Adobeで3Dアニメーションを作る方法を紹介します【AfterEffects】

Adobeソフトで3Dアニメーション作りたいんだけどどうやったらいいの?

そんな疑問を解消するためにこの記事では、AdobeのソフトであるAfterEffectsを使ってどんな3Dアニメーションを作ることができるのか見ていきたいと思います。

記事の内容
  • AfterEffectsで3Dレイヤーを使った3Dアニメーションの作成方法
  • AfterEffectsで3Dレンダラーを使った3Dアニメーションの作成方法
  • 作成例

 AfterEffectsでも3Dアニメーションを作ることはできる

AfterEffectsは凝った2Dアニメーションを作成するソフトっていうイメージがあるかもしれないけど、シンプルな3Dアニメーションは作ることができます。もちろん3D用のプラグインなどを使えばこうクオリティのアニメーションを作ることができる。

今回はそんなAfterEffectsで3Dアニメーションを作るっていうことをやっていきたいと思います。

AfterEffectsで3Dアニメーションを作っていこう

AfterEffectsで3Dアニメーションを作る方法

AfterEffectsで3Dアニメーションを作成する方法は大きく分けて2つ。

3Dアニメーションの作成方法
  • 3Dレイヤーを使って3Dアニメーションを作成する
  • 3Dレンダラーを使って3Dアニメーションを作成する

    AfterEffectsは基本2Dの平面なんだけど、そこに3Dレイヤーを使えばZ軸を追加することができる。空間上に図形や文字をおいてアニメーションさせることができるというわけです。3Dレンダラーはテキストや図形を3D押し出して3Dにすることができるというやつ。

    3Dレイヤーと3Dレンダラーを見ていこう

    3Dレイヤーを使う

    AfterEffectsには3Dレイヤーっていう2Dを3Dにしてくれる機能があります。使うのは簡単でレイヤーのボタンをクリックするだけでいい。

    Z軸が追加されるからその軸をいじって3Dにしていくっていう感じですね。レイヤーに対して3D化するから様々なものに対して3D化することができる。

    3Dレイヤー化
    • 図形の3Dレイヤー化
    • テキストの3Dレイヤー化
    • 写真の3Dレイヤー化

    レイヤーは2Dだからそれが3D的にいじれるみたいなところですね。3Dレイヤーを使うと素材を3Dレイヤー化することができるから、それらの3D化した素材を組み合わせて様々なものを作ることができる。

    3D化した平面をいじれる感覚

    3Dレイヤーを使ったスライドショー3Dレイヤーを使ったネオンアニメーション3Dレイヤーを使ったテキストアニメーション

    3D座標的にいろいろいじれるイメージだね
    そうそう素材ごとに3D座標をいじって合成できる感じだよ

    平面のものを3Dにするから凝った3Dにするのは難しいけど、使い方次第で結構いろんなことができます。

    3Dレンダラーを使う

    AffterEffectsにはテキストや図形を押し出すことのできる3Dレンダラーがある。

    CINEMA 4D コンポジションレンダラーは、After Effects の新しい 3D レンダラーです。これはテキストやシェイプに押し出しを適用するツールで、押し出し型の 3D オブジェクトを作成するのに適しています。このレンダラーを使用すると、3D アニメーションをすばやくゼロから作成できます。

    レンダラーをCinema4Dにする

    これを設定するとテキストや図形なんかを押し出してアニメーションを作成することができる。

    3Dレンダラーを使ったテキストアニメーション3Dレンダラーを使ったシェイプアニメーション3Dレンダラーを使ったシェイプアニメーション2

     

    テキストや図形を3Dにできるんだね
    そうだね、3D化した図形なんかにエフェクト加えてもいいよね

    2Dのテキストや図形を押し出して3Dにすることができます。3Dにすることは簡単にできるから、後はそれをどうアニメーション化させていくかが問われるね。

    3Dテキストアニメーションを作成する

    3Dレンダラーを使ったテキストアニメーション

    3Dレンダラーを使って押し出したテキストに回転するアニメーションを付けたものです。作り方は結構簡単でテキストを作成して、アニメーションをつけるだけ。

    作成手順
    1. テキストを作成
    2. 3D化して押し出し
    3. 回転のキーフレームを打ってアニメーションを付ける

      3Dレンダラーを使ったテキストアニメーション作成画面

      2Dのテキストだと味気ないものでも3Dにすれば割とそれっぽくなったりするからいいですよね。テキストを3D化する場合には押し出すだけで可能なので楽ですよ。

      3Dグラフアニメーションを作成する

      3Dレンダラーを使った棒グラフアニメーション

      3Dで図形を押し出してやればこういったグラフチックなアニメーションを作ることもできます。

      作成手順
      1. 長方形のシェイプを作成
      2. シェイプを3D化して押し出し
      3. キーフレームを打ってアニメーションを付ける

        3Dレンダラーを使った棒グラフアニメーション作成画面

        シェイプの組み合わせてグラフを作成しているけど、一つ作ったら後はコピペである程度できるから楽です。平面のグラフだと味気ない時には3Dのグラフにしてみるといいですね。

        3D図形でアニメーションを作成する

        3Dレンダラーを使った電卓アニメーション

        AfterEffectsで使うことのできる図形を組み合わせて電卓のような形をしたものを作ることができたりします。(ちょっと雑になってしまったけどイメージ的にはこんなものも作れる)

        作成手順
        1. シェイプで電卓を作る
        2. シェイプでボタンを作る
        3. 数字などはテキストで入力

        3Dレンダラーを使った電卓アニメーション作成画面

        形やボタンなど全てシェイプです。シェイプレイヤーを良い感じに整形して作るイメージ。シェイプレイヤーではパスを使って自由に形を作ることができるから、ある程度なら自分の好きな形を作ることができます。(複雑なのは厳しいけど)

        AfterEffectsで3Dアニメーションを作ってみては?

        AfterEffectsで3Dアニメーションの作成方法をちょっとだけ紹介したけど、何となくどんなものが作れるのかのイメージは湧いたでしょうか。使い方次第で結構いろんなものが作れるはずです。

         図形チックなものは作りやすい

        基本的にシェイプレイヤーを使って作っていくことになると思うので、四角や三角、丸などの図形に近いものを組み合わせたアニメーションは作りやすいです。形が複雑になってくるとその形をパスツールなどで作っていかないといけないのでちょっと面倒。

        テキストはそのまま押し出して3Dにしてアニメーションを加えればいいからシンプルなものなら簡単ですね。

        3DアニメーションはAfterEffectsが使えれば難しいものではない

        AfterEffectsで3Dのアニメーション作るのって難しいの?って思うかもしれないけど、3Dのアニメーション自体はAfterEffectsを使うことができればそんなに難しいことではないです。といっても、AfterEffects最初慣れるまでは難しいから触ったことがない状態でやろうとすると戸惑うはずです。

        普段からAfterEffectsを使っている方ならすんなりできるでしょう。

         7日間無料でAfterEffectsを使って3Dアニメーションを作ってみよう

        AfterEffectsは7日間無料で使うことができるから、どんな感じか気になったらまずは7日間触ってみるといいです。ちょっと期間は短いけど、良さそうだったらそのまま使い続けていくといいでしょう。