Adobeで動画編集する際のおすすめプラン・ソフト4選を紹介します!

今回は動画編集でAdobeのソフトを使う際に何のプラン・ソフトを使ってやればいいのか?っていうことを書いていきます。

自分はAdobeのコンプリートプランを使っていて、いくつかのソフトを今まで使った来たのでそれらの経験を踏まえて書いていきたい。

  • 動画編集をする際のおすすめAdobeプラン
  • 動画編集する際に使うAdobeソフト

上のことを紹介していきます。これからAdobeソフトを使って動画編集を考えているなら参考にしてみてください。

Adobeの料金プランは3種類

おすすめのプランを紹介する前にAdobeソフトの料金プランがどうなっているのかを見ていきましょう。

どれぐらいの価格は使う前に知らないとね。

Adobeの料金プランは3つに分かれています。

Adobeのプラン種別
  • 単体プラン・・・ソフト単体の料金プラン。ソフトによって変わるけどほとんど2,728円/月(税込)
  • フォトプラン・・・PhotoshopとLightRoomを使えるプラン。1,078円/月(税込)。
  • コンプリートプラン・・・複数のソフトが使えるプラン。6,248円/月 (税込)。

フォトプランはちょっと特殊だから、単体プランとコンプリートプランを考えてみるといいです。

両者の違いは、例えばPremiereProを使いたかったら2,728円/月で使うことができるけど、6,248円/月 のCreativeCloudコンプリートプランならPremiereProを含めて複数のAdobeソフトを使うことができる。

複数使える方が良いけど単体プランと比べるとソフトを複数使える分当然料金は高くなる。どっちのプランを使えばいいか?だけどこれは自分が何のソフトを使うのかによって変わってくる。

何種類のソフトを使うかを気にするといいです

使うAdobeソフトの見極めが必要

使うソフトが1つだけなら単体プランを利用すればそれだけで済みます。複数使うならコンプリートプランを使うのが良いから、自分の動画編集に何のソフトが必要かを見極めよう。

自分はAdobeのコンプリートプランを使っていて、動画編集をしたりもするから自分が思う必要なソフトを紹介します。

動画編集に使うソフト
  • PremierePro・・・基本的な動画編集に加えて様々なエフェクトを使うことができる。
  • AfterEffects・・・凝ったアニメーションを作ることができる。動画編集も一応できる。
  • Audition・・・音声の編集をすることができる。ノイズ除去におすすめ。
  • Photoshop・・・動画の素材を作ったり加工するのにおすすめ。

自分が動画編集で使うソフトはこの辺りなんだけど、イメージより多いでしょうか。カットやテロップ・BGM挿入など基本的な動画編集だけならPremiereProだけで良いと思います。

PremiereProだけでYoutubeにあるような動画編集はできるよ

凝ったアニメーションを作りたいならAfterEffects、綺麗に音声からノイズを除去したいならAudition、動画素材を綺麗に加工したいならPhotoshopを使うのがおすすめ。

この辺りの動画編集に何のソフトを使えばいいのか?っていうのは動画編集をAdobeで行うならどのソフトを使えばいいのか?6つを紹介するよ!で書いたのでよかったら参考にしてみてください。

Adobeで動画編集する際のおすすめプランはコンプリートプラン

動画編集する際のAdobeのおすすめプランはコンプリートプランです。単に持っている動画や画像、BGMなどを繋げてエフェクトを付けて動画を作るっていうことならPremiereProの単体プランを使うことをおすすめします。

PremiereProなら基本的な動画編集はできるよ

動画編集には多くの要素が絡まる

動画編集をしているとこういうことをしたいということが出てくるはずです。

動画編集時に気にすること
  • 素材加工・・・画像の背景を切り抜いたり色合いを整えたりしたい。Photoshopで可能。
  • ノイズ除去・・・音声のノイズを消したい。Auditionで可能。
  • 凝ったアニメーション・・・数秒の驚くようなアニメーションを作りたい。AfterEffectsで可能。

こういったことをしたいときにいくつかのソフトがあるとやりやすいんですよね。これだけ複数のことをやろうとすると複数のソフトを使うことになるのでコンプリートプランをお勧めします。

また、Adobeソフトは親和性が高いから例えばAfterEffectsで作ったものはそのままPremiereProに取り込むことができます。

Adobeソフトで揃えておくと連携が楽だからおすすめ

といってもそれぞれのソフトでどんなことをするのか?っていうのがいまいち掴めないと思うので、それぞれのソフトを使ってどんなことをするのがいいのか書いていきたいと思います。

Adobeコンプリートプランで動画編集を行う

コンプリートプランを使うと20以上の数のAdobeソフトを使うことができるけど、この4つを使うことができれば動画編集で困ることはないと思います。

動画編集で使うソフト
  • PremierePro
  • AfterEffects
  • Audition
  • Photoshop

凝ったアニメーションを作るのでもない限りAfterEffectsを使う機会は少ないかもしれないけど、手の込んだものを作る時にはAfterEffectsを使うのがおすすめです。

基本的な動画編集はPremiereProで行う

カットやトリミング、素材の繋ぎこみなどはPremiereProで行いましょう。タイムラインに動画にしたい素材を突っ込んでいけば動画にすることができます。

PremiereProの編集画面

エフェクトの種類もたくさんあるから、何か動画に動きを付けたかったりしたらエフェクトから色々見てみるといいです。

最初は画面やボタンが多くてどこをどういじればいいのか分からないけど、1日もいじっていれば素材を繋げて動画を作ることができるようになっていると思います。

自動でテロップも入れられる

PremiereProには動画の音声を読み取って自動でテロップを入れてくれる機能があります。精度も高いので、テロップを良く使う場合は使ってみるといいです。

テロップメインの動画なら結構な時間短縮になるんじゃないかな

テロップのデザインはもちろん変更することができるから、自分好みにしてみるといいですよ。

凝ったアニメーションはAfterEffectsで作る

凝ったアニメーションはAfterEffectsで作りましょう。AfterEffectsの作業画面はこんな感じなんだけど、素材1つ1つにレイヤーが作られます。

AfterEffectsの作業画面

レイヤー1つ1つにエフェクトを複数付与することができるので、それらを組み合わせてアニメーションゴリゴリの動画を作ることが可能です。

ただAfterEffectsはPremiereProと比べるとちょっと難しいと思います。何か作ろうとするとそれなりの時間がかかってしまうと思うから、ちょっと身構えておこう。

できることが多い分難しいんだよね

ちなみにAfterEffectsでどんなことができるのか?は以下の記事で書いているから興味がある方は参考にしてみてください。

AfterEffectsでも動画編集はできる

AfterEffectsで動画編集ってできないの?って疑問が浮かぶかもしれないけど、やろうと思えばAfterEffectsでも動画編集をすることはできます。短い動画ならAfterEffectsの方が慣れているので自分はAfterEffectsでやってしまう場合が多いです。

とはいえAfterEffectsの場合は素材ごとにレイヤーが作られるので、編集していくと結構見にくくなっていく。

テロップの多い動画だとその分レイヤーが増えるからけっこうしんどいですよね。(レイヤーをまとめて1つにする機能もあります)

音声のノイズ除去にはAuditionを使う

動画にはノイズがつきものですよね。撮影した動画も音声をアフレコした動画も少なからずノイズが入っているはずです。そのノイズを除去するにはAuditionを使いましょう。

Auditionの画面はこんな感じで音声を波形で表示してくれる。

auditionでノイズ除去

いくつかノイズを除去するための機能があるんだけど、Auditionは気になった細かいノイズもブラシでなぞることで消すことができる。

ところどころに出てきてしまうリップノイズなんかは音声を聞きつつブラシを使って消していくといいです。ノイズを消した音声と消す前の音声では聞き心地が変わってくるでしょう。

動画に使う画像の加工にはPhotoshopを使う

Photoshopで行うのは動画で使う画像などの加工です。画像を明るくしたり切り取ったり動画で使いやすいように加工します。

特に動画で使う画像の背景を綺麗に切り抜きたかったりするときにPhotoshopは大いに役立つ。

Photosshopで切り抜いた背景

これはまだシンプルな画像だから良いけど、人間の髪の毛や動物の毛並みなど細かいところまで考慮して綺麗に切り抜くに時にもPhotoshopは使えます。

Photoshopなら綺麗に切り抜ける

動画編集で素材の加工に困ったらPhotoshopを使って加工すると良いと思います。

Adobeのおすすめプランまとめ

Adobeおすすめプラン
  • 単純な動画編集しかしないなら2,728円/月(税込)のPremiereProの単体プラン。
  • ノイズ除去や素材加工、凝ったアニメーションなども考慮したいなら6,248円/月(税込)のコンプリートプラン。

個人的にはPremierePro含めていろんなソフトを使うことのできるコンプリートプランがおすすめです。動画編集でこういうことがしたいとなった時でも他のソフトなら簡単にできることもあるので。

コンプリートプランでは20以上のソフトが使える

コンプリートプランでは20以上のソフトを使うことができて以下のソフトを使える。

使えるソフトはいろいろあるけど、おそらく動画編集で使うのは紹介したPremierePro・AfterEffects・Audition・Photoshopあたりになると思います。キャラクターアニメーションなどを作れるAnimateなんかも時には使うこともあるかもしれません。

使えるソフトは多いけど、使うソフトは絞られてくるはず

いくつかのソフトを使いこなして良い動画編集をしましょう。