LINEでAIにイラストを描いてもらう【お絵描きばりぐっどくん】

LINEでイラスト描いてくれるAI使えないの?
「お絵描きばりぐっどくん」が使えるよ!

この記事ではLINEでAIにイラストを描かせるっていうことをやっていこうと思います。

この記事でやること
  • お絵描きばりぐっどくんに登録する
  • お絵描きばりぐっどくんでイラストを生成する

    LINEを使ってAIにイラストを描いてほしいっていう方は参考にしてみてください。

    LINEでAIイラストを試してみよう。

    LINEの「お絵描きばりぐっどくん」を使ってイラストを生成する

    まずはLINEからお絵描きばりぐっどくんを追加します。

    追加したら後は生成してほしい画像をテキストで入力するとそれを生成してくれます。

    日本語でも英語でもできるんだね。
    そうだね、色々試してみるといいですよ。

    LINEでこうやって簡単に作成することができるのは楽ですよね。この手軽さが良いです。

    1日10枚までなら無料

    このお絵描きばりぐっどくんですが、無料だと1日10枚まで生成することができないのがプレミアムプランだと一日の枚数制限が無限になります。

    プレミアムプラン
    • 550円/月
    • 5,000円/年

      月額500円ぐらいか。
      そうだね、気に入れば試してみればいいかもしれない。

      LINEで手軽に生成したい人はプレミアムプラン使ってみてもいいかもしれないけど、Stable Diffusionはオープンソースだからコード実行すれば無料で使うことができます。

      少し知識があるならコード実行してやると色々設定できるし、より自分好みの画像生成ができるでしょう。

      より詳細にイラスト生成をしたいならブラウザから

      「お絵描きばりぐっどくん」はStable Diffusionっていうものが使われているんだけど、入力するテキストだけじゃなくて他の情報を入力して生成できるDream Studioなんてものもあります。

      これもStable Diffusionでイラストが生成されるの?
      そうだよ、パソコンからならやりやすい。

      後は実際にコードでも試すことができますね。(こういう人工知能系はGPU使いたいけど、GoogleColaboratoryではGPU使えるのでとてもありがたいです。)

      これらのStable Diffusionを使ったイラスト生成の方法は以下の記事で書いているから、よかったら参考にしてみてください。