フリーランスエンジニアの案件期間ってどう決まるの?契約更新はどれぐらい?

フリーランスエンジニアの案件の期間ってどれぐらいなの?

フリーランスエンジニアとしてこれから働くなら、どれぐらいその案件で働く期間があるのか気になりますよね。

初めての案件なら尚更分からないこと多いし不安になるはず

そこで今回はフリーランスエンジニアで働くとどれぐらいの期間の案件で働くことになるのかを書いていきたい。

記事の内容
  • フリーランスエンジニアの案件期間
  • フリーランスエンジニアの案件契約方法

 フリーランスエンジニアとして案件をこなしてきたよ

自分自身フリーランスエンジニアとして幾つかの案件をこなしてきました。それらの経験も踏まえて案件の期間について書いていきたいと思います。これからフリーランスエンジニアとして働くなら多少は参考になるはず。

フリーランスエンジニアの案件期間について知っていこう

フリーランスエンジニアの案件期間は契約によって決まる

フリーランスエンジニアがその案件に従事する期間は契約によって決まります。

企業の人
3ヶ月ごとの契約でお願いね!

あなた
OK

企業が「3ヶ月ごとの契約でお願いします」と言えば、3ヶ月ごとに契約を更新することによってその期間を延ばすことができます。

なので、更新すればするだけその案件に従事する期間は長くなるというわけですね。もちろん途中で企業から契約を切られた場合はそこで終了となります。

フリーランスエンジニアの案件の期間は大体3ヶ月契約

企業にもよるけど、フリーランスエンジニアの案件の期間は大体3ヶ月ごとの契約で決まります。3ヶ月の更新日が近づくと契約更新しますか?のような旨を聞かれ、続けたいなら契約を更新すればいいわけです。

ただほとんどの場合、最初の方は1ヶ月契約になる。

契約期間
  1. 最初は1ヶ月の契約
  2. その後は3ヶ月ごとの契約

お互い最初は分からないこと多いから1ヶ月か
そうだね、1ヶ月で合わなかったらこっちも言いやすいしね

自分は最初の1ヶ月で契約を切ったことはないけど、やってみてもし本当にダメなら契約の更新はやめて退場するしかないですね。

 案件契約のイメージ

イメージとしてはこんな感じです。

最初に1ヶ月の契約を終えたらその後は大体3ヶ月ぐらいなので、その契約期間ごとに更新していきます。

 途中で辞めたいんだけど・・・

契約期間が3ヶ月だけど途中で辞めたい、次の契約は2ヶ月にして辞めたい・・・なんていうこともあると思います。自分もありました。

自分の場合は確か3ヶ月契約で案件に従事していたんだけど、諸々思うことがあって次の契約は何月までっていうようにしてもらいました。また、次の契約する期間が終了したら辞めますって言ったこともありましたね。

これは契約や企業・エージェントとのやり取りになるので、辞めたい時期があるなら事前に相談しておきましょう。契約書も確認しておくといいです。

エージェントを利用しているならエージェントに、直接契約ならその企業に相談です。

案件の契約は直接契約かエージェントを通すか

案件の獲得方法は大きく分けて、企業と直接契約するかエージェントを通すかです。

企業と直接契約する場合は、自らが企業とやりとりして契約書を交わします。今ならクラウドサインなんかで交わす企業が多いんじゃないかな。

エージェントを通す場合は、エージェントが面倒なことをやってくれるのでエージェントとのやり取りで済みます。企業とそういったやりとりがないのが楽でいいですよね。

企業と直接契約するかエージェントを通すかってどっちがいいの?
これは何を重視するかによるよ

自分が何を重視するかによって自ら営業して直接契約するか、エージェントを利用して案件を獲得するか選ぶといいでしょう。

企業との直接契約

企業との直接契約の場合、全部自分でやる必要があります。

企業との直接契約の場合
  • 企業の担当とやり取りする必要がある
  • 契約書に気になる点があるなら、企業の担当に聞く必要がある
  • 単価はマージンが取られない分、悪くない
  • 契約解除する時も直接企業とやり取りする必要があるからちょっと嫌

案件先の企業とコンタクトをとって日程を調整して面談して、面談が通ったら契約書を交わして稼働開始です。結構面倒な匂いがしますよね。そしてその案件を辞めたくなった時にも企業の人とやり取りする必要があります。

面倒な印象はあるけど、正直そんなに気にする必要はないかなって個人的には思う。自分は直接契約もエージェント経由でも参画したことがあるけど、エージェントとのやり取りも結構面倒なので・・・

 直接契約の最大の魅力はマージンを取られない点

直接契約の最大のメリットはマージンが取られない点です。間にエージェントが入らない分単価が良い感じになる場合が多いでしょう。

自分で営業するのは面倒だけど、高い単価で契約できるのはかなりの魅力ですよね。

単価が高くなるのは素晴らしいね
自分で営業するのは面倒だけどね

エージェントを利用する場合

エージェントは案件獲得のための営業や企業とのやりとりをやってくれます。なので、あなたが案件参画までやりとりすることになるのはエージェントの人です。

自分で営業せずに案件をエージェントが探して持ってきてくれるんだね
そう、自分で探すのが面倒ならかなり楽でいいよね

 

自分もエージェントを使って案件に参画したことがあるけど、エージェントが代わりに全部やってくれるから楽です。特にフリーランスを始めた頃は分からないことも多いからおすすめです。

エージェントを利用する場合
  • 案件はエージェントが探してくれる
  • 参画までのやりとりはエージェントがやってくれる
  • 契約更新もエージェント経由
  • マージンはエージェントに取られる

    エージェントを利用したときの良い点は契約更新なども案件先の企業との間に入ってくれることですね。次の契約を更新するか?っていうこともエージェント経由で企業に伝えられるので、気持ち的に楽です。

    ただ、マージンをエージェントに取られるので単価はちょっと低くなるかなっていうところ。

     エージェント利用の魅力は自分の代わりにほとんどやってくれるところ

    エージェントを利用することで営業から案件参画まで全てのことをやってくれます。どんな案件がいいかも希望を伝えられるし、単価の希望も出せます。

    もしエージェントを利用するなら自分の条件を明確にして利用を始めるといいでしょう。自分が利用したおすすめのエージェントは以下の記事で紹介しているからよかったらどうぞ。

    まとめ

    今回はフリーランスエンジニアの案件期間について書いたけど、大体3ヶ月更新です。

    まとめ
    • 案件は大体3ヶ月更新となる
    • 直接契約とエージェントを利用しての案件参画がある

    案件を辞めるときには、次の契約で辞めようかな・・・なんていうことを考えておきましょう。

     営業が面倒ならエージェント利用がいいよ

    案件を直接契約して獲得するのが面倒な場合はエージェントを素直に利用するのがいいです。エージェントに希望条件を伝えたら、「この案件やこの案件はどう?」っていうことを提案してくれます。

    あなたがやるのはその企業の中から面談をするだけです。エージェントのやり取りが面倒な人にはおすすめしないけどね、疲れちゃうし笑