ワードプレスにおすすめの安いレンタルサーバー2選!を紹介します

ワードプレスを使うのに安いレンタルサーバーってどこなの?
そんな疑問を解消するためにこの記事ではワードプレスを使うのに安いレンタルサーバーを紹介したいと思います。
記事の内容
  • ワードプレスにおすすめの安いレンタルサーバー2選
  • それぞれのレンタルサーバーの比較

できるだけ安いレンタルサーバーを使ってワードプレスブログやサイトを運営したい人は参考にしてみてください。

 いくつかのレンタルサーバーを使ってきたよ

このブログでもレンタルサーバーについていくつか書いているんだけど、以下のレンタルサーバーを使ってきました。

使ってきたレンタルサーバー
  • エックスサーバー
  • ConoHa WING
  • mixhost
  • さくらのレンタルサーバ
  • ロリポップ

どのレンタルサーバーも悪くないけど、やっぱり料金や機能面・使い勝手は変わってきます。この記事ではそんな中から料金を安く抑えてワードプレスを使うことのできるレンタルサーバーを紹介したいです。

 このブログはエックスサーバーで運営しています

これから紹介するレンタルサーバーではないんだけど、このブログはエックスサーバーで運営しています。料金は普通だけど、そこまで安くなくてもいいやっていう場合にはエックスサーバーもおすすめです。

料金の安いおすすめのレンタルサーバーを見ていこう

ワードプレスを使うのに安いおすすめレンタルサーバー

この記事でおすすめするレンタルサーバーは以下の2つです。

おすすめするレンタルサーバー
  • ロリポップ!
  • ConoHa WING

この2つのレンタルサーバーにしたのは料金が安くワードプレスを使うのにも機能が整っているからです。もちろん両者で違いはあるから後でそれぞれ見ていきます。

ちなみに「いや、それ外のレンタルサーバーがいいんだけど・・・」っていう場合は以下の記事でレンタルサーバーを比較しているから気になったら見てみてください。

ワードプレスを使うのに安いレンタルサーバーのおすすめはロリポップ!

最初に書いてしまうと料金の安さを求めてワードプレスを使うならおすすめはロリポップ!です。ロリポップ!の魅力は料金の安さにあってどのプランでもわりかし安く使うことができる。

 ロリポップ!の料金プラン

 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
1ヶ月132円/月440円/月880円/月1,320円 /月2,530円/月
3ヶ月132円/月418円/月770円/月1,210円/月2,530円/月
6ヶ月132円/月385円/月715円/月990円/月2,200円/月
12ヶ月132円/月330円/月660円/月825円/月2,200円/月
24ヶ月132円/月275円/月550円/月770円/月2,200円/月
36ヶ月99 円/月220 円/月440 円/月550 円/月2,200円/月
初期費用
1,650円

1,650円

1,650円

0円

3,300円

プランはいくつかあるけど、おすすめはスタンダードプランです。エコノミーが最安だけど、エコノミーだと使えない機能が多くてきついです。ライトプランも安くていいんだけど、もうちょっとスペックが正直欲しい。

ワードプレスを使うならスタンダードプランがおすすめです。

スタンダードプラン 詳細はこちら

いやそれでも私は安いライトプランで勝負したい!っていう場合はライトプランとスタンダードプランを比較した記事があるので以下の記事を参考にしてみてください。

 ロリポップ!のハイスピードプランはどうなの?

よりスペックを求めるならロリポップ!のスタンダードプランじゃなくてハイスピードプランを使うのをおすすめします。スタンダードプランと比べると料金が高くなるから機能的にも良くなる。

 スタンダードプランハイスピードプラン
初期費用1650円0円
月額料金440円〜550円〜
自動バックアップ-無料(復旧手数料11,000円)
LiteSpeed-
転送量無制限無制限
容量300GB400GB
ドメインずっと無料-

復旧手数料11,000円はかかるけど、自動バックアップも無料でついてくる。WebサーバーもLiteSpeedっていう速めのものを使うことができます。

 ロリポップ!の気になる点

ロリポップ!は料金も安くて機能的にも良いんだけど、管理画面がちょっと一昔前というかそんな感じのデザインがちょっと気になります。

ロリポップ管理画面

この管理画面にある左のサイドバーからいろんな設定をしていくんだけど、デザインが現代的ではないですよね。料金的にも機能的にもは悪くないんだけど、ちょっと気になってしまいます。

 ロリポップ!でワードプレスブログを開設する

ロリポップ!でワードプレスブログを作りたかったら以下の記事でワードプレスブログをロリポップ!で開設するっていうことをやっているから良かったら参考にしてみてください。

ConoHa WINGも安くてワードプレスにおすすめ

料金を重視してロリポップ!をおすすめしたけど、ConoHa WINGも悪くないです。ちょっと料金は上がってしまうけど、ConoHa WINGも高くはない。

 ConoHa WINGの料金プラン

 ベーシックスタンダードプレミアムリザーブド
3ヶ月1210円/月2,530 円/月5,060 円/月1540円/月
6ヶ月1,100 円/月2,365 円/月4,730 円/月1430円/月
12ヶ月911 円/月2,145 円/月4,290 円/月1320円/月
24ヶ月861 円/月2,035 円/月4,070 円/月1265円/月
36ヶ月740 円/月1,925 円/月3,850 円/月1210円/月
ロリポップ!と比べるとちょっと高く感じてしまうけど、ベーシックプランを12ヶ月契約で月額1000円しないぐらい。ちなみにConoHa WINGのおすすめプランはベーシックプランだから、ConoHa WINGがいいなって思う場合はベーシックプランをまず使ってみることをおすすめします。

 ConoHa WINGにはWordPressかんたんセットアップがある

ConoHa WINGには契約するとすぐにワードプレスブログを作成することのできるWordpressかんたんセットアップっていう機能があります。自分でいろいろやる必要がなくなるので、ワードプレスを始めたい方にはおすすめです。

WordPressかんたんセットアップでやってくれること
  • 独自ドメインの設定
  • ワードプレスのインストール
  • SSL設定

料金を気にしないならConoHa WINGの方がおすすめ

今回は価格重視でロリポップ!を挙げているけど、ちょっと高くてもいいなら初心者にはConoHa WINGがおすすめです。管理画面が分かりやすくWINGパックならドメインも2つ無料で使うことができます。

ロリポップ!とConoHa WINGを比較

ロリポップ!とConoHa WINGの機能を見てみましょう。

 conoHaWINGロリポップ!
CPU非公開非公開
SSDベーシック:300GB
スタンダード:400GB
プレミアム:500GB
エコノミー:20GB
ライト:100GB
スタンダード:150GB
ハイスピード:250GB
エンタープライズ:1TB
無料独自SSL無料無料
データベースMySQLMySQL5.7
データベース数無制限エコノミー:0個
ライト:1個
スタンダード:50個
ハイスピード:無制限
エンタープライズ:無制限
マルチドメイン無制限エコノミー:50個
ライト:100個
スタンダード:200個
ハイスピード:無制限
エンタープライズ:無制限
CRON
ワードプレス簡単インストール機能
自動バックアップ無料自動バックアップ…ハイスピード、エンタープライズ
7世代バックアップ…全プラン
.htaccess編集
ドメイン毎のPHPバージョン切り替え不可可能
FTP
SSHスタンダードプラン以上で利用可能
サポート電話・メール・チャットメール・チャット・電話
見ても分からない・・・
そうだよね、これは見てもパッとしない

そうなんです。これは正直見ても分かりづらいから比較して気になる点を挙げていきます。

自動バックアップで選ぶならConoHa WING

自動バックアップ機能で選ぶならConoHa WINGをおすすめします。ロリポップ!にもバックアップ機能はあるけど、料金がかかってしまいます。

ロリポップ!のバックアップ機能
  • 第7世代バックアップ・・・ロリポップ!には月額330円で簡単にWebサーバーとデータベースサーバーの自動バックアップが行える
  • 自動バックアップ・・・ハイスピードプラン・エンタープライズプラン限定で利用できる無料の自動バックアップ作成機能。復旧手数料11,000円がかかる。

ConoHa WINGなら無料でバックアップ機能を使えるから安心です。

ドメイン毎のPHPバージョン切り替えができるロリポップ!

ロリポップ!ではドメイン毎でPHPのバージョン切り替えができます。ドメイン毎のPHPバージョン切り替えって何?っていうところだけど、これは複数サイトを作った時に気になってくる。

ドメインごとのバージョン切り替えができる
  • aaa.com・・・PHPバージョン8.0
  • bbb.com・・・PHPバージョン7.4
    ドメインごとのバージョン切り替えができない
    • aaa.com・・・PHPバージョン8.0
    • bbb.com・・・PHPバージョン8.0

      ドメイン毎のPHPバージョン切り替えができると別のサイトで違うバージョンのPHPを使うことができます。

      例えば2つ目のサイトではPHP7.4でしか動かないプラグインを使いたい!となっても1つ目のサイトでPHP8.0を使っていたら1つ目のサイトのPHPバージョンもろともPHP7.4にするしかありません。

      ドメイン毎のPHPバージョン切り替えができないと全てのサイトで同じPHPバージョンを使わざるを得なくなります。こういうことを気にする場合はロリポップ!を使うのがおすすめです。

       ロリポップ!とConoHa WINGの比較記事

      もっとロリポップ!とConoHa WINGの比較を知りたいっていう場合は以下の記事で書いているのでよかったら見てみてください。

      ワードプレスにおすすめの安いレンタルサーバーまとめ

      今回は料金重視でワードプレスを使えるレンタルサーバーを選んでみたけど、紹介したのはロリポップ!とConoHa WINGです。

      ロリポップ!がおすすめな人
      • 安さ重視でワードプレスブログを作りたい
      • 管理画面のデザインが良くなくても良い人
        ConoHa WINGがおすすめな人
        • ドメイン毎のPHPバージョン切り替えができなくても良い人
        • 優しい管理画面が良い人

        料金をあまり考えなくていいならConoHa WING、料金重視ならロリポップ!がおすすめです。