社会人におすすめのプログラミングスクール10選!選ぶポイントも紹介します

プログラミング学習したいけど社会人におすすめのスクールってどこなんだろう?

今回はそんな悩みを解消するべく社会人におすすめのプログラミングスクールを紹介していきます。あなたが社会人でプログラミングスクールを検討しているということは、プログラミングを学んでエンジニア転職も考えてみたいと思っているのではないでしょうか。

今では転職サポートのついているプログラミングスクールも多いです。エンジニアとして今後働いていきたいと考えている方はいくつかのスクールを見比べてみるといいですよ。

 自分もプログラミングスクールを利用していました

社会人になってからではないけど、自分もプログラミングスクールを利用してプログラミングを学んでいました。分からないところは質問してすぐに解消することができて良かったです。

すぐに分からない点を聞いて効率よく学習することができるのがスクールの魅力の1つ

プログラミングを学んで業務に生かすも、エンジニア転職してエンジニアとして働くのもいいでしょう。社会人におすすめのプログラミングスクールを見ていきましょう。

社会人がプログラミングスクールを選ぶポイント

プログラミングスクールといってもその数はかなりのものです。なのでどういった基準でプログラミングスクールを選べばいいのか?が大事になってきます。ここではプログラミングスクールの紹介をする前にどこを注目して選べばいいのか?を書いていきます。

 質問回答時間

プログラミングスクールを利用することで得られる大きなメリットが分からないところを質問できるところです。この質問の回答が得られる時間を気にしておきましょう。

  • 質問回答時間が何時~何時までなのか
  • どれぐらいで質問が回答されるか

例えば土日にメインに学習したとしてもその時間に質問してすぐに回答が得られなければ効率が悪いです。自分が学習する時間に質問して回答を得られるのか?っていうことは受講前に必ず確認しよう。

 転職サポートがあるか

エンジニア転職を考えている場合は、転職サポートがあるかを確認しておきましょう。自己分析や書類作成、模擬面接などの対策をすることができるスクールもあります。

  • 転職先の紹介
  • 面接対策
  • 案件紹介

転職を見据えているならチェックしておきましょう。

単なる学習だけで終わらないか

プログラミングを学習するだけならいいですが、プログラミングスクールを利用するならその後どうしたいか?っていうのがあるはずです。

転職を見据えたりフリーとして案件を得たかったりそれぞれ思い描く未来があるでしょう。そういったエンジニアとして仕事をするためには自分自身のポートフォリオやオリジナルサービスなどがあった方が良いです。

  • ポートフォリオ作成サポート
  • オリジナルサービス作成サポート

ポートフォリオ作成、オリジナルサービス作成などサポートがあるかは確認しておきましょう。

社会人におすすめのプログラミングスクール8選

DMM Web Camp

DMM WebCamp

  • 学習サポートとして1回25分、週に2回の定期メンタリングを実施
  • 毎日15時〜23時に常駐の現役エンジニア講師が素早く回答するチャットサポート
  • 学習中に出される課題に対するレビューも無制限で受けることが可能
  • 完全オンライン完結で、24時間どこでも学習が可能

毎日23時まで質問回答を得ることができるのはいいですね。仕事終わりに学習して分からないことがあっても聞くことができます。

また、DMMWebCampエンジニア転職コースにはヒアリング・自己分析、履歴書・職務経歴書添削、面接対策・企業紹介のサポートがついているので、転職を考えている方におすすめです。

 DMMWebCampの料金プラン

  料金キャッシュバック適用後
通常コース全コース4週間プラン:169,800円(税込)
8週間プラン:224,800円(税込)
12週間プラン: 279,800円(税込)
16週間プラン: 334,800円(税込)
4週間プラン:118,860円(税込)
8週間プラン:157,360円(税込)
12週間プラン: 195,860円(税込)
16週間プラン: 234,360円(税込)
転職特化型コース短期集中コース690,800円(税込)640,800円(税込)
専門技術コース910,800円(税込)340,800円(税込)
(給付金制度も適用)
就業両立コース756,800円(税込)726,800円(税込)

転職特化型の3つのコースはサポートがついている分料金が高くなってしまうけれど、キャッシュバックや給付金制度を活用すれば多少安くすることができます。

プログラミングスクールでの学習を終えた後に転職を考えている方は転職特化型のコースを検討してみるといいでしょう。

RUNTEQ

RUNTEQ

  • 800~1000時間の学習量
  • 中間試験と卒業試験を実施することで理解度を確認
  • 質問対応は平日 11:00 ~ 22:00・土日 10:00 ~ 18:00(水・祝休み)
  • ポートフォリオ作成サポート
  • 月2回のオンライン面談
  • Webエンジニアとして就職、就職後もRUNTEQコミュニティに参加

RUNTEQは800~1000時間の学習量と相当の学習量です。週に20時間ほどやって10ヶ月ぐらいでしょうか。約9ヶ月/1000時間以上の実践的な学習と書かれているから大体それぐらいですね。

RUNTEQは課題解決型のカリキュラムということで自分で考えて主体的に開発していく力を養うことができる。

 RUNTEQの料金プラン

 一括料金分割料金
Webマスターコース料金 437,800円 (税込み)分割月々 ¥21,000 (税込み) 〜

コースが1つで分かりやすいですね。

またカリキュラムの詳細はカリキュラムの詳細から見ることができるから気になったら見てみるといいですよ。Railsを使っての開発を学べます。

CodeCamp

CodeCamp

  • 無料カウンセリング受講で1万円OFF
  • 毎日7時〜24時まで時間・場所を選ばずに学習できる
  • 転職コースなら基礎スキルの習得後に専属のエンジニアメンターとチーム開発を実践

オーダーメイドコース・マスターコース・エンジニア転職を目的としたCodeCampGateがありますが、チャットサポートがあるオーダーメイドコースかCodeCampGateをおすすめします。

レッスンがあるので講師とマンツーマンで話せる時間が欲しいっていう方に良いですね。

 CodeCampの料金プラン

 入学金6ヶ月プラン4ヶ月プラン2ヶ月プラン
マスターコース33,000円330,000円275,000円165,000円
オーダーメイドコース33,000円495,000円385,000円275,000円
CodeCampGATE33,000円495,000円(税込)
  • マスターコース・・・RubyやJava、アプリなどコースを選んで学習可能
  • オーダーメイドコース・・・全30種以上のカリキュラムが学び放題
  • CodeCampGate・・・Webサービスを開発するための基礎スキル(HTML/CSS、JavaScript、PHP/MySQL、Laravel)から、実務で必要なチーム開発の手法、セキュリティに関する知識を学べる。

RaiseTech

raisetech

RaiseTech

  • リアルタイム授業と録画授業の両方で学習ができる
  • 受講期間中も受講後も半永久的に質疑応答OK
  • 希望者全員と個人面談を実施
  • 就職支援・転職支援がある
  • Web制作のお仕事を副業または、フリーランスとして案件を獲得することを目指す方向けの支援制度がある

RaiseTechには転職コースっていうものがあるわけではないけど、就職支援や転職支援・案件獲得支援など豊富です。

転職支援では 転職クエスト との提携や、学習状況をポートフォリオ化する BuildUp との提携により受講生が転職したい会社への転職をサポートします! 案件獲得支援ではWSSクラスと提携し、営業手法、案件を取る場所、書類の添削にいたるまでサポートします! 

個人面談をしてくれたり受講生同士のコミュニティに参加できたりと学習を挫折させないような工夫もされています。

 RaiseTechの料金プラン

 料金
Javaフルコース
AWSフルコース
448,000円 (税込)
WordPress副業コース
デザインコース
348,000円 (税込)
Lステップコース
Reactコース
298,000円 (税込)

いくつかコースがあるから、自分が学びたい内容に応じて選んでみるといいでしょう。受講料+79,800円で、合計2コース無期限受け放題!っていうコースもあります。

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ

  • 専用の質問サイトにて毎日10時〜23時で幅広く質問が可能
  • 2,000件程の過去の受講生の質問も見れる
  • キャリアカウンセラーが転職をサポート
  • 完全オンライン

ポテパンキャンプはRuby on Railsを用いたカリキュラムでプログラミングを学習することができます。転職を見据えている気持ちとしては、サイト内に提携企業様から紹介手数料をいただきませんって書かれているのが安心感を与えてくれますね。

ポテパンキャンプは、受講生のWeb系開発企業への転職成功を第一に考えているため、提携企業様から一切の紹介手数料をいただいておりません。そのため、100社以上ものWeb系開発企業と提携が進んでおり、受講生の方々に対して幅広い求人のご紹介が可能となっております。

 ポテパンキャンプの料金プラン

 料金
Railsキャリアコース税込 440,000円

テックキャンプ

テックキャンプ

  • 14日間無条件返金保証
  • 3,200名を超える転職決定実績
  • 講師に質問し放題
  • 学習スケジュールやモチベーションを支援するライフコーチ・キャリア形成を支援するキャリアアドバイザー

テックキャンプはRubyやRuby on Railsを使ったカリキュラムでプログラミングを学ぶことができます。長くプログラミングスクールをやっていることもあり転職実績も豊富です。

カリキュラムに関してはRuby言語開発者のまつもとゆきひろ氏が監修ということで安心感がありますね。

TwitterやHulu、食べログなどの有名サービスの開発に使われたRuby言語の開発者であり、数々の有名IT企業の技術顧問を務める
まつもと氏が監修。プログラミング言語開発者が監修したカリキュラムだから、プログラミング未経験でも着実にエンジニアスキルが身につきます。

 テックキャンプの料金プラン

テックキャンプにはプログラミング教養とエンジニア転職のコースがある。

 入学金月額料金
プログラミング教養217,800円21,780円(初月無料)
 月額料金給付金適用後
エンジニア転職
短期集中スタイル
657,800円
(税込)
197,340円(税込)
エンジニア転職
夜間・休日スタイル
877,800円
(税込)
317,800円(税込)

エンジニア転職コースの場合は、短期集中か夜間・休日スタイルか選ぶことができるから自分が学習しやすいスタイルの方で受講しよう。

TECH I.S

  • 学習内容は業界の最先端の方々が監修
  • 初学者からWebエンジニアになるためのスキルを6ヶ月で学習できる課題
  • 実際の開発チームを体験・実践
  • 6ヶ月学習+6ヶ月のキャリアサポート
  • 面接練習やポートフォリオ指導、就職先紹介などの豊富なサポート
  • 5分以内に対面で質問対応

TECH I.S.は5分以内に質問を対応してくれるというのがとても良い。プログラミングスクールを利用するメリットの1つははこの分からない点を解決するところにあると思うから質問回答の安心感があります。

また人気のコースでは6ヶ月の学習期間+6ヶ月のキャリアサポート計1年間のプランが組まれていたりとサポート体制も良いですね。

 TECH I.S.の料金プラン

  給付金適用後
長期PROスキルコース686,400円(税込)205,920円(税込)
短期スキルコース343,200円(税込)
データサイエンティストコース987,800円(税込)427,800円(税込)

コースは3つありますが、エンジニアとしてこれから働くことを考えるなら長期PROスキルコースをおすすめします。

SAMURAI ENGINEER

  • 専属マンツーマン×オリジナルカリキュラム
  • すべてのコースでいつでも質問相談ができる環境
  • コースの種類が豊富
  • 学生料金がある

SAMURAI ENGINEERはコースの種類が豊富で学生料金があります。いくつかコースがあるから自分が学びたいコースを選ぶといいでしょう。転職保証コースではAWSのことを学ぶことができる。他のプログラミングスクールでAWSを学ぶことのできるところは少ないので珍しいですね。

 SAMURAI ENGINEERの料金プラン

 入学金料金学生料金
デビューコース¥99,0004週間プラン:¥66,000
12週間プラン:¥198,000
24週間プラン:¥297,000
4週間プラン:¥59,400
12週間プラン:¥178,200
24週間プラン:¥267,300
エキスパートコース¥99,00012週間プラン:¥495,000
24週間プラン:¥781,000
36週間プラン:¥990,000
48週間プラン: ¥1,188,000
12週間プラン:¥445,500
24週間プラン:¥702,900
36週間プラン:¥891,000
48週間プラン: ¥1,069,200
転職保証コース¥99,00016週間プラン:¥495,000
24週間プラン:¥781,000
フリーランスコース¥99,00012週間プラン:¥495,000
24週間プラン:¥781,000
36週間プラン:¥990,000
48週間プラン: ¥1,188,000
12週間プラン:¥445,500
24週間プラン:¥702,900
36週間プラン:¥891,000
48週間プラン: ¥1,069,200
Webデザインコース¥99,0004週間プラン:¥99,000
12週間プラン:¥99,000
24週間プラン:¥99,000
4週間プラン:¥59,400
12週間プラン:¥178,200
24週間プラン:¥267,300
AIコース¥99,00012週間プラン:¥583,000
24週間プラン:¥990,000
36週間プラン:¥1,320,000
48週間プラン: ¥1,595,000
12週間プラン:¥524,700
24週間プラン:¥891,000
36週間プラン:¥1,188,000
48週間プラン : ¥1,435,500

いくつかコースがあってどれを選べばいいのか判断しづらいと思います。無料カウンセリングがあるから迷ったらそこで聞いてみるといいですよ。

COACHTECH

COACH TECH

  • フリーランス特化型のプログラミングスクール
  • PMと共に実際の案件開発を担当することができる
  • 要件定義から納品までの案件開発の一連の流れを行う
  • COACHTECH Proでは、実際の企業からのWebアプリ開発案件を保証

COACHTECHはフリーランス特化型のプログラミングスクール。フリーランスとして初めての開発案件を保証してくれるっていうのは凄いですね。フリーランスエンジニアとして最初の案件を獲得するのはハードルが高いからそこを保証してくれるのは嬉しい。

 COACH TECHの料金プラン

 料金
5ヵ月プラン¥ 440,000(税込)
7ヵ月プラン¥ 550,000(税込)

5か月・7か月どちらかを選ぶことができるから、自分の使える時間と相談してどちらかを選択するといいですね。

TECH ACADEMY

TechAcademy

  • PythonやJava、PHPなど複数のコースがある
  • 1000社以上の未経験者向け求人
  • 毎日15時〜23時のチャットサポート
  • 回数無制限の課題レビュー

テックアカデミーはかなり多くのコースを提供しているプログラミングスクール。エンジニア転職コースでは週2回のマンツーマンメンタリングや面接対策、求人紹介などをしてくれます。

 TECH ACADEMYの料金プラン

 4週間プラン8週間プラン12週間プラン16週間プラン
通常のコース社会人174,900円(税込)
学生163,900円(税込)
社会人229,900円(税込)
学生196,900円(税込)
社会人284,900円(税込)
学生229,900円(税込
社会人339,900円(税込)
学生262,900円(税込)
エンジニア転職保証コース437,800円(税込)

TECH ACADEMYのコースは他にもたくさんあって動画広告クリエイターコースや2つのコースを同時に受けられるお得なセットなどがあります。受講の際はどのコースを受けるべきかホームページを確認してみましょう。

項目別でプログラミングスクールを選ぶ

給付金を活用できるプログラミングスクール

できるだけ安くプログラミングスクールを利用したいなら給付金を活用できるプログラミングスクールを選ぶといいです。給付金を活用すると40万円ほど安くなったりするのでおすすめです。

給付金が活用できるスクール

価格を安く抑えたいのであれば上記のスクールで自分が学びたいと思えるところを選ぶといいでしょう。

ポートフォリオ作成サポートで選ぶ

ポートフォリオ作成は質問対応などで作っていくことはできるかもしれないけど、ポートフォリオ作成のサポートをしてもらいたいなら以下のプログラミングスクールから選んでみるといいでしょう。

ポートフォリオ作成サポート
  • DMM WebCamp・・・エンジニア転職コースでは転職活動でスキルをアピールできるポートフォリオを作成することができる(個人開発)
  • RUNTEQ・・・ER図、画面設計、実装などの技術サポート。ポートフォリオの企画レビュー、アイディア出しをサポート。
  • CodeCamp・・・追加料金でオリジナルサービスの作成やポートフォリオ制作/転職の支援などをうけることができる
  • ポテパンキャンプ・・・オリジナルポートフォリオの企画・作成のサポート
  • TECH I.S・・・ポートフォリオ指導がある
  • COACHTECH・・・原則1回のみのポートフォリオ添削がある

カリキュラムに書いていない部分をサポートしてくれるのは嬉しいですよね。ポートフォリオや個人開発サービスがあれば、それをもって転職活動に臨むことができる。こういったサポートが欲しい場合は事前にプログラミングスクールのホームページを確認しておくといいですよ。

フリーランス目的で選ぶ

フリーランス目的ならCOACHTECHが良いですね。フリーランスで懸念事項になる初めての開発案件を保証してくれるっていうのは魅力です。最初の案件獲得はフリーランスなら気にするところですからそこを保証してくれるのは良いですね。

案件獲得・転職までの流れは6か月として紹介されていますね。

プログラミングスクールで学習しまくろう

いくつかプログラミングスクールはあるけど、その中からプログラミングスクールを選んだらそのスクールから提供されるカリキュラムをやりまくりましょう。分からないところがあれば質問して学習を進めていきます。

  • 持てる時間をすべて使う勢いで学習する
  • 分からないところは講師やメンターに質問して進める

プログラミングスクールの強みは分からない点をすぐに解決して先に進めることです。独学だと解決が困難な点も質問することで簡単に解決できます。

 本気で勉強しよう

プログラミングを学習してエンジニアとして働くまでには多くの知識が必要です。正直甘くないです。自分でプログラムを書けるようになって何かを作れるようになっても、エンジニア転職を目指すならまた企業対策や就職のための面接対策をしなければなりません。

晴れてエンジニアになっても学習は続くでしょう。特に1年目は分からないことばかりだと思います。先輩の話していることは何か分からないし、どうやって実装すればいいのか分からないことも多々出てくるはずです。

だけどそうやって学習を続けていればできることも多くなって、前よりたくさんのものを作れることに気付いているでしょう。学習を進めて素敵なエンジニアになろう。