【最速】Macのデスクトップ切り替え設定を最適化!作業効率を高めよう!!

Macで作業している人結構いますよね、あなたもそんな中の一人だろうか。自分もMacはよく使っていて、今この文章を書いているのもMacbookPro。でもノートパソコンだから画面は1画面しかないし、いつの間にか散らかる画面。いろんなアプリを開いて埋め尽くされるのが日常だ。ごちゃごちゃするとどこに何のアプリがあるのか分からないし何より見にくい。

そこで今回はごちゃごちゃしたデスクトップにせずに切り替えて使う方法を模索していきたい。いろんなアプリがいたるところにあってどうしようもない・・・っていう場合には参考にしてみてくれ。デスクトップの綺麗さにもしかしたら貢献する方法があるかもしれない。

Macのデスクトップを切り替える方法

Macで作業をしていれば当たり前になっているかもしれないけど、まずはMacのデスクトップ切り替えの方法を見ていこう。Macは3本指で上に画面をスワイプスるか[controle + ↑]でこんな風に幾つかの画面を表示することができる。

上の方には今開いているデスクトップが表示されて中央には今見ているデスクトップのアプリケーションが現れる。デスクトップの追加は+ボタンから可能でどんどん追加していくことができますね。

これはMissionControlといってシステム環境設定のMissionControlから機能をカスタマイズすることができます。ショートカットキーや操作を変えたかったら、いじってみるといいかもしれません。

ちなみにデフォルトではオンになっていないだろうけど、[ウィンドウをアプリケーションごとにグループ化]っていうのにチェックを入れると、こんな風にアプリケーションのアイコンが表示されて複数開いていたならそれがまとまってくれる。

ちょっとした変化だけど、アプリケーションのアイコンが表示されるのは可愛らしくていいですね。

デスクトップ切り替えをコマンド・スワイプで行う

デスクトップを作成したら、それらを切り替えて作業したいですよね。デスクトップっていうのはこの上の方に表示されているデスクトップ1とかデスクトップ2とかいうやつ。この画面は[Control + ↑]か3本指か4本指で上にスワイプすれば出てくる。

そして、これらのデスクトップを切り替えるには[Control + 左右の矢印キー]か3本指か4本指で左右にスワイプすればOK。

とりあえず3本指か4本指で上下左右にごちゃごちゃやっていれば掴めるはずです。

Macのデスクトップを綺麗に効率よく使う

Macのデスクトップを切り替えて作業したいっていうのは、1つの画面にいろんなものが置かれてしまってどこになにがあるのか分からんっていう状態になってしまうからですよね。デスクトップにはいろんなスクリーンショットが溜まり、数々のアプリケーションが溜まりもはや見たくもない画面になってしまいがち。

そんな画面を改善していくにはまずはいらないものを除去し、アプリケーションの操作をスマートに行うことでしょう。ここではそんなことを書いていきたい。

スクリーンショットの保存先を変更する

Macはなにもしなければデスクトップにスクリーンショットが溜まっていきますよね。すぐに見れて便利かもしれないけど、あれは放っておくとかなりのゴミになっていきます。こっちの記事にスクリーンショットの保存先を変更する方法は書いたから、「スクショの保存先変えてえ・・・!」って思っている方は参考にしてみてください。

それとスクショの保存先も含めてだけど、デスクトップを綺麗に保つには以下のような方法なんかがある。

  • スクショの保存先をデスクトップ以外にする
  • スタック機能を使う
  • デスクトップのファイル等の表示・非表示を切り替える

これらはこちらに書いておいたから、Macを開くたびに綺麗な画面を保ちたい・・・!っていう人は参考にしてみておくれ。(まあデスクトップのものは問答無用でゴミ箱につっこんでしまうという手段もあるが・・・)

1デスクトップ1アプリにする

不要なアプリやスクリーンショットも画面には表示されていないし綺麗!となっても甘いです。例えデスクトップの画面になにも置かれなくなったとしても作業中にいくつものアプリを開くことによってどんどん汚されていきます。

いつの間にかこんな風に1つのデスクトップに複数のアプリが立ち上がっていることありますよね。こうなるとストレス値が上昇してくるのを感じます。部屋が散らかっている時のあの感覚です。これを避けるために作業する時には1つのデスクトップには1つのアプリしか置かないっていうことをやるのがおすすめです。

こうするとなにがいいかというと、アプリケーションの切り替えとデスクトップの切り替えを一発で行えることです。3本指で左右にスワイプすれば他のアプリが開かれている画面に行けるわけです。

[command + tab]でアプリケーションの切り替えを行なっている人も多いと思うけど、これで切り替えてもいいですね。そのアプリケーションのデスクトップにいってくれる。

デスクトップをショートカットで切り替える

[Controlキー + 左右の矢印キー]でデスクトップ間の移動はできるけど、他のショートカットキーで移動させることもできる。システム環境設定からキーボードと進んでMissionControlのショートカットを見てみよう。

デスクトップ1へ切り替えやデスクトップ2へ切り替えっていうのがありますね。[Controlキー +数字の123・・・]で移動できるっていうやつだ。数字で移動させたいならこれらにチェックを入れておくといいでしょう。

デスクトップ切り替えのショートカットキー設定

↑で表示したMissionControlのショートカットキーの設定だけど、これは自分が開いているデスクトップの数に応じて表示が変わる。例えばデスクトップを3つしか開いていないなら[デスクトップ3へ切り替え]までしか出ないし、デスクトップを5つ開いていれば[デスクトップ5へ切り替え]っていうのが表示される。

なのでショートカットで華麗にアプリケーションとデスクトップを移動させたいならこんな流れでやるといいでしょう。

  1. 自分が使うアプリケーションの数に応じてデスクトップを開く
  2. 開いた分だけショートカットにチェックを入れる

設定してしまえば移動は全部コマンドで済むから慣れてしまえばかなり切り替えが早くなるはず。

デスクトップにアプリケーションを割り当てる

このデスクトップにはこのアプリケーションを設定する!なんていうことができます。このアプリを開いた時にはこのデスクトップに入れてねっていうやつですね。

例えば、Safariをデスクトップ1に固定したかったらデスクトップ1を開いてDockのSafariを右クリックし、オプションからこのデスクトップを選択。こうすることによってSafariを閉じて別のデスクトップ(例えばデスクトップ2)で開こうとしてももデスクトップ1で開くことになる。

毎回使うアプリが決まっているような場合は、幾つかデスクトップとアプリを紐づけておくと楽だと思います。

Finderなんかはすべてのデスクトップがおすすめ

デフォルトの状態でもそうなんだけど、Finderってこのデスクトップで開いて欲しいって思っても別のデスクトップで開かれているものを見にいってしまって困りませんか?自分結構いろんなデスクトップでFinder開いているのだろうか。

Finderに限ったことじゃないけど、こういう場合そのアプリケーションはオプションから[すべてのデスクトップ]に設定しておくといいです。

こうするとFinderを開こうと思ったら、そのデスクトップで開かれるから作業が楽になる。

デスクトップの並び順を固定させる

自分で使いやすいようにこのデスクトップにはこのアプリっていう並び順を作成したのに、MissionControlの設定によってそれが崩れてしまう可能性があります。[最新の使用状況に基づいて操作スペースを自動的に並び替える]っていう項目にチェックが入っていると意図しない動作になるかもしれないぞ。

デスクトップ4にはこのアプリって指定していたのに、自動的に並び替えられて別のアプリのデスクトップになっていた・・・なんてことになりかねないから注意しておこう。

それぞれのデスクトップにアプリケーションを割り当てる

デスクトップを作成や切り替える方法は分かっただろうか。それぞれのデスクトップにアプリを1つおいて切り替えて使えば楽なんだけど、アプリを起動するのがそもそも面倒くさい。SpotlightやAlfredで検索したりDockからクリックして起動したりもいいんだけど、もうちょっと楽にすることができる。

Snapでアプリケーションを割り当てる

Snapって知っているでしょうか。これはアプリの起動をコマンドで行うことができるんだけど、Dockの左から順に[command + 1][comannd + 2]・・・っていうキーが割り振られる。

だからDockの順番さえいつも使うアプリで埋めておけばcommand + 1, 2, 3・・・のように連打するだけでそれらのアプリを開いてくれるというわけだ。是非とも試して欲しい。

Snap

アプリケーションの起動にショートカットキーを割り当てる

起動が面倒だったらその起動をショートカットキーでやってしまえばいいんじゃないか?っていう思考にもなるがAppleのページを見てみるとこんなことが書かれている。

キーボードショートカットは既存のメニューコマンドに対してのみ作成できます。アプリケーションの起動などの一般的な目的のタスクに対してキーボードショートカットを作成することはできません。

Macでアプリケーションのキーボードショートカットを作成する

アプリケーションの起動はキーボードショートカット作成できないって書かれているけど、工夫すればできなくもない。こっちの記事のMacのショートカットキーでアプリケーションを起動する」っていう見出しで書いたので、気になったら試してみるといいかもしれないぞ。

おすすめのデスクトップ切り替え方法

Macのデスクトップ切り替えとかアプリケーションとか色々書いてきたけど、お前がおすすめする切り替え方法なんなん?ってところですよね。自分がおすすめする切り替え方法はこれです。

  1. 必要なデスクトップ数を作成する
  2. アプリケーションはオプションからデスクトップに固定しておく
  3. Snapでアプリ起動/切り替え

まず最初のデスクトップの作成だけど、これは自分が使うアプリの数だけ作ります。1アプリ1デスクトップの法則です。

アプリケーションとデスクトップの固定だけど、これはアプリをオプションから「このデスクトップ」に指定しよう。この時に後でSnapを使う時のことを考えてDockのアプリの順番は固定しておきます。

アプリの起動・切り替えはSnapを使うんだけど、SnapはDockの左端から順番にcommand + 1, command + 2・・・のようにキーを振ってくれるんでした。Dockの左によく使うアプリを置いておいておけばそのキーを打つだけでアプリを切り替えられるはずです。デスクトップとアプリは紐づいているので。

これでcommand+1、2、3・・・のように打っていくだけでデスクトップの切り替えとアプリの切り替えができる。コマンドだけで移動って最初はなれないけど、慣れてしまえばこっちのものですね。

デスクトップを遷移するときのトランジションが気になったら、macOSでディスプレイ1枚で作業する技術を見てみるとTotalSpaces2っていうアプリを使ってみるのもいいかもしれない。

まとめ

Macのデスクトップ切り替えについて書いてみたけど、どうだっただろう。ノートパソコンだと画面がひとつしかないからいつの間にかアプリやらファイルやらで散らかってしまうけど、デスクトップの切り替えをうまく使えば割とスマートに操作できるかもしれません。今回いくつか方法を紹介したけど大事なのはこれだと思います。

  • 1デスクトップには1アプリしか置かない

command + tabで移動、snapを使った移動など見てみたけど、これさえ守っていればデスクトップを荒らすことなく作業できるんじゃないかと思う。デスクトップの移動に関しては3本指で移動したりもできるし好みでしょうか。

こういう設定とか使い方って一度慣れると別のやり方でやるの難しくなってくるから、慣れるまでが勝負ですね。

関連記事

いくつか関連記事を載せておきます。気になるのがあったら見てみてね。この記事を見ているということは、効率とか求めているのかな、どうなんだろう。

おすすめの記事