Adobeでアニメーションを作成するおすすめソフト5選!どれを使えばいいのか確認しよう。

Adobeでアニメーション作れるソフトってどんなのがあるの?

そんな疑問を解消するためにこの記事ではAdobeでアニメーションを作成することのできるソフトを紹介します。

記事の内容
  • アニメーションを作れるAdobeソフトの紹介
  • アニメーションを作成するおすすめのAdobeソフト

何かアニメーションを作ろうと思って良いソフトAdobe製品にないかな?と思った人もいるのではないでしょうか。今回はAdobeでアニメーションを作成することのできるソフトを紹介していきたいと思います。

 いくつかAdobeソフトを使ってきた

今までいくつかAdobeのソフトを使ってきたりしたので、今回はそんなAdobeでアニメーション作成するならどのソフトがいいのかな?っていうことを書いていきます。いくつかあるから気になったものがあれば使ってみるといいでしょう。

    Adobeのソフトでもいくつかアニメーション作れるものがあるよ

    アニメーションを作れるAdobeソフト

    Adobeでアニメーションを作ることのできるソフトを紹介していきたいと思います。ちなみに今回使うAdobeのソフトは以下。

    紹介するAdobeソフト
    • Animate
    • Photoshop
    • Character Animator
    • illustrator
    • AfterEffects

    それぞれでアニメーションの作り方も違うから、自分に合ったものを使ってみるといいですよ。

    Animateでアニメーションを作成する

    Animateで作成したアニメーション

    Animateは用意されているアニメーション付きのキャラクターを使ってアニメーションを作ることができる。ドラッグアンドドロップするだけでそのキャラクターアニメーションを使うことができるからかなり簡単。

    Animateの作成画面

    配置したキャラクターにはもちろんキーフレームを打って動きを付けることもできる。

    Animateでキーフレームを打つ

    Animateでロケットを動かす

    もともと用意されているキャラクターやオブジェクトにキーフレームを打って動きを付けるだけでそれっぽくなってくれます。

    Animateで自分で書いたイラストを動かす

    自作のイラストをAnimateで動かした

    Animateで用意されているキャラクターを動かすんじゃなくて自分でイラストを描いてそれを動かすこともできます

    Animateでイラストを描く

    自分で動かすイラストを作らないといけないから時間はかかるけど、オリジナリティを出したいなら自分で何かを作ってそれを動かすといいですね。

    Photoshopでアニメーションを作成する

    Photoshopで作成したアニメーション

    Photoshopは画像加工のイメージが強いけど、簡単なアニメーションなら作ることができる。Photoshopにはタイムライン機能が備わっていてそれを使うことで動画を作ることができるんですよね。

    Photoshopのタイムライン

    キーフレームを打って以下の動きを付けることができる。

    つけることのできる動き
    • 位置
    • 不透明度
    • スタイル

    逆に言うとこれしかできないからシンプルなアニメーションしか作れないかなというところです。ちなみにさっき出したこのアニメーションはスタイルのみを変化させたアニメーションです。

    Photoshopで作成したアニメーション

     

    位置や不透明度もアニメーションに付けることができるけど、それぐらいで凝ったことはできません。ただPhotoshopには画像のスタイルを変更する機能が多く備わっています。

    画像編集ゴリゴリにできるからスタイル変更に関する機能は多いよね

    色合いなどのスタイルの変化に関するアニメーションを作るならPhotoshopで作ってもいいですよね。複雑な動きをさせたいなら他のソフトを使うことをおすすめします。

    Character Animatorでアニメーションを作成する

    Character Animatorで作成したアニメーション

    Character Animatorはキャラクターの顔をカメラに映った自分の表情に合わせて動かしてくれるソフト。単にカメラで写すだけでキャラクターが動いてくれるから楽でいいですね。

    以前Animazeでアバターをカメラの動きに合わせて動かすっていうことをやってみたけど、CharacterAnimatorも同じようなイメージ。

    録画ボタンを押して録画するだけでアニメーションを作ることができる。

    Character Animatorで録画ボタンを押す

    キャラクターもいろいろ用意されているからVTuberなんかにはいいかもしれない。

    Character Animatorに用意されているキャラクター

    自分でキャラクターを作りたいとなったらパペットメーカーっていうキャラクターを作ることのできるツールが付いているからそれを使うといいです。

    パペットメーカーパペットメーカーでキャラクター作成

    IllustratorPhotoshopキャラクター作成読み込んだりもできるから、オリジナリティのあるキャラクターを使いたかったらそういった方法を取るのが良いでしょう。

    illustrator + AfterEffectsでアニメーションを作成する

    illustratorとAfterEffectsで作ったアニメーション

    Illustratorでイラストを作ってAfterEffectsでそのイラストを動かす方法です。イラレで作ったイラストはそのままAfterEffectsに取り込むことができるから、後はAfterEffectsで動きを付ければいい。

    その動きを付けるのがちょっと難しかったりするんだけどね

    illustratorでイラストを作成イラストをAfterEffectsで動かす

    AfterEffectsではイラストのそれぞれの部品(例えば手や足・頭)に動きを付けていきます。部品ごとに動きを付けていくから、複雑なイラストを動かしたい場合にはそれだけ動きを付けるのは大変になります。

    動かしたい部品ごとのイラスト

    動かしたい部品ごとにイラストを描いていくっていうことも必要になってきます。動かしたいものが複雑だといたストもそれだけ難しくなってくるでしょう。

    複雑だと動かす部品も増えるからね

    簡単に書くとこの流れでアニメーションを作ることはできるけど、結構難しいです。

    流れ
    1. イラストレーターでイラストを作成する
    2. AfterEffectsで作成したイラストに動きを付ける

    イラストレーターで満足するイラストを描くっていうこととAfterEffectsで滑らかな動きを付けるっていう技術が必要になってくる。

    難しいポイント
    • イラストを作る際には動きを付ける部品ごとに作る
    • AfterEffectsでは部品同士の動きが変にならないように動きを付ける

    満足するイラストを作ったとしてもそれぞれの部品に対して滑らかな動きを付けるのが結構大変。直線で動かすようなシンプルな動きなら簡単だけど、歩かせたり走らせたり曲線を描くような動きをさせる場合は難易度が上がります

    AfterEffectsだけでアニメーションを作る

    AfterEffectsで作成したアニメーション

    もちろんAfterEffectsだけでアニメーションを作ることもできます。ただillustaratorのようにイラストを描くっていうことはちょっとやりづらいから、イラストベースの凝ったものを作りたい場合はやっぱりillustratorで作ったものをAfterEffectsで動かすっていう流れが良い。

    AfterEffectsにはいろんな機能があるんだけど、上に出した動画はシェイプレイヤーっていうものを主に使っていて、いろんな動きを付けることができる。

    シェイプレイヤーにはいろんな動きを付けられる

    Shapeレイヤーだけじゃなくてテキストや画像などにもいろんなエフェクトを適用できるよ

    AfterEffectsはいろんなエフェクトを使って動きをつけることができるから、できることの幅はかなり広いです。

    AfterEffectsはできることが多い分難しい部分はあるけどね

    ただやっぱり驚くようなアニメーションを作りたい場合はAfterEffectsがおすすめです。

    おすすめのAdobeアニメーション作成ソフト

    今回紹介したAdobeのソフトは以下の5つ。

    紹介したAdobeソフト
    • Animate
    • Photoshop
    • Character Animator
    • illustrator
    • AfterEffects

    この中からアニメーションを作るのにはどれがおすすめなのかを書いていきたいと思う。

    簡単に作りたいならAdobe Animate

    animateで作ったアニメーション

    アニメーションを簡単に作りたいならAnimateがおすすめです。

    Animate
    • アニメーションが付いたキャラクターやオブジェクトが用意されている
    • キーフレームを打つだけで動きを付けることができる

    特に最初からアニメーションが付いているキャラクターやオブジェクトを使うことができるっていうのが良いです。これなら何か作ろうと思っても簡単にアニメーションを作ることができる。

    カメラを使って自分の表情をキャラクターにさせたいならCharacterAnimator

    CharacterAnimatorで作ったアニメーション

    カメラで自分の顔を映して、その表情の動きをキャラクターにもさせてアニメーションを作りたいならCharacterAnimatorがおすすめです。簡単に作ることができるのもこのソフトの良いところですね。

    Character Animator
    • キャラクターを選んでカメラで表情を作るだけで良い
    • キャラクターはパペットメーカーから簡単に作れる

    自分でキーフレーム打つこともなくカメラで自分が動くだけでいいから楽です。

    凝ったものを作りたいならillustrator + AfterEffects

    illustrator + AfterEffectsで作ったアニメーション

    凝ったものを作りたいならIllustratorでイラストを作って、それをAfterEffectsで動かすっていう方法をおすすめします。

    AfterEffectsだけでも動かすものを作ることはできるけど、イラストを動かすならillustratorでイラストを作成してからそれをAfterEffectsで動かすのが良いと思います。

    1. illustratorでイラストを作成する
    2. 作成したイラストをAfterEffectsで動かす

    ただ今回紹介した方法の中で一番難しいと思われるから簡単に作ることはできない点は覚悟しておこう。

    自然な動きを作るって難しいんだよね

    個人的なおすすめはAfterEffects

    AfterEffectsを使ってキーフレームを打って動きを付けていくのは結構難しいんだけれど、AfterEffectsはいろんな機能もあるし使いこなせば驚くようなアニメーションを作ることができる。

    イラストを動かす以外にもエフェクトゴリゴリのアニメーションも作れたりするから面白いです。

    7日間の無料期間あり