動画オープニング作成のおすすめソフト2選と作り方を紹介します!

動画のオープニング作りたいんだけどどう作るんだろう?

そんな悩みを解決するために今回は動画のオープニングを作るにはどういった方法を取ればいいのか?を書いていきます。

記事の内容
  • 動画のオープニング作成におすすめのソフト
  • Canvaを使った動画のオープニング作成方法
  • AfterEffectsを使った動画のオープニング作成方法

    動画のオープニングをどう作ったらいいのか迷ったら参考にしてみてください。それぞれどんなものを作れるのか例を取ってやっていきたいと思います。

    動画のオープニング作成方法を見ていこう

    動画のオープニング作成におすすめのソフト2選

    動画のオープニング作成におすすめのソフトは以下の2つです。

    オープニング作成におすすめのソフト
    • Canva・・・ブラウザから使える画像編集ソフト
    • AfterEffects・・・Adobeの動画合成・アニメーション作成ソフト

      Canvaは動画のサムネイルを作るのに有名だったりするけど、動画を作ることもできます。

      AfterEffectsはAdobeのアニメーションなどを作ることができるソフトですね。

       簡単に動画のオープニングを作りたいならCanva

      Canvaの魅力は何よりも作るのが簡単というところにあります。

      Canvaの魅力
      • 豊富なテンプレート
      • 豊富な素材
      • テキスト素材

      テンプレートにはもちろん動画のテンプレートもあってそれらを使うことで簡単に動画のオープニングを作成することができます。

       凝った動画のオープニングを作りたいならAfterEffects

      AfterEffectsには豊富なエフェクトがあるので、それらを駆使して様々な動画を作ることができます。

      AfterEffectsでできること
      • モーショングラフィックス
      • 動画の合成
      • 動画編集
      • ・・・

      AfterEffectsはできることの幅が広いですが、正直使いこなすのは難しいです。できることが多い分何を使ってどこをどういじったらいいのか分かりづらい。

      ただかなり細かく作れるので自分のイメージ通りのものやオリジナリティあふれるものを作ることができるでしょう。

      CanvaとAfterEffectsを使ったオープニングの作り方を見ていこう

      Canvaを使った動画のオープニング作成方法

      Canvaには動画のテンプレートが用意されているので、それらを使ってオープニングを作るのが簡単です。

      Canvaでテンプレートを使ってオープニングを作る
      1. テンプレートからオープニングに使えそうなテンプレートを選ぶ
      2. テンプレートを編集する

      もちろんテンプレートを使わずに素材やテキストを配置して作ることもできるけど、テンプレートを使った方が圧倒的に簡単です。

       オープニングに使えそうなテンプレートを選ぶ

      いくつかテンプレートにある動画を見てみるとこんな感じです。

      これらはテンプレートをそのまま使っただけなんだけど結構良い感じのクオリティですよね。

       テンプレートの文言を変更する

      テンプレートの文言や使われている素材などは変更することができるから自分の好きなように変種してみましょう。

      試しにテキストだけ変更してみるとこんな感じです。

      テンプレートをちょっと変更するだけでそれっぽいものができてしまうのは良いですよね。

      テンプレートを使わずに素材やテキストを組み合わせてアニメーションさせることもできるから、テンプレートを使いたくない人は色々素材を見てみるといいですよ。

       Canvaは簡単に作りたい人におすすめ

      見ての通りCanvaはかなり簡単に動画を作ることができます。ただ基本的に用意されているものを使ってアニメーションさせていくのが主になるから、オリジナリティを追求したい人にはちょっと物足りないかもしれない。

      ただ自分でアップロードした画像や動画も使うことができるから、それらを組み合わせて使ってみるといいでしょう。

      Canvaには有料版のCanvaProっていうのがあるんだけど、CanvaProでしか使えない素材など結構多いです。使うならCanvaProをおすすめします。月額1000円ぐらいですね。

      30日間の無料トライアル期間あり

      AfterEffectsを使った動画のオープニング作成方法

      AfterEffectsでは様々なものを作ることができるんだけど、オープニングのような動画を作ることもできる。このサイトのドメイン名を使って作ったものがあるけど、何となくイメージが湧くんじゃないだろうか。

       AfterEffectsの動画例

      AfterEffectsで作ったモーショングラフィックス

      結構雑に作ったものだけど、何となくオープニングが作れそうなイメージは湧いたんじゃないかなと思います。AfterEffectsはかなり機能があるから自分のアイディア次第で様々なアニメーションを作ることができる。

       AfterEffectsを使ったオープニング動画の作り方

      動画に使いたい素材をインポートしたら以下のことを組み合わせることで動画を作ることができます。

      動画を作る
      • 画像などの素材に動きを付ける
      • テキストを作成して動きを付ける
      • 図形を作成して動きを付ける

      「おお!」となるような動画なら複数のエフェクトや動きが組み合わせられて作られているはずです。それらが数秒間に詰め込まれているイメージ。

      AfterEffectsを使ったオープニング動画の作り方例

      試しにこの動画を例にとってどんな風に作っていったのかをやっていきます。

       背景の作成

      背景は赤っぽい単色の背景に丸い図形を組み合わせて作っています。

      背景の丸は動いてほしいので、回転させています。(シェイプレイヤーで円を作成してリピーターで数を増やして回転させる動きを付けています)

       素材のインポートして動きを付ける

      背景を作ったら動画に使う素材をAfterEffectsに取り込みます。取り込んだらそのイラストが飛び出してくるようなアニメーションをキーフレームを打ってつける。

      (位置と大きさのキーフレームを調整して動きを付けているよ)

      ちなみにこの四角い図形はシェイプレイヤーっていうもので四角い図形を作っているだけですね。

       全体にアニメーションを付ける

      動画全体をズームさせて次に画面に移行させています。

      以下のようなことを行っていますね。

      • 動画全体を拡大
      • ぼやけさせるエフェクトを拡大時に付与
      • 丸型の図形を2つ作成してアニメーションを付与

      結構シンプルな動きとエフェクトしか使っていないけど、これらを1秒間ぐらいの間に詰め込みます。

       テキストアニメーションを付ける

      最後はテキストアニメーションを付け、イラストに動きを付ければ完成です。(テキストにはリニアワイプ、イラストには一のキーフレームを付けて動きを付けています)

      AfterEffectsは凝ったオープニングを作りたい人におすすめ

      AfterEffectsは最初は難しいと思うし、機能が多すぎてどう使ったらいいんだろう?と迷うことも多いけどその分かなりいろんなことができます。自分だけのオリジナリティあふれるアニメーションを作りたいならAfterEffectsがおすすめです。

      7日間の無料期間あり

      動画のオープニング作成まとめ

       簡単に作りたいならCanva

      Canvaにはオープニングに使えるテンプレートや様々な素材が用意されています。テンプレートを使えばテキストを変えるだけでもなかなか良い感じの動画になってくれる。

      テンプレートを使わずにアニメーションを付けて作ることもできるけど、テンプレートを使うのが楽です。

      30日間の無料トライアル期間あり

       凝ったものを作りたいならAfterEffects

      何か凝ったものを作りたいならAfterEffectsがおすすめです。ただAfterEffectsはちょっと難しいので、最初は何を使ってどう作ればいいのか分からないと思います。勉強しつつ素敵なオープニングを作れるようになりましょう。

      7日間の無料期間あり