PremiereProでモザイクを自動追従させる方法!手動のモザイク加工からは卒業だ

この記事ではPremiereProを使ってモザイクを特定の部分に当てて追従させる方法を書いていきたいと思います。動画編集の際にモザイクをかけたい人は参考にしてみてください。

以下の悩みを持っている方は参考になると思います。

  • PremierProでモザイクを追従させて手動から解放されたい

手動で1フレームごとに手動でモザイクをかけるっていうのはとても時間がかかるし面倒ですからね。できることなら自動でやっていきたいものです。やっていきましょう。

PremiereProでモザイクをかける方法

既に知っているだろうけど、PremiereProにはモザイクをかけることのできるエフェクトがあります。[ビデオエフェクト→スタイライズ→モザイク]です。

PremierePro[ビデオエフェクト→スPremierePro

これを動画に当ててやると動画全体にモザイクがかかる

PremierePro動画全体にモザイクがかかる

モザイクの形を調整したいときにはエフェクトコントロールのモザイクにある〇や□をクリックするとその形でモザイクを作ってくれる。

PremiereProでモザイク部分を指定する

マスクパスをクリックすればそのモザイクの形を自由に変形することができる。

モザイクの形を変形する

他の調整できる項目の数値をいじるとモザイクを薄くしたりといったことも可能です。こうしたものを調整していけば、自分の好きなモザイクをかけることができます。

PremiereProでモザイクを自動で追従させる方法

本題のモザイクを自動で追従させる方法なんだけど、上で紹介したモザイクエフェクトを使います。動画のモザイクをかけたい個所にまずはモザイクエフェクトを適用します。

モザイクを当てる対象 モザイクの大きさを指定して当てる

そしたらこのモザイクを自動で追従するようにしたいので、マスクパスの再生ボタンをクリックしよう。

マスクパスの再生ボタンをクリック

これをクリックするとモザイクした箇所を自動で追ってくれるようになります。処理の時間がちょっとかかるから適用されるまで待ちましょう。

処理が終わったら実行してみるとこんな感じです。

PremiereProでモザイクを自動追従させた結果

ちゃんと人間の顔を追従してモザイクをかけてくれます。手動でやるより圧倒的に楽ですね。

モザイクが外れてしまった部分は手動で直す

自動でモザイクを追従してくれて楽だけどやっぱり完璧ではないから、モザイクが外れてしまう部分が出てくる時もあります。例えば指定して人物の顔からモザイクが外れてしまうとかですね。

モザイクが外れてしまう部分は手動で直す

こういう場合は手動でモザイクの位置を調整する必要があります。手動で調整する場合には以下の操作を行うことでモザイクの位置を調整可能です。

モザイクの位置を調整する
  1. モザイクが外れている部分を特定する
  2. モザイクエフェクトのマスクパスをクリック
  3. モザイクの位置を調整する

PremiereProでのモザイクのかけ方

後は以下の作業を繰り返し行えばモザイクを好きな位置でかけていくことができます。

  • 1フレームを戻る・進める
  • モザイクの位置を調整する

モザイクの位置を調整してみるとさっきモザイクが外れていた部分もかけることができました。

PremiereProで手動でモザイクを直した結果

手動でモザイク部分を調整するのは面倒だけど、綺麗にかけたかったら手動で調整するようにしましょう。

モザイクを複数追従させる

モザイクエフェクトを追加

複数のモザイクを同時に当てたいときってありますよね。ここではその方法を書いていきます。といっても方法はさっき書いたことをもう一度行うだけで、モザイクエフェクトの〇とか□をクリックしてモザイクをかけたいところを指定してあげればOKです。

追従させたい対象を追加

2つめのモザイクのマスクが追加されるから、それを編集して2つめのモザイクも調整していくっていう流れ。後は自動で追従するように再生ボタンを押して処理していこう。

モザイクが自動追従するように再生ボタンを押す

これでモザイクをかけた動画を見てみるとこんな感じでモザイクがかけられました。

PremiereProで複数にモザイクをかけた結果

自由な形でモザイクを作成する

モザイクを自分の好きな形で作りたいならパスでモザイク範囲を選択してあげるといいです。クリックでポイントを打っていくことで繋げるとその繋げた範囲のモザイクをかけることができます。

パスでモザイク範囲を指定する

ちなみにパスは長押しして曲線も描くことができるから、複雑な形のモザイクをかけたかったら長押ししながらパスを描いていくといいですよ。

曲線でモザイク範囲を指定する曲線でモザイクをかけた結果

PremiereProでモザイクを追従させるまとめ

  1. モザイクが外れている部分を特定する
  2. モザイクエフェクトを追加する
  3. モザイクの大きさと位置を調整する
  4. 再生ボタンをクリックしてモザイクを追従

今回はモザイクをPremiereProでかけるっていうことを書いてきたけど、PremiereProを使ってモザイク加工するときには参考にしてみてください。今まで手動でやっていたのならかなり作業が楽になると思いますよ。