文系でもプログラミング習得・エンジニアとして働くことは可能なのか?

文系だけどプログラミング習得したり、エンジニアとして働くのってできるの?

そんな疑問を解消するためにこの記事では文系でもプログラミングができるのか?エンジニアとして働くことができるのか?っていうことを書いていきたいと思います。

記事の内容
  • 文系でもプログラミングは可能なのか
  • プログラミング学習に必要な力
  • 文系完全未経験でのWeb系開発のエンジニア就職
  • 文系でWebエンジニア就職したいならそれなりの経験をしよう

    プログラミングって聞くとどうしても理系のイメージがあるけど、文系にも可能なのだろうか?っていう疑問が少なからず湧いてくる。こういう疑問を抱くのは文系の学生が多いと思うけど、文系ってプログラム触る授業なんてほとんどないですからね。

    自分も文系だったんだけど、ちょっとしたプログラムを扱う授業を1つだけ受けたことがあるようなないような・・・ぐらいの感じです。

     自分も文系からエンジニアになった

    自分も文系からエンジニアになった人間です。文系の人でもプログラミングを扱っていくのは可能なのか?っていうのをこの記事では検討していきたいけど、結論可能です。だって自分文系で新卒でエンジニアとして就職しましたから。

    文系からエンジニアになれるか見ていこう

    文系でもプログラミングは可能なのか

    文系でもプログラミング可能ってさっき書いたけど、これはあくまで自分個人の話だからもっと大きな単位の統計を見たいですよね。

    IT人材白書にIT従事者の最終学歴での専攻分野っていうのが掲載されているから見てみると文系が3割ぐらい占めています。(先端IT従事者と先端IT非従事者はどちらもITだけど、先端の方はアジャイル開発や人工知能・IoTなどが当てはまる)

    it人材白書2020

    IT人材白書 2020

    詳しい内容はIT人材白書2020の[第4章|IT人材動向]を見てみてほしいところだけど、3割文系。ただちょっとITっていうものだと範囲が広いかな、SEに関する理系と文系の比率を調査した結果なんかも探せば出てきますね。これを見ても3、4割っていうところ。

    所属しているseの理系と文系の比率に関する調査

    文系SE、理系SEの比率はどうなっているのか?

    ただ多分知りたいのってWeb系エンジニアの文系比率とかですよね。ちょっと調べてもそういうデータはなかったから表示示すことはできないんだけど、自分含めて文系出身のエンジニア結構知っています。ちなみに新卒でエンジニアとして入った企業では文系出身のエンジニア多かったような気がする。

    エンジニアとして入社した同期は数人だったけど、半分ぐらいは文系だしよく一緒に開発していた先輩も文系だったなあ。こう書くとSIer?とか思いそうだけど、Web系の開発していました。PHPとかGoとかその時はいじっていたかな。

    文系でもプログラミングは可能だし、エンジニアとして就職することは可能

    全体的には少数派なのかもしれないけど、文系でもプログラミングはできるようになるしエンジニアとして就職することは可能だ。自分も文系大学生からWeb系のエンジニアとして就職したし、周りにも文系出身のエンジニア普通にいました。

    ネット探してみると文系出身エンジニアに対するインタビュー記事なんてものもあったりしますね。

    株式会社ウエディングパークプログラミング未経験で入社した文系出身女性エンジニアインタビュー!

    株式会社サイバーエージェント文系出身の新卒エンジニアが爆速で成長できた秘訣とは?-サイバーエージェント松田氏

    株式会社メンバーズ文系出身でもエンジニアになれるの? 文系出身・未経験からエンジニアとして活躍する社員にインタビュー!

    プログラミング学習に必要な力

    プログラミングに数学は必要ない

    プログラミングって何か数学とか使うんじゃないの?っていうイメージもあるかもしれないけど、プログラミングに数学の知識はほとんど必要ない。

    ほとんどっていうのはあった方が良い分野もあるから。どんな分野なのかっていうと人工知能を勉強する際にはあった方がいいと思う、ニューラルネットワーク勉強していた時に行列とかベクトルとか出てきた思い出がある。]

    それと稀にアニメーションを作りたいときなんかにsinとかcosとか使う場合もあるだろうか、使われている例を見たりするとこんな記述があったりするね。

     let rad = sin(frame / 100) * PI / 20
     let rad2 = sin(frame / 50) * PI / 10

    See the Pen
    3D Software Vertex Ocean
    by Radik (@H2xDev)
    on CodePen.

    ただこういう記述することって感覚的にアニメーションゴリゴリで頑張る時ぐらいなんじゃないだろうか。必要になったらその時学べばいいと思います。

    必要なのは数学というより算数じゃないかな。いや、算数というより四則演算ができればいいんじゃないかと思う。足し算・引き算・掛け算・割り算ができれば大丈夫なんじゃないかと思ってしまう。

    ただ論理的な考え方は必要だと感じる。以前に以下の記事でプログラミングは論理の塊だっていうことをちょっと書いたね。

    関連記事【初心者必見】プログラミングの基本・考え方をコーディングの前に知っておこう!

    ただコード書いていれば自然とどんな風に動くのか?っていうのは分かってくると思うから、そんな論理がどうとか気にする必要はないと思うけどね。

    英語の読解力の方が必要だと思う

    プログラミングって英語を読む力の方が大事だと思います。エラーは英語で出力されるし、ログも英語で出力されたりするし、そもそもドキュメント英語だし・・・とかけっこう日々英語に触れます。

    プログラミングのエラー文

    そもそもOSSなんか英語でやり取りされるし、英語が全く分からないとちょっときついです。

    ossは英語でやり取りされる

    ドキュメントなんかだと翻訳もできるけど、そこに掲載されているコードも翻訳されたりして何が何だか分からなくなってしまうんですよね。プログラム書いていると英語に触れない日はないと思います。

    プログラミングが好きな気持ち

    近年プログラミングでお金を稼ごう!みたいな思想が流行っているような気がするけど、ちょっとした気持ちでプログラミング学んでエンジニアになろう!っていうのはうーーん・・・なんて思ってしまう。

    お金を稼ぎたい!っていう気持ちが最強に強ければできるかもしれないけど、プログラミング自体が好きじゃないとエンジニアとして働くのは厳しくなるんじゃないだろうか。

    自分が観測した範囲だけど、エンジニアって勉強熱心な人結構います。休みの日もコードを書いてそれをアウトプットしたり勉強会に行ったり・・・自分も特に最初の数年はかなりやっていた気がする。

    エンジニアがどれぐらい勉強しているかはTwitterを検索したりQiita見てみたり、Compassなどの勉強会のサイトを見れば一端は感じられるのではないだろうか。

    • Qiita・・・主にエンジニアが技術に関して記事を投稿しているよ。日々いろんな技術記事が投稿されていて勉強になる。
    • Compass・・・勉強会のサイト
    • TECH PLAY・・・勉強会のサイト

    ちなみにQiitaはアドベントカレンダーっていうのが毎年12月になるとやってるんだけど、そこで各企業が技術記事書いたりしていて面白いですよ。自分の気になる企業の中の人がどんなことをしているのか垣間見える気がする。

    Qiitaアドベントカレンダー

    Qiitaアドベントカレンダー企業・学校・団体

     

    個人で技術ブログやっている人もいるし、探せばエンジニアの学習意欲を伺える。そしてそういう人たちと一緒にエンジニアとして働いていくには、やっぱりプログラミングに対する情熱が少しでもないと厳しいんじゃないかと・・・

    エンジニアとして就職したっていうのが終わりじゃないぞ。就職がゴールだと思っていると、就職してから分からないことが多すぎて己の無力さを思い知ることになると思う。プログラミング好き、これからも学びたい!っていうならいいんじゃないかな。

    文系完全未経験でWeb系開発のエンジニア就職は無理なんじゃないだろうか

    文系でもWeb系のエンジニアとして就職したい・・・!って思う人も中に入るかもしれないけど、今まで何もコードに触ってこなくて「コードは触ったことないけど、エンジニアとして就職したい」っていうのはちょっと無理があるんじゃないかと思う。

    今はYoutubeでいろんな情報を見ることができるからいいですね。

    自分は文系だったんけど、プログラミングスクール通って、エンジニアとしてインターンして、そこからエンジニアとして新卒就職っていう流れだった。就職する前にコードに触れてきた経験があったからWebエンジニアとして働けていただけで、そういうことをしていなかったら無理だったろうなあ・・・なんて思う。ただSIerはそこまで求められないような気もします。

    文系でWebエンジニア就職したいならそれなりの経験をしよう

    文系でもエンジニアとして就職したいっていう人いると思います。ただ何もしないとおそらくWeb企業でエンジニアとしては働けないと思うから、学生時代からプログラミングに触れることをおすすめする。個人的にはこんなことをしてみればいいんじゃないかと思います。

    1. Progateなどのプログラミング学習サイトでプログラミングをして適性を確認する
    2. 楽しいと思ったらさらに勉強を進める
    3. オリジナルアプリ・ポートフォリオを作って公開する
    4. IT企業でエンジニアインターンする

    ですが、おそらく学習を進めていくうちに数々のエラーにぶち当たってストレスが限界突破してしまうと思われます。自分はプログラミングスクールで学習していたから、分からないところはすぐ聞いて解決して次に進むっていうことができた。

    誰にも聞けない状況だと結構苦しいと思うから、お金があるならプログラミングスクールや誰かに聞けるようなサービスなどを使ってみるのがいいと思う。

    ちなみにインターンも探せば出てくるね。Wantedlyなんかで気になるところがあったら覗いてみるといいと思いますよ。

    WANTEDLY

    Wantedly

    どこからやったらいいのか分からなかったら、以下の記事を参考にしてみてね。

    関連記事プログラミング初心者は何から勉強していけばいいのか?おすすめの勉強法を考える!

    まとめ - 文系でもエンジニアになれる

    今回文系でもプログラミングはできるようになるのか、エンジニアとして就職することはできるのか?といった内容を書いたけど、別に文系でも大丈夫っていうのが結論です。

    とはいえ、自ら学んでいく姿勢がないと厳しいと思うから、何か開発したりエンジニアとして働くことに興味があるのならとりあえず無料で使えるプログラミング学習サービスなんかに触れてみるといいと思うよ。

    さあコードを書こうじゃないか。