PremiereProの基本的な使い方を紹介します。画面の見方と操作方法を見ていこう。

今回はPremiereProの使い方を書いていきたいと思います。これからPremiereProを使って動画編集をする方や既にPremiereProを使っているけどいまいち使い方が分からない・・・という場合は参考にしてみてください。

PremiereProの動画編集画面

PremiereProを初めて開くと画面がいくつか分かれていて、ちょっとわかりづらいので編集画面を見ておきます。動画編集画面はこんな感じでそれぞれで分かれている。

PremierePro動画編集画面

画面に表示する項目なんかはWindow(ウィンドウ)→WorkSpaces(ワークスペース)で変更することができるから自分の好きな構成の画面で作業することができます。

基本的な編集画面は上のような感じで動画編集で行うような作業もある程度決まってくる。

動画編集の大まかな流れ
  1. 素材(画像・動画・音声)をインポート
  2. 右側の動画の組み立て画面に素材(画像・動画・音声)をドラッグ&ドロップ
  3. 文字を挿入したりエフェクトを適用する

慣れてしまえばだんだんとわかってくるから、最初は「うっ・・・」となってしまっても大丈夫です。よくあるカット・テロップ・BGMがメインの動画編集なら1日触っていればなんとなくできるようになります。

PremiereProで素材をカット・繋げる

動画をカットしたい際にはcを押すことでカットツールを出すことができる。カットしたいタイミングでクリックしてあげればカット完了。

PremierePro素材カット画面

ショートカットキー
カット・・・c
選択ツールに戻す・・・v

カットしたものは自由にずらすことができます。

PremiereProカットした素材を自由にずらすことができる

カットしたものの間に何か別の動画や画像を挿入したりといったことをすることができますね。カットして繋げるっていうのは基本動作だからショートカットキーですぐにできるように慣れておきましょう。

音声や画像も同じようにカットできる

画像でカットしたものは動画素材だけど、画像や音声も同じようにカットすることができます。音声を切り離したかったりしたらカットして使うといいですね。

PremiereProでテロップを動画に入れる

動画にテロップを入れる方法はいくつかあるのでそれぞれ見ていきましょう。

動画にテロップを入れる方法
  • レガシータイトルでテロップを作成する
  • テキストツールを使ってテロップを作成する
  • テロップを自動生成する

レガシータイトルからテロップを入れる

まずはFile(ファイル)→Legacy Title(レガシータイトル)からテロップを入れる方法。

PremiereProレガシータイトル

これを使うとテロップを作成することのできる画面が出てくる。この画面で文字のデザインを設定することができるよ。

PremiereProテキスト挿入

テロップを作成したら左下の画面を見てみると、今作成したものが素材として表示されています。これを右側の画面に持っていくと動画のテロップになってくれる。

PremiereProテロップ挿入

文字のデザインを再度変えたかったら作成されたテロップの素材をダブルクリックすれば、レガシータイトルの画面が出てくるからそこから設定すればOKです。

PremierePro文字デザイン変更

テキストツールを使ってテロップを作成する

テロップ作成するならこっちの方が使いやすいのでおすすめです。画面左下にあるテキストのマークをクリックすると、プレビュー画面に直接テロップを打ち込むことができる。

PremiereProテキストツール

文字の装飾はEssentialGraphics(エッセンシャルグラフィックス)から行うことができるから、自分の好みのデザインになるようにいじってみるといいですよ。

PremiereProのエッセンシャルグラフィックスで文字デザインを編集

もしEssentialGraphics(エッセンシャルグラフィックス)が表示されなかったら、Window(ウィンドウ)からEssentialGraphics(エッセンシャルグラフィックス)をクリックすると表示されるはずです。

エッセンシャルグラフィックスを表示

自動でテロップを入れる

PremiereProには音声のテキスト化っていう機能があって、それを使うことで音声から自動でテロップを作ってくれます。

PremiereProで音声のテキスト化

(黄色いものが自動で作られたテロップ)

テロップを打つのが面倒だったらこの機能を使えばかなり動画編集の時間を短縮することができます。精度も高いので、まだ使ったことのない人は試してみることをおすすめします。

PremiereProで画像を挿入する

画像の挿入は動画と同じようにすればいいだけです。ファイル→インポートとするかドラッグ&ドロップでインポートしてやりましょう。

インポートした画像は右側でドラッグ&ドロップすればOKです。

PremiereProで画像の挿入画面

プレビュー画面で画像位置や大きさを見てみて調整したかったら、EffectControls(エフェクトコントロール)から位置や大きさを設定することができます。

PremiereProでBGMを挿入する

BGMの挿入も画像や動画をインポートするときと同じようにやればOKです。ファイル→インポートとするかドラッグ&ドロップでインポートしてやります。

PremiereProのBGM挿入画面

音量はエフェクトコントロールかオーディオクリップミキサーで変えることができます。

PremiereProの音量調整画面

  • エフェクトコントロール・・・キーフレームを打って音量を変えられる。徐々に音量を小さくしたかったり、徐々に音量を大きくしたい時に使うといいです。
  • オーディオクリップミキサー・・・全体的なBGMの音量を調整したい時に使うといいです。

PremiereProでトランジションを入れる

画像や動画の繋ぎ目などを綺麗にトランジションさせたいって思いますよね。PremiereProにはトランジションのエフェクトがいくつか入っているので、それらを使ってやるといいです。

Effects(エフェクト)の中にVideo Transitions(ビデオトランジション)っていうものがあるから、その中から適用したいエフェクトを選択してドラッグ&ドロップ。

PremiereProでトランジションを設定する

するとそのエフェクトが適用されてトランジションがかかるはずです。エフェクトの種類はたくさんあるからいろんなものを試してみるといいですよ。

エフェクトのパネルが表示されなかったら、ウィンドウ(Windows)のエフェクト(effects)にチェックが入っているかどうか確認してみてください。

エフェクトパネルを表示させる

PremiereProで動画を書き出しする

動画を作り終えたら、ファイル→書き出し→メディアと進めばその動画を書き出すことができます。

PremiereProで動画の書き出しをする

書き出す際にどういった形式で書き出すかをFormatとPresetから設定することができる。

PremiereProで書き出すフォーマットとプリセットを設定する

ここは自分が書き出したいサイズや投稿先によって変わってくるから、最適なサイズを調べてみるといいです。Youtubeの場合はFormatをH.264、PresetをYoutube 1080p FullHDなんかにするといいと思います。

PremiereProでノイズ除去を行う

PremiereProにもノイズを除去するエフェクトがいくつか搭載されています。

PremiereProでノイズ除去をするエフェクト

英語版使っているから分かりづらいけど日本語だとこんなエフェクトたち。

ノイズ除去のエフェクト
  • DeHummer
  • クロマノイズ除去
  • リバーブを除去
  • 自動クリックノイズ除去

音声に対して適用すれば、音声からノイズを除去することができる。

ただ細かくノイズを除去するならAdobeAuditonを使ってノイズ除去するのがおすすめです。細かく音のノイズを除去することができます。

PremiereProでアフレコする

マイクに向かって話した音声をそのまま音声素材として使いたかったらマイクのボタンをクリックして録音をしましょう。

PremiereProで録音する

こうするとその録音した音声がそのまま素材となってくれます。

録音した素材

自分が説明する動画なんかだと使ってみるといいかもしれないですね。

PremiereProの外部プラグインを使うこともできる

PremiereProにデフォルトで入っているエフェクトでは物足りなかったら、外部で提供されているプラグインをインストールして使うことができる。

After Effects & Premiere Pro で使える無償プラグイン

いろんなプラグインがあるから、こういうの欲しいな・・・っていうのがあれば色々検索してみるといいですよ。

PremiererProはAfterEffectsと連携するのが簡単

Adobe製品は親和性が高いので、AfterEffectsで作成したものはそのままPremiereProにインポートすることができます。他の動画編集ソフトだとこう簡単にいかないことが多いので楽なんですよね。

もしかしたらAfterEffectsで動画編集はできないのか?って思う人もいるかもしれないから書いておくけど、AfterEffectsでも動画編集はできます。詳しくは以下の記事で書いているからよかったら参考にしてみてください。

PremiereProの使い方は動画で学ぶのがおすすめ

PremiereProの使い方を学びたいって思ったらテキストで学ぶよりも動画で学ぶのがおすすめです。Udemyで学ぶのが個人的におすすめだけど、Youtubeで使い方を学ぶのも大いにありです。

YoutubeでPremiereProの動画を学ぶ

YoutubeでPremiereProの動画を探してみると色々出てきますよね。動画を見ながらPremiereProをいじってみると良いですよ。

UdemyでPremiereProの使い方を学ぶ

UdemyでPremiereProの講座を検索するといくつかの講座が出てきます。

UdemyのPremierePro講座

セール中は安く買うことができるから、セール期間中に購入するといいですよ。

PremiereProの使い方まとめ

今回はPremiereProの使い方について以下のことを書きました。

  • PremiereProでテロップを動画に入れる
  • PremiereProで画像を挿入する
  • PremiereProでBGMを挿入する
  • PremiereProでトランジションを入れる
  • PremiereProで動画を書き出しする
  • PremiereProでノイズ除去を行う
  • PremiereProでアフレコする

基本的なことだけど、動画編集する際には使う機能が多いです。カットや画像・BGMの挿入などやってみると結構簡単にできます。

エフェクトはたくさんあるからそれぞれがどんなエフェクトなんかを把握したり、使いこなすのは難しいけどやっているうちによく使うエフェクトも使い方がわかってくる。使いこなして最高の動画編集をしよう。