がよろしくない・・・

Photoshopで選択範囲を塗りつぶす

Photoshopを使っているような人は当たり前のように綺麗に塗りつぶしているのだろうが、一応Photoshopの塗りつぶしがどんなものなのかっていうのもここで書いておこうと思う。まずは選択範囲の作成。方法はいくつかあるけどクイック選択ツールっていうやつを今回は使って、その後綺麗に選択範囲を作るとこんな感じ。美しいですね。

そして、塗りつぶしツールを使ってその範囲を塗りつぶすとこれだ。綺麗に黄色に染まっています。

流石有料なだけあって、プレビューとは比にならないほどの力です。

PhotoScapeXで塗りつぶす

PhotoScapeXという画像編集アプリを使う方法。有料版もあるけど、無料版でも使うことができる。本当は有料版の塗りつぶし機能を使いたいけど、無料ばんだとそれを使うことができないからその他の方法でいきます。画像を取り込んだら、[道具]から[ペイント]と進みましょう。その右側にある[塗りつぶしツール]っていうやつはPROとか書いてあるのでシカトします。

ペイントを使うと、ブラシを使ってドラッグした部分を塗りつぶすことができる。

ブラシの大きさや色を簡単に調整できるから結構便利。

雑に塗りつぶしたいときに使えますね。もちろん長方形を作って塗りつぶすとか他にも方法はありますね。

PhotoScapeXを今回塗りつぶしのツールとして紹介したけど、このアプリは画像を加工するのに優れていると思うから、画像加工Macでどうしようかなーっていうときに使うことを検討してみるといいかもしれない。結構使えると思う。ちなみに以前サムネイル作成にはどんなアプリを使うのがいいんだろう?みたいな記事でも紹介しましたね。サムネ作成にも迷っていたら使ってみるといいかもしれない。

まとめ

いくつかツールを使ってみて思ったけど、選択範囲を綺麗に塗りつぶすって結構無料のものだとできない場合多いですね。Photoshopだったら割と簡単にできることだけど、やはり無料だとそうもいかないみたいだ。より高クオリティの選択範囲塗りつぶしなんかがしたい場合にはPhotoshopのような有料ツールを検討してみてもいいかもしれない。無料で使うならMacに最初から入っているプレビューでいいんじゃないかなって思うよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事