Googleフォームで集計する方法【スプレッドシート】

今回はGoogleフォームで送信された内容を集計するといったことをやっていきたいと思います。Googleフォームだけでも回答はグラフなんかで見ることができるけど、スプレッドシートを使うのも便利です。スプレッドシートを使った方法もやっていくのでよかったら参考にしてみてください。

Googleフォームで集計する方法

集計自体はGoogleフォームですることもできます。今回は[イベント参加申込書]っていうGoogleフォームを使って見てみましょう。

このフォームが回答されていったら、回答のタブに回答されたものが溜まっていくんだけどここからどんな回答をされたのか確認することができる。回答によっては勝手にグラフにしてくれるから結構見やすい。

こういった集計を見るだけだったらGoogleフォームで回答を見るだけで十分ですね。ちなみのこのグラフはクリップボードにコピーすることもできるから、他で貼り付けたい時に使えます。

Googleフォームの回答を共有する方法

Googleフォームのボタンから回答だけを表示するページを表示するものを出すことはできないようなので、URLに[viewanalytics]を追加して表示してみましょう。

こうすると、Googleフォームの結果だけを見ることができます。[分析を公開]をクリックするとフォームの結果を回答者全員が見られるようになる。

回答者にも結果を見せたかったら公開するのもありでしょう。

スプレッドシートで集計する

Googleフォームで回答されたものはスプレッドシートで集めることができます。Googleフォームで送信されたらスプレッドシートに反映されるっていうやつですね。

スプレッドシートで回答を集計することができるのはかなり便利。Googleフォームで入力した内容がこんな風にスプレッドシートに反映される。

スプレッドシートに反映されるなら、もうスプレッドシートの関数なんかを使えば見やすく集計することができますよね。スプレッドシートで見れるだけで結構わかりやすいけど、より集計しやすくするためにちょっとだけ関数を使ってみましょう。

COUNTIF関数

回答されたものの数を数えたい時ってありますよね。COUNTIF関数で参加日が1日目のものの数の合計を数えてみます。COUNTIF("範囲指定", "合致条件")で数を数えることができる。

合計するとこんな感じですね。こんな感じで隣の食事制限のそれぞれの個数も数えることができそうです。合計で何が何個入力されたか出したい時にCOUNTIF関数は便利だからよかったら使ってみてください。

SUM関数

合計金額なんかを出したいときなんかにはSUM関数です。SUM("範囲指定")でその範囲にある数の合計を出すことができる。

SUMIF関数

他の列で条件を絞り込んで金額の合計を出したいときもあるでしょう。そんな時はSUMIF関数です。1日目に参加する人の合計金額を出してみます。

SUMIF("最初の範囲指定","検索条件","数値の範囲指定")で合計を出すことができます。それぞれの日付毎の金額を合計するとこんな感じですね。

他の列を参照して、それぞれの合計を出したい時って結構あるからそういう時に使えますね。

CSVをダウンロードする

スプレッドシートはいくつかの形式でダウンロードすることができて、CSV形式でもダウンロードすることができる。何かと使うのってCSVですよね。今回もCSVでダウンロードしてみましょう。[ファイル→ダウンロード→カンマ区切りの値(.csv, 現在のシート)]です。

これでダウンロードされたCSVファイルを開いてみるとこんな感じ。Numbersで開いています。

良い感じになっていますね。スプレッドシートで集計してからcsvでダウンロードすればそれなりに分かりやすいものになるはず。

結果を共有する

結果を共有したいなら、右上の共有ボタンからですね。ユーザーやグループと共有するか、リンクを習得してそれを共有するか選びましょう。

簡単に共有できて楽。

誰でも結果を見られるようにする

普通に共有するっていうのもいいんだけど、この結果を誰彼構わず公開したい場合、ウェブに公開っていう手段もあります。[ファイル→ウェブに公開]っていうのをやってみましょう。

これで公開すると、誰でもこのスプレッドシートを閲覧できるようになる。

まあ、あんまり使うことはなさそうですよね。

まとめ

Googleフォームで送信された結果を集計するなんてことをちょっとやってみたけど、Googleフォームもスプレッドシートも機能が備わっていてやりやすいですね。Googleフォームだけでも回答タブから集計結果を見ることはできるけど、スプレッドシートと連携して使えば関数なんかが使えるから結構自由に集計することができる。

スプレッドシートと連携しておくと便利だから、Googleフォームの結果はスプレッドシートに反映させるようにしておくのが良さそうです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事