初心者がプログラミング案件をどこで獲得するか、何をすべきか考えたい

プログラミングを勉強し始めてちょっとずつできることが増えていったら考え始めますよね、このスキルを使ってどうやってお金を稼いでいくのか?勉強する目的はいろいろあると思うけど、やっぱりプログラミングしてお金を稼ぎたいって思うのはあるはず。

ただ勉強し始めてちょっとできるようになってきた自分がどうやって案件を取ってお金を得ればいいのか分からん・・・ってなりますよね。そこで今回はプログラミング案件を初心者が取るには何をすればいいのか?っていうことを見ていきたい。

お前誰だよ

こんなことを書くからにはお前初心者で案件取ってるのかよ?っていう感じがあるけど、自分そんなんじゃないですすみません。自分は新卒でエンジニアとして就職してそこからフリーランスで案件受けたりしてっていうことをやっていたっていう感じです。以下の記事で少しだけやってきた言語なんかを書いたね。

フリーランスとして案件を受けたり、クラウドソーシングサイトで案件を発注したりしたこともあるから、そこで感じたことも交えながら書いていきたい。

プログラミング初心者が案件を取るにはクラウドソーシングがおすすめ

初心者が案件を取るにはクラウドソーシングを使うのがいいと思います。クラウドソーシングじゃなくて案件を取る手段としてレバテックやギークスなどフリーランスエンジニアのために案件を紹介してくれるエージェントもあるけど、正直経験がないと案件はないんじゃないかなあ・・・と思ってしまいます。

実際に実務未経験の状態でレバテックへのフリーランス案件の紹介は難しいっていうことを書かれている記事もありますね。

他サイト【レバテック】実務未経験でもフリーランス登録できる?【実体験あり】

自分レバテックやギークスなどのフリーランスエージェント使ったことあるけど、実務未経験だと案件は取れないよな・・・という印象です。もしこういったフリーランスエージェントを使いたいのなら実務経験を積んでから登録するのが良いと思います。

そうすると残された選択肢として使えるのがクラウドソーシングサイトですよね。クラウドソーシングサイトでも経験がある人とない人では雲泥の差があると思うけど、まだ可能性があるのではないだろうか。

クラウドソーシングサイトにはどんな案件があるのか

クラウドソーシングサイトはいくつかあるけど、例えばLancersを見てみよう。カテゴリーから[システム開発・運用]から[Webシステム開発・プログラミング]を見てみると1611件の依頼が見つかる。他にもいろいろなカテゴリがあるから、やりたい仕事がありそうなカテゴリから見てみるといいですね。

中には会社が週〇でお願いしますのような求人もたくさんあるけど、単発の依頼もいろいろありますね。どんな依頼があるかというとこんな感じ。

  • チェックシステムの開発依頼
  • スクレイピングできる方募集
  • システム開発の相談
  • ・・・

ただプログラミング勉強し始めてやってみたいのってシステム開発とかじゃなくて、コーディングのようなものだと思います。[Webサイト制作・デザイン]を見てみるとホームページ作成やHTML・CSSコーディングがある。

例えばHTML・CSSコーディングを見てみると1647件ありますね。

  • サイトのHTMLコーディング
  • LP制作

などあるけど求人がかなり多い。試しに求人を覗いてウェブサイト制作・デザインの仕事・依頼を検索してみると82件。

けっこうな争いになると思うけど、求人以外で仕事を得るためには地道にプロフィールを作ったり丁寧な文章を送ったりしてアタックしてみるしかないですね。ただクラウドソーシングサイトにはやっぱりいろんな種類の案件があるからいろいろ見てみるといいですよ。

初心者におすすめのプログラミング案件の種類

クラウドソーシングサイトを覗くとかなりいろんな種類の仕事があって、どれを見たらいいんだろう?となるかもしれないけど、個人的にはフロントにかかわる開発がいいんじゃないかなと思う。

  • ホームページ制作
  • HTML・CSSコーディング
  • LP制作

できる人はいいと思うけど、サーバーサイドが絡むとしんどくなると思いますから。。フロントだけで完結した方がやりやすいと思います、サーバーサイドの意味不明なエラーでなかなか進まないっていうこともそこまでないと思うので。

LPやコーディングなどフロントだけで完結するものなら必要なスキルとしては以下がある程度できればOK。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

ホームページ制作の案件やコーディング案件の獲得体験談なんかを掲載してくれている方もいますね。

最速で案件獲得して報酬を得たいなら体験談であるようなホームページ制作などの画面を作る案件かなあと思う。体験談は検索すれば他の方たちの記事が出てくると思うので参考にしてみてください。

使えるクラウドソーシングサイト

上ではLancersをちょっと覗いてみたけど、それ以外にも案件を探して受注することのできるサイトはいくつかあります。それぞれのサイトで案件数なんかを見ていきたいんだけど、HTML・CSSコーディングの仕事を見ていこう。HTML・CSSは取り組みやすい気がしますから。

クラウドワークス

クラウドワークスはランサーズとの2台巨頭っていう感じがしますよね。HTML・CSSコーディングの仕事・求人を検索してみると1060件ヒットしました。

クラウドワークスの依頼形式は以下の4つなんだけど、数としては圧倒的にプロジェクト(固定報酬制)が多いですね。HTML・CSSコーディング の仕事・求人1,060件のうち912件がプロジェクト(固定報酬制)でした。

  • プロジェクト(固定報酬制)
  • プロジェクト(時間単価制)
  • コンペ
  • タスク

    これらの依頼形式に関してはこんな感じで、クラウドワークスのよくある質問を見てみるといいですよ。

    一番多かった固定報酬制のプロジェクトは成果物に応じて報酬がもらえる。

    固定報酬制は、プロジェクト単位で成果物に応じて報酬をお支払いただく方式になります。

    【クライアント】時間単価制と固定報酬制の違いについて

    ランサーズは求人って項目があってその量がかなりあったけど、クラウドワークスはあからさまな求人っていう項目がなくて探す人にとってはいいかもしれない。かなりたくさんの求人あって楽しいね。

    ランサーズ

    さっき検索したけどランサーズでもHTML・CSSの仕事を検索してみると1646件。(さっき検索したときと時間少し空いているので件数がほんのわずかに変わっている)

    Lancersの場合は仕事は以下の形式。

    • コンペ
    • タスク
    • プロジェクト
    • 求人

    それぞれの詳細はLancersのお仕事の方式ついてを見てみるといいですよ。

    Lancersは上のカテゴリで絞って案件を絞ることができるんだけど、求人以外のコンペ・タスク・プロジェクトの3つにチェックを入れて検索してみるとこんな感じ。うーん8件かあ。少ない。。ちょっと求人の多さが凄いですね。。。

    Lancersで仕事を探す傍ら求人も検索したい!っていう人にはいいかもしれない。ちなみに求人はパーソルテクノロジースタッフやLancersAgentといったサイトに飛んで内容を確認っていう感じになります。

    ココナラ

    ココナラはスキルの売り買いをすることのできるサービス。仕事のカテゴリはかなりの種類があってWebさいと制作・Webデザインを見てみるとこんな感じ。

    HTML・CSSコーディングの仕事を見てみると853件ありますね。

     

    • ランディングページのコーディング
    • コーポレートサイト制作
    • ワードプレスのテーマ構築
    • ・・・

      色んな種類があって面白い。LP制作とかもかなりの数の依頼があるからいろんなカテゴリを見てみるといいです。ココナラで案件を獲得した記事を書いてくれている方なんかもいますね。

      低価格(1000円〜5000円)に設定すると仕事が来やすいということだから、参考にしてみるといいかもしれない。最初のうちは価格の高いものは手が出ないと思うから、低価格で実績を積んでいくのもありですね。

      案件を受注する際に

      募集要項をちゃんと読もう

      開発に関することじゃないけど、自分もクラウドソーシングサイトで発注側で出したことがあるんですよね。その際に応募してくれる人はいるんだけど、掲載している注意事項などをよく読まずに作業している人が何人かいました。自分も書き方が悪かったのかもしれないけど、仕事を受ける際は募集要項をきちんと読むことをお勧めします。

      プロフィールは作りこんでおこう

      大事な仕事を誰かに依頼するときってその人のプロフィール必ず見ると思います。そんなときにプロフィールになにも書かれていないと、どういった人か分からないのでプロフィールには自分のことを書いておきましょう。経験があればその経験やポートフォリオなどのリンクを掲載しておくといいと思います。

      単価は安い

      これはもうしょうがないと思うんだけど、クラウドソーシングの案件の単価が安いというのは受け止めておきましょう。自分もいろいろ見てみたけど、やっぱり安いですよね・・・(自分が言えたことじゃないが)。

      自分がやるとしたら何か開発かなあと思って開発の案件をいくつか見てみるとうーーん・・・と思ってしまう。クライアント側からしてみればいいのかもしれないけど、作る側としてはちょっとしんどいかなあ。

      いくつかクラウドソーシングサイトで実績を積んだらそこから脱却して別の場所で案件を得るのがいいと思います。

      まとめ

      今回はプログラミングの案件を取得できるサイトとして以下のクラウドソーシングサイトを紹介しました。

      • クラウドワークス
      • ランサーズ
      • ココナラ

      それぞれ案件や求人はたくさんあるからどんな募集があるのか見てみるといいと思います。見るだけならいくらでも見れるしね。そして何か良さげな募集があったら手を出してやってみるといいかもしれない。