Adobe Stockとは?使い方と料金・商用利用について紹介します。

Adobe Stockって無料で使えるのかな?
無料でも使うことができるよ!

この記事ではAdobeのストックフォトサービスであるAdobe Stockについて書いていきたいと思います。有料のものも多いけど、無料で使うこともできる優れものです。

ブログやSNSの画像選びに迷っている方にはかなりおすすめのサービスですよ。

記事の内容
  • Adobe Stockとは
  • Adobe Stockの料金と無料で使える範囲
  • Adobe Stockのライセンス・商用利用について
  • Adobe Stockの使い方

これからAdobe Stockを使い始めようと思っている方も、すでに使っている方も分からないことがあれば参考にしてみてください。

Adobe Stockについて見ていこう。

Adobe Stockとは

Adobe Stockは高品質な画像を使うことのできるサービスで様々な種類のものがあります。

Adobe Stock は、デザイナー、マーケティング担当者、クリエーター、映像関係者などが、あらゆるクリエイティブプロジェクトに必要な数百万もの高品質で厳選されたロイヤリティーフリーのアセットにアクセスできるサービスです。アセットの種類には、写真、ベクター、イラスト、テンプレート、3D アセット、ビデオ、モーショングラフィックステンプレート、オーディオトラックなどがあります。 

オーディオトラックまであるのか・・・
種類はかなりたくさんあるよ。

イラストだけ見てみてもペイントや水彩画、デジタルアートワークなど様々なものがあります。

しかもクオリティが高いです。

どんな画像があるのか覗いてみると画像のクオリティがかなり高いのが伺えるんじゃないなかなと思います。高品質な画像素材を探している人にはなかなか良いはず。

Adobe Stockの料金と無料で使える範囲

クオリティは高いけど、やっぱり料金が気になる・・・
そうだよね、料金についてみていこう。

無料で使える部分もあるけど、まずは有料の料金プランについて確認していきましょう。

Adobe Stockの有料プラン

年間プランと月々プランの2つがあります。月毎に使うことのできる素材数によって価格は変わってきますね。

年間プラン
  • 通常ライセンス素材 10 点/月・・・3,828  /月
  • 通常ライセンス素材 25 点/月または HD ビデオ 3 本/月・・・6,578  /月
  • 通常ライセンス素材 40 点/月または HD ビデオ 6 本/月・・・10,428  /月
  • 通常ライセンス素材 750 点/月または HD ビデオ 25 本/月・・・27,478  /月
月々プラン
  • 通常ライセンス素材 3 点/月・・・3,828  /月
  • 通常ライセンス素材 25 点/月または HD ビデオ 3 本/月・・・9,328  /月
  • 通常ライセンス素材 40 点/月または HD ビデオ 6 本/月・・・13,068  /月
  • 通常ライセンス素材 750 点/月または HD ビデオ 25 本/月・・・32,978  /月

なるほど、それなりに価格はするんだね。
クオリティは高いけど、相応の価格はかかってくるよ。

年間プランだと無料体験があるものもあるので、気になったら覗いてみるといいです。ちなみに無料体験中にダウンロードした素材は解約した後に利用することもできるからかなり良い。

Adobe Stock 無料体験版では、体験期間中にプランに含まれる素材を無料でダウンロードできます。無料体験期間内に解約した場合、料金はかかりません。体験版期間中にダウンロードした素材は、解約したあとも利用できます。

無料で使える素材もある

Adobe Stockの無料素材から無料で使うことのできる素材を確認できます。結構種類があるから、無料の素材だけで満足する人も結構いるんじゃないかな。

確かに結構ありそうだね。
うん、無料のものもクオリティ高いよ。

無料の素材でも画像のクオリティは高いものが多いので、課金するのが嫌だっていう場合はまずはこの無料素材の中から良い感じの素材がないか確認してみるといいです。

まずは無料素材で

Adobe Stockを使ってみたかったらまずは無料素材でいいかなと思います。
よりクオリティを求めたかったら有料素材を検討しましょう。

有料素材使いたかったら、無料期間あるプランもあるからそれ使って利用するのもいいでしょう。

Adobe Stockのライセンス・商用利用について

Adobe Stockの各素材には通常ライセンス・強化ライセンス・拡張ライセンスがあり、これらによって制限が変わってきます。

それぞれ以下です。

通常ライセンス強化ライセンス拡張ライセンス
Web表示回数無制限   
Eメールマーケティング、モバイル広告、ソーシャルメディア、放送番組での素材の使用*   
素材の修正ができる*   
素材の500,000部までの印刷または表示   
素材の500,000部以上の印刷または表示  
商品、テンプレート、そのほかの再販を目的とした製品での素材の使用* 

へえ、どのライセンスが多いんだろう?
通常ライセンスのものが多いよ。

通常ライセンスとしてできることは以下だけどほとんどの人にとってしたいことはできるんじゃないかな。

Adobe Stockにあるほとんどの写真、ベクター素材、イラストは通常ライセンスとともに提供されます通常ライセンスでは以下のことができます。

  • 製品パッケージ。マーケティング用印刷物、デジタルドキュメント、ソフトウェアなど、すべてのメディアで素材を最大500,000部使用する。
  • 予想される閲覧者数が500,000人未満のEメールマーケティング、モバイル広告、放送番組、デジタルプログラムに素材を使用する。
  • 閲覧制限なく、Webサイトまたはソーシャルメディアサイトに素材を投稿する。
  • 素材自体が主な購入目的となる製品、製品が500,000回以上複製される場合を除き、教科書などの特定の種類の製品に素材を使用する。
  • 未編集の素材を、ライセンス条件に従うことに契約上同意した従業員および業務請負者と共有する。
  • ライセンスを顧客または雇用主に譲渡する。

強化ライセンスや拡張ライセンスではこれに加えて制限がもっと緩くなります。Adobe Stockのライセンスに詳細が書かれているので、利用する際には確認しておくといいですね。

無料素材のライセンスも同じ

無料素材も同じようにライセンスが適用されます。

Adobe Stockの無料素材は、商用のプロジェクトでも安心して利用できます。無料の素材も有料の素材と同じライセンス条件が適用されます。

使いやすそうだね。
そうだね、そんなに厳しくないよ。

素材を使うのにそこまでライセンスの厳しさは感じないので、結構使いやすいと思いますよ。

クレジット表記は必要なのか?

クレジット表記は社説で使用する場合とエディトリアル画像を使った場合には必要になるけど、それ以外はなくて大丈夫です。

社説で画像を使用する場合にのみ、写真のクレジットを追加する必要があります。エディトリアル画像を印刷物、Web サイト、ブログなどで使用する場合は、Adobe Stock Web サイトに示されている IPTC クレジットラインフィールドのクレジットラインを含める必要があります。

なるほど大体通常ライセンスだから大丈夫か。
そうだね、エディトリアルは画像の左下に表示されるよ。

エディトリアル画像の場合は左下に「エディトリアル」と表示されますね。

エディトリアル画像の扱いはちょっと特殊な感じがあるので、利用する際にはよくある質問のエディトリアルアセットを見ておくといいですよ。

Adobe Stockの使い方

Adobe Stockの無料素材を試しに使ってみましょう。Adobe Stock無料素材にアクセスして欲しい素材を選択してライセンスを取得をクリック。

Adobeのアカウントを持っていない場合はアカウントの作成が必要なので、作成しましょう。

ライセンス取得をクリックすると、選択した画像がダウンロードされます。

Underwater animals illustrations set in creative style. Sea world in pastel colors. Cute fish, whale, shark, dolphin on blue background. Underwater life concept for banners, website design

右上のマイライブラリを確認するとダウンロードした画像を確認することができますよ。

ちなみにライセンスの種類が画像をクリックすると詳細ページが表示されるから、そこで確認することができます。

ポイント
有料の素材が欲しくなったら有料プランを検討してみるといいですよ。

まとめ

今回はAdobe Stockの以下のことについて見てみました。

  • Adobe Stockとは
  • Adobe Stockの料金と無料で使える範囲
  • Adobe Stockのライセンス・商用利用について
  • Adobe Stockの使い方

個人的にはクオリティの高い画像を無料でも使うことができるのはかなり良いなあと思います。もしブログやSNSなどに使う画像を迷っているならAdobe Stockで探してみるのもいいでしょう。