Notionにスプレッドシートを埋め込んで編集する方法!もうNotionだけ見ればOK!

Notionを触ってみてなんかよい感じだな・・・と思って使い始めた人もいるのではないだろうか。以前Notionでどんなことができるのかっていうのをざっくり書いたけどかなり多くのことができて凄かったね。

今回はそのNotionにスプレッドシートを埋め込んで編集する方法っていうのを見ていきたいと思う。Notionでスプレッドシートの内容を編集することができたら、かなり楽だからね。ではやっていこう。

Notionにスプレッドシートを埋め込んで編集する方法

Notionでスプレッドシートを埋め込んで編集する、同期するっていうのはスプレッドシートの共有リンクを使うのが簡単だと思う。

  1. スプレッドシートから共有リンクを取得
  2. 共有リンクをNotionに埋め込む

リンクを取得して埋め込むだけで、Notionから編集することができる。まあやっていこう。

スプレッドシートから共有リンクを取得する

まずはスプレッドシートを用意する。Notionで編集したいスプレッドシートの右上の共有ボタンから共有リンクを取得しよう。

共有ボタンを押したら、[リンクを知っている全員]に変更して権限を[編集者]にしておこう。じゃないと編集できないからね。

そもそも自分に権限がなかったら編集者にはできないはずだから、閲覧者・閲覧者(コメント可)・編集者で用途に合ったものを選択しよう。別に何にしてもNotionに埋め込めばスプレッドシートを見ることはできるよ。

Notionにリンクを埋め込む

リンクを取得したらそれをNotionに埋め込もう。/を押して[埋め込み]を選択。さっきスプレッドシートで取得したリンクを貼り付けてリンクを埋め込む。

そうするとスプレッドシートを見ることができた。

いやーこれ素晴らしいですね。これができれば毎回スプレッドシートを開くことなくNotionから確認できるから便利。いろんなものをNotionに集約させておけば、もうNotionだけでいろいろできてしまうな。

入力すると同期される

編集者の権限があれば、スプレッドシートやNotionに埋め込まれたスプレッドシートに書き込んでみると双方向に同期されて良き。

編集者じゃなくて閲覧者の権限ならば、閲覧だけできるよ。コメント可ならコメントできるね。

スプレッドシートそのままだから同じように使えて迷うことがない。

Notionのテーブルにデータを適用することもできるけど、同期ができない

スプレッドシートをCSV出力してそれをNotionに読み込ませればNotionのテーブルとして扱うことができるけど、これだとスプレッドシートと同期されない。まあスプレッドシートからCSVとして書き出したものを使うから当然だよね。

ただやっぱりテーブルとして読み込ませることができるのは綺麗に見れていいね。

CSVとしてダウンロード、取り込み

まずはNotionのテーブルで見たいスプレッドシートをcsvとして出力する。

それをCSV取り込みしてやればいい。

そしたら無事に読み込まれた。

悪くないですね。ただチェックボックスは反映されずTRUEとFALSEになっている。テーブルで見ることができるのは綺麗だけど、スプレッドシートと同期されないからデータとして持っておきたいときには使えるね。

まとめ

Notionからスプレッドシートを見ることができる方法を見てみたけど、スプレッドシートの共有リンク埋め込むのが動機できて良いですね。うまいこと活用すれば、Notionだけでスプレッドシートを編集可能になってしまう。

こういうことできるならもう全部Notionに集約して使ってやれば最高だ。