4G,WiMAX,WiMAX2+,フレッツ光を使用してみた

auのモバイルルーター HWD14

HWD14
このモバイルルーターは、2013年にauから発売された、4G、WiMAX、WiMAX2+、対応のモバイルルーターです。4G回線は、一月に7Gまでの制限がありますが、いままで使っていた、3G回線のモバイルルーターに比べて通信速度が速い分、ストレスなく使用する事が出来ます。さらにWiMAXの方は、一月の制限がないので、WiMAXの通信エリア内なら通信量を気にせずに使用する事ができます。ただ、WiMAXのアンテナが少ない地域に行くと、通信速度がかなり不安定になることがあります。外では、普通に通信できていても、ちょっと店の中とか室内に入ると、一切データ通信をしなくなる事が地域によってたまにあります。そういう時は、4G回線に切り替えれば良いのですが、気がつかない時がたまにあるので、そこがちょっと不便です。ただその事を除けば、すごく便利なので、今でも外に出かける時には、持ち歩いています。(持っている携帯電話が7G制限を越えないようにする為と、携帯ゲーム機をたまに外で通信する為)
このモバイルルーターの便利なところは、液晶画面がタッチパネルで操作できるように出来ているので、スマホ感覚で操作も簡単です。あともうひとつは、携帯電話の給電が出来るところです。スマホの電池が、足りなくなった時は、この機能のおかげで何度か助かりました。
モバイルルーターの充電時間は、9時間前後です。(夜、寝る時に充電しておけば、朝には使えるようになってます)

フレッツ光

フレッツ光
おもいっきり割と2年割のキャンペーンをしていた時に、契約しました。光回線を使用しているので、モバイルルーター等とは、違い常に通信速度が安定しています。家では、スマホが2台、iPadが1台、携帯ゲーム機のWi-Fi接続とパソコンと光テレビを同時接続していても、通信速度を気にする事は、ほとんどありません、モバイルルーターと違い通信量の規制もないので、気にしないで使用する事が出来ます。自宅にいる時は、スマホをWi-FI接続するので、スマホの7G規制の事も気にしなくて良いのでとても助かります。
契約する時、au光とフレッツ光のどちらにしようか迷っていたのですが、その時は、フレッツ光のほうがキャッシュバックやサービスが安定していたようなのでフレッツ光に決めました。フレッツ光にしたもうひとつの理由は、光テレビがあるところです。フレッツとは、別の契約ですが、専門チャンネルの他に地デジの放送が見れるところです。自分が住んでいる地域は地デジ放送の電波が安定していないので、光テレビで、地デジを見ることにしています。録画もハードディスク(別売)に録画出来るのでとても便利です。
最近色々な携帯会社が光通信を始めたようなので、また勉強し直さないといけないと思いながら、便利なので、光通信を使っています。

ソフトバンクのモバイルルーター007Z

007z
モバイルルーターの仕様などがまったくわからなかった時に買った機種です、Wi-Fi通信していると突然、通信が止まってしまう、最初はなにが原因なのか全然、意味がわかりませんでした。ネットで色々調べていると、iPhoneのアプリにルーターの起動、再起動、終了を制御するアプリがあったので、そのアプリを使い、このルーターの契約期間の2年間を乗り切りました、このアプリがなかったら、すぐに解約していたかもしれません。
ルーターの性能は、3G回線を使用していたので、今の4G回線に比べるとかなり見劣りしますが、その頃は、モバイルルーターが珍しくて仕方なかったので、Wi-FIを色々試して遊んでいました、この機種を買ったおかげで、店員の話だけで契約しないで、色々と調べてから契約するようになりました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事