プログラミング初心者がつまずく壁7選を紹介します。

プログラミング初心者なんだけど、いろんな壁にぶつかっている気がする

そうですよね、プログラミングを始めたばかりだといろんなところで壁にぶち当たってしまうはずです。数分おきにエラーに遭遇して、解消するのにとても時間がかかったりもするでしょう。

今回はプログラミング初心者がどんなところでつまいでしまうのか?っていうところを書いていきたいと思います。

 エンジニアとして仕事をしてきたよ

今まで正社員エンジニアやったりフリーランスエンジニアとして案件をこなしたりしていました。

ただエンジニアとして働いてきた自分も最初は分からないことだらけ。何か作ろうと思っても何をどうやればいいのかわからないし、作業をすれば無限にエラーが出てきます。

そのエラーの解決もできず最終的にはもはや分からないことすら何か分からないという謎の状態に陥ります。ただそういったものを超えていけば何か作れるようになっていますよ。

初心者がつまづいてしまう壁にどんなものがあるのか見ていこう

環境構築の時点でつまずく

何かアプリケーションを作成する時につきものなのが環境構築です。環境構築の方法にもやり方がいくつかあるけど、最初はパソコンに直接色々インストールして環境を作る人が多いでしょうか。

環境構築のやり方は様々
  • パソコンに直接環境を作る
  • Vagrantを使って環境構築する
  • Dockerを使って環境構築する

この環境構築は何か作る上では必ず必要になってくるものだけど、かなりの鬼門です。

まだ開発もしていない段階の環境構築なのに鬼門なの?
そう、これから環境作ってやるぞ!っていうのがそもそもきつい

 

環境構築をやったことのある人なら共感する人もいるのではないでしょうか。ネットに書いてある通りにやっているのに、謎のエラーが出ることたくさんありますよね。

その度にエラー文をググってググって・・・っていう作業が始まります。環境を作って何か作ろうとしてもそもそもその環境を作る時点で詰む場合もあるでしょう。

 環境構築は時間がかかるものだと身構えよう

そもそも環境構築はきついものなので、苦戦するものだと最初から思っておきましょう。自分自身今までいろんな環境作ってきたけど、やっぱり「環境構築か・・・」って思ってしまいますから。

あなたがもし今環境構築がうまくいっていなくても大丈夫です、普通ですから

 環境構築はDockerを使うのがおすすめだよ

今では当たり前になっているけど、環境構築はDockerを使うのがいいです。コードで環境を作れるやつですね。一度作ってしまえば立ち上げは楽だし、壊して再構築するのも簡単です。

もしエンジニアとして仕事するなら当たり前のように使うものなので、やっておくのがいいですよ。最初はちょっと難しく感じますけどね。

プログラミングの言葉の意味がよく分からない

プログラミングを学習していれば当たり前のように使われる言葉ってありますよね。

プログラミング特有の単語
  • 変数
  • 配列
  • クラス
  • インスタンス
  • ハッシュ
  • ・・・

この配列とかクラス、インスタンスとかって最初絶対分からないです。プログラミングのコードを見てみると当たり前に使われているし、そもそもそれ何?となるはずです。

インスタンスとか絶対分からんだろ・・・
本当に最初は理解不能だと思う

これ本に書いてある内容やネットの情報でスッと理解できればいいんですが、なかなかそうもいかないと思います。

 誰かに教えてもらってくれ

これが一番良いです。分かる人に教えてもらって欲しいです。

ただなかなかそういう人っていないんですよね・・・ネットで詳しい人と親しくなって聞くかプログラミングスクールで講師に聞くかなどといった方法をとるしかありません。

きっと現実世界のものを例にとってわかりやすく教えてくれると思います。

ドキュメントが英語でつまずく

ドキュメントがそもそもほとんどの場合英語なのもちょっと「うっ・・・」ってなりますよね。Google翻訳して読んでもいいけど、コードが書かれているものだとそのコードも翻訳されて意味が分からなくなります。

ただこれはもう慣れるしかないです、英語圏で作られたものが多いですからね。

 自分の場合は英語でまずはサラッと見る

自分の場合ドキュメントを読む時には、まずは英語でサラっと見ます。理解まではできないけど、なんとなく言っている雰囲気は分かるから、気になる部分があったらその部分を翻訳して読み込むっていうやり方をしたりします。

やっぱり翻訳使うよね
うん、まるっきり使わないっていうのはきついね

 

コードが書かれていないドキュメントの場合は、ページ丸ごと翻訳してやるといいでしょう。

エラーが解消できなくてつまずく

エラーに悩まされるのは一生だと思うけど、初心者のうちは特にエラーの解決に時間がかかってしまうでしょう。1つのエラーに何時間も悩まされることはザラにあると思います。

エラーやっと解消してもまたすぐ別のエラー出てきたりするんだよね・・・
分かる、時間が溶けていくよね

 一番良いのは解決できなかったらすぐに聞くこと

最初のうちはエラーが出てきても本当によく分からないです。そもそも英語のエラー文だし、プログラミングも初めてだし分からないのは当然ですよね。

そういう時にはできればわかる人に聞くのが一番早いです。

プログラミング学習についての記事をこのブログではいくつか書いているけど、そこでプログラミングスクールをおすすめしているのはこの「すぐに聞ける環境」を手に入れられることにあります。

自分も最初はプログラミングスクールを利用していたけど、分からないところはすぐに聞いて疑問を解消していました。もし学習効率に悩んでいるならプログラミングスクールはおすすめです。

 プログラミングスクールの紹介記事

分からないことが分からなくてつまずく

「分からないことが分からなくてつまずく」こんな状況に陥っていませんか?

これ結構最初のうちはあるんじゃないかなと思います。自分でもよくわかっていないから、もうどうしたらいいのか分からないんですよね。

こういう時って自分がどこまで分かっているか誰かに確認してもらえるといいです。

自分だけで解消するのは難しいのかな?
うん正直難しいと思うよ

自分だけでできる人ならいいけど、普通に無理だろ・・・って思ってしまいます。勉強したてだしエラー文は英語だし分からなくて当然の状況でしょう。

 やっぱり人に聞こう

こういう状況に陥ってしまったらやっぱり分かる人に聞いて欲しいです。スクールに通っているならメンターの方に聞いてください。優秀なメンターならどこまでが分かっていてどこからが分かっていないかを教えてくれます。

「ここまでは分かっているんですね。素晴らしいです。じゃあここから一緒に見ていきましょうか」

みたいな教え方をしてくれる思います。メンターは寄り添ってくれる人が多いですからね。もちろん当たり外れはあるけどね・・・

何から勉強していいか分からなくてつまずく

独学だと何から勉強していいか分からなくてつまずく可能性が高いです。インターネットで調べれば色々情報は出てくるし、プログラミングを学習することのできるサイトはたくさんあります。

プログラミング学習サイトの紹介記事

ただサイトはたくさんあっても、どのサイトのどの講座をどういう順番でやっていけばいいのか分かりません。独学だとこういう部分がちょっと辛いですよね。

 独学でのプログラミング勉強法

勉強法は以下の記事で少し勉強法について書いているので、よかったら見てみてください。

 スクールで体系的に学習しよう

ごめん自分がスクールを利用したことがあるから、スクールのことを書いてしまうんだけど、やっぱりスクールはプログラミングを体系的に学習できて良いです。

スクールが教材を用意してくれるので、何を学習すればいいのか?っていう迷いは無くなります。もしも何を学習すればいいのか迷っているなら、検討してみるのもありでしょう。

今では安いスクールもあったりしますよ。

 何を作ればいいか分からない

プログラミングを学習してもふと「何を作ればいいんだろう?」っていうことを思う時もあるでしょう。

「これを作りたいから勉強しているんだ!」っていうのがないとある程度学習を進めた時に何を作ったらいいのか分からなくなってしまいます。

 プログラミングで何を作ればいいのか

もし何を作ったらいいのか分からなくなったら、以下の記事で何を作ればいいのか?っていうのを書いているからよかったらどうぞ。

まとめ

今回はプログラミング初心者がつまずく点を紹介しました。もちろん一例でしかないけど、今回紹介したのはこんな感じ。

プログラミング初心者がつまずく点
  • 環境構築の時点でつまずく
  • プログラミングの言葉の意味がよく分からない
  • ドキュメントが英語でつまずく
  • エラーが解消できなくてつまずく
  • 分からないことが分からなくてつまずく
  • 何から勉強していいか分からなくてつまずく
  • 何を作ればいいか分からない

プログラミングを学習し始めた人なら1つぐらいは共感する部分があったんじゃないかなと思います。最初のうちは分からないことが多くて、色々壁にぶち当たるけどコードをゴリゴリ書いていきましょう。