AfterEffectsで静止画をアニメーションさせる方法【Photoshopも使う】

AfterEffectsで静止画アニメーションさせるってできない?
んーできなくはないよ。

今回はAfterEffectsを使って静止画をアニメーションさせるっていうことをやっていきます。Photoshopも使いますよ。

記事の内容
  • Photoshopで動かしたい画像を切り取る
  • AfterEffectsで切り取った画像にアニメーションを付ける

AfterEffectsを使って画像を動かしてみたかったらどんな風にできるのか少しだけ参考になると思います。

AfterEffectsで静止画を動かしていこう。

アニメーションを付ける画像

今回は以下の画像を下のGIFのように動かしていきます。

編集後

 

手の部分だけ動かしてみました。PhotoshopとAfterEffectsを使ってやっていくけど、まずはPhotoshopで動かす素材の切り取りからです。

Photoshopで動かしたい素材を作成する

まずは静止画から動かしたい部分を切り取ります。動かしたい部分をそれぞれ切り取って保存しましょう。

切り取った素材を後でAfterEffectsで動かすっていうことだよね?
そうだね、まずはPhotoshopでその素材を作成するよ。

今回は人物だけなので人物と背景を作ります。背景もAfterEffectsで取り込んで使うので作っていきましょう。

人物を切り取る

人物を切り取るんだけど、切り取る方法は何でもいいです。自分は大体クイック選択ツールで選択→選択とマスクでもう少し綺麗に切り取るっていう流れを取ります。

選択とマスク

人物の切り取り

 

切り取った部分はAfterEffectsに取り込んで使うので保存しておきます。保存形式は.psdで大丈夫ですよ、そのままAfterEffectsに取り込むことができるので。

背景を作成する

画像を元に背景も作成します。これは塗りつぶしで「コンテンツに応じる」を選択して作ってしまいます。

ここで作成した背景も保存しておきましょう。これで人物と背景の素材を作ることができました。

AfterEffectsで作成した素材を取り込む

作成した素材をAfterEffectsに取り込みましょう。

取り込んだら動かしたい素材に対してパペットツールを使ってピンを打っていきます。

動かしたい部分にピンを打ちましょう。

ここで打ったピンを動かすことで動きを付けることができますよ。ピンを打つとそれがキーフレームとして追加されるから、動きを付けたいところにどんどん打っていきましょう。

打ってみるとこんな感じですね。

これをどう動かしたいかに応じて次々に追加していけばOKです。追加するとこんな感じですね。

AfterEffectsで画像を動かすのに難しい点

Photoshopで切り取った素材といっても静止画なので、動かす際に関係ない部分も動いてしまう場合があります。

なるほど、ちょっと気になってしまうね。
パペットツールのピンである程度抑えられるんだけどね。

パペットツールでピンを付ければ動かしたくないところもある程度動かさないようにできるけど、動かしたい部分と動かしたくない部分が密接しているとちょっと難しいです。(一緒に動いてしまう。)

まとめ

PhotoshopとAfterEffectsを使って画像を動かしてみたけど、やったこととしては以下です。

  1. Photoshopで動かしたい部分を切り取り
  2. AfterEffectsで切り取った素材を動かす

動かすのにはAfterEffectsのパペットツールを使ってやりました。もし気になったらやってみるといいでしょう。PhotoshopもAfterEffectsもAdobeから7日間は無料で使うことができます。