LINEで写真・画像の文字起こし、翻訳を行う方法【OCR文字認識】

今回はLINEを使って写真から文字起こしするっていうことをやっていきたい。OCRっていうやつでGoogleドキュメント使ったりプログラム書いたりして、このサイトでも試したりしたけどLINEでもそれを行うことができる。自分の持っている写真からその写真に写っている文字を取り出してテキストにしてくれるっていうやつ。

LINEを使っていれば使うのは簡単だから、とりあえずやっていこう。

LINEの文字起こし機能とは

LINEには画像の中にある文字をテキストにすることができる機能がある。使い方ガイドにも載っていますね。

LINEの便利な機能の一つに「文字認識」機能があります。画像内の文字を自動で書き起こせる機能で、変換したテキストをコピーしたり友だちに転送したりできます。また、テキストは他の言語に簡単に翻訳できるので、海外旅行先で現地の看板を読み取る時などにも便利です。

「文字認識」機能の使い方

確かに画像内の文字を抜き出して翻訳してくれるなら、海外旅行先でも便利ですよね。何書いてあるのか分からないものあっても写真撮って読み取ってしまえば翻訳して日本語で読むことができる。

使い方は簡単で、LINEトーク画面の画像をクリックして右上のボタンをタップすればOK。

適当にこのサイトのスクリーンショットを試してみると画像から日本語がすぐに出てきました。

翻訳する

翻訳機能もあるから試しに英語から日本語に翻訳してみる。

すると英語がちゃんと日本語に翻訳されていますね。速度も速いしなかなかのもの。

自分が持っている画像を翻訳する

LINEのトーク画面って相手から送られた画像しか文字起こしできないんじゃない?って感じるかもしれないけど、自分が送った画像も文字起こしすることができる。だから自分が持っている写真から文字を抜き出して欲しかったら、Keepメモかなんかに画像を送って同じように文字起こしをしてやればいい。

この場合も画像からテキストが出てきますね。ちなみに画像から抜き出されたテキストは[シェア]ボタンからLINEのトーク画面に貼り付けて送信することができる。

英語で書かれた翻訳したい画像がある場合も、Keepメモに送信して翻訳してやればなんて書いてあるのか簡単に知ることができますね。

カメラから文字起こしする

LINEのカメラで写真を撮ってすぐに文字起こしするっていうこともできる。あんまり使わないだろうかもしれないけど、LINEのカメラ使ってみよう。カメラが起動したら[文字認識]を選択してシャッターを切ると、撮った写真から文字起こししてくれる。

文字認識するのが目的なら最初からLINEのカメラ使って[文字認識]してみるのが良さそう。

選択した部分を文字起こしする

カメラで撮影した一部分を文字起こししたい!っていう場合にはタップやドラッグすることでその範囲を指定することができる。

翻訳する時なんかは選択した部分だけ翻訳したいだろうし、そうしないとどこの文とどこの翻訳文が対応しているのか分からなくなってしまうからね。

パソコンのLINEからでも文字起こしできる

パソコンでLINEを使っている人も多いだろうけど、パソコンのLINEアプリからでも画像から文字起こしをすることができる。

文字起こしの対象言語

文字起こしすることのできつ言語はこんな感じみたいですね。

対象言語

読み取れる言語:日本語、英語、中国語(繁体・簡体)、タイ語、インドネシア語、韓国語
翻訳できる言語:

・日本語から→英語、韓国語、中国語(繁体・簡体)

・英語から→日本語、中国語(繁体・簡体)、タイ語、インドネシア語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、ロシア語、ミャンマー語、ベトナム語、アラビア語、ペルシア語、ヒンディー語

・中国語(繁体・簡体)から→英語、日本語、韓国語

・韓国語から→英語、日本語、中国語(繁体・簡体)

・タイ語&インドネシア語から→英語

「文字認識」機能の使い方

まあ普通に使う分には大丈夫だろうけど、例えばロシア語で書かれて文書画像を読み取って翻訳したい・・・とかなったら無理ですね。英語はできるから英語圏の海外旅行で分からない画像あったらカメラで読み取ってやれば内容はわかりますね。フランス語とかも読み取って翻訳できればよかったのになあ。

文字起こしばりぐっどんを使って文字起こしする

文字起こしをしてくれるアカウントも存在する。名前は文字起こしばりぐっどくん。文字起こしばりぐっどくんからから友達追加して使うことができる。文字起こししてほしい画像を送るとその画像のテキストを文字起こししてくれる。

さっきまではLINEの文字起こし機能を見てたけど、とりあえず文字起こししたものはトークにすぐに送ってくれや!っていう場合には文字起こしばりぐっどくん使うのが良さそう。

ただLINEの機能のように翻訳してくれる機能はないから翻訳してほしい時にはLINEの機能を使った方が良いですね。LINEの翻訳結構便利かもしれん。

まとめ

LINEで簡単に画像の文字起こしをすることができるのは便利かもしれませんね。トーク画面に送られた画像から簡単にテキストを抜き取ってくれて便利です。そんな機会があるのか分からないけど、画像から文字抜き出してなんかしたいわっていう時に使える。

関連記事

文字起こし系の関連記事を載せておくね。

動画編集するときにテロップ入れ面倒ですよね。動画の音声から文字起こししてテロップを入れてくれるやつらを紹介しています。今やPremiereProでも音声のテキスト化ができますからね、凄まじい。

文字起こしのアプリやサービスを知りたかったらこちら。

簡単に文字起こしを体験したいなら個人的にはGoogleドキュメントに画像を放り込むのがおすすめ。突っ込むだけでその画像から文字をし抜き出して出力してくれる。

おすすめの記事