AfterEffectsでスライドショーを作成する方法を紹介します【簡単】

スライドショーをAfterEffectsで作りたいんだけどどうやるんだろう?

そんな悩みを解消するために、この記事ではAfterEffectsでスライドショーを作成する方法を紹介します。

 AfterEffectsでいろいろ作ってきたよ

AfterEffectsは結構面白くて今まで色々作ってきました。このブログでもいくつか記事を書いているからAfterEffects気になったら参考にしてみてください。

良い感じのアニメーション作りたいならAfterEffectsは好きなはず。

今回はAfterEffectsでスライドアニメーションを簡単に作っていきます。

AfterEffectsでスライドショーを簡単に作成する方法

aftereffectsスライドショー

単純に画像や動画をスライドにして流すっていうことはとても簡単。

スライドショーを簡単に作る流れ
  1. スライドショーに流したい画像や動画を用意する
  2. 画像や動画をインポート
  3. コンポジションに合うようにサイズを合わせる
  4. シーケンスレイヤーで並べる

まずはスライドショーに使いたい画像や動画をAfterEffectsにインポートです。

aftereffectsに素材をインポート

このままだとコンポジションのサイズに画像や動画の大きさが合わないので調整しましょう。それぞれ手動で調整してもいいんですが、面倒なのでFlip to Compで合わせます。

素材の大きさをコンポジションに合わせる

次にそれぞれの画像や動画をどれぐらいスライド内で表示させたいかを設定。それぞれを異なる時間で設定してもいいですが、面倒なので一括でカットします。

表示時間を調整

後はこれらを並べるだけです。[アニメーション→キーフレーム補助→シーケンスレイヤー]と進みましょう。

シーケンスレイヤーをクリック

オーバーラップにチェックを入れると素材の間にトランジションを設定することができます。

オーバーラップを入れる

例えば1秒でDissolve Front Layerを設定するとこんな風にレイヤーが重なってトランジションが設定されます。

トランジションが入る

オーバーラップを設定しなければ、レイヤーが重なることはないです。

オーバーラップを設定しない場合

後は書き出せばスライドショーが出来上がります。

 オーバーラップを付けて作るとこんな感じ

aftereffectsスライドショー

オーバーラップにチェックを入れて作るとトランジションが設定されるので、素材ごとの遷移が綺麗になります。簡単にできるから良いですよね。

奥行のあるスライドショーにする

AfterEffectsでスライドショーを作るといっても色々あると思うけど、もう一個ぐらい書いておきます。奥行きのあるスライドアニメーションです。

3Dレイヤーを使ったスライドアニメーション

けっこう雑にやってしまったから写真のサイズや位置が微妙だったりするけど、こういうアニメーションを作ることもできます。作り方は以下の流れできる。

奥行きのあるスライドアニメーションを作る
  1. 素材を3Dレイヤー化
  2. カメラを設置
  3. 素材の位置を調整
  4. カメラにアニメーションを付ける

素材を3Dレイヤー化するのがポイントで後はカメラを動かしていくだけだからそこまで難しいものでもないです。

まずは3Dレイヤー化してカメラを設置します。

カメラを設置し、素材を3Dレイヤー化

カメラを設置したらアクティブカメラを見れるように2画面にしておくといいです。

2画面にする

カメラに動きを付けたらそれに合わせて素材の位置も調整します。

カメラに動きを付ける素材の位置を調整する

奥行きがあるように調整していくといいですよ。

3Dレイヤーを使ったスライドアニメーション

AfterEffectsでスライドショーを作る方法まとめ

AfterEffectsでスライドショーを作るなら簡単な方法は最初に書いた以下の方法です。

  1. スライドショーに流したい画像や動画を用意する
  2. 画像や動画をインポート
  3. コンポジションに合うようにサイズを合わせる
  4. シーケンスレイヤーで並べる

シーケンスレイヤーがとても便利で簡単にスライドショーを作ることができてしまいます。

 いろんなスライドショーが作れるよ

AfterEffectsは機能が豊富なので作ろうと思ったらいろんなスライドショーを作ることができます。この記事で紹介した方法は2つだけど、思い描いているスライドショーがあるならいろいろ試してみるといいですよ。