Photoshopでバッチ処理!【リサイズ・ファイル名・トリミング・jpeg】

写真を加工するのにPhotoshopを使っているだろうけど、Photoshopにはバッチ処理できる機能が備わっています。複数ファイルに何か同じような加工を施したいときなんかにはかなり便利な機能。

一度処理を記録させてしまえば、あとでその処理をワンクリックで呼び出して使うことのできるアクションを使ってバッチ処理をしていこうっていうのが今回の記事。

例として画像をリサイズしたりトリミングしたりするのをバッチでやってみます。ドロップレットっていうドラッグアンドドロップで処理を行ってくれる機能もあるから、それも使うとより便利になるかもしれないぞ。

Photoshopのバッチ処理とは

バッチ処理ってプログラム扱う時には使ったりするけど、Photoshopのバッチ処理を使うと複数の画像を一括で加工することができる。例えば一括でサイズを調整したりといったことですね。

バッチ処理は[ファイル→自動処理→バッチ]と進むとすることができるんだけど、そこでどんなバッチ処理をしたいのかっていうアクションとそのアクションを適用するフォルダを指定していく。

アクションっていうのは一連の処理を記録して再利用することができる機能。

アクションとは、Photoshop での一連の作業を記憶しておいて、必要な時に再利用できるようにする機能です。いくつもの作業をその都度メニューから選択して実行する手順を、アクション機能を使用することにより、2、3 のステップで自動的に実行することができます。

アクションの作成および再生方法

面倒な加工でも一度それを記録してしまえば、ワンクリックだけでその加工を行うことができるから楽ですよね。1枚の画像に対しても行えるけど、フォルダに入った複数の画像に対しても行うことができる。

そのフォルダに入った複数の画像に対して行うっていうのがPhotoshopのバッチ処理。

Photoshopでリサイズのバッチ処理をする

ここからはPhotoshopのバッチ処理をやっていくんだけど、まずはリサイズから。写真をリサイズするアクションをまずは作ろう。

Photoshopで画像をリサイズする時って、画像解像度から画像サイズの横幅と縦幅を指定して保存っていう流れだと思うけど、この動作毎回面倒ですよね。保存する画像サイズが毎回決まっているなら尚のこと。そこで使うのが画像をリサイズするアクションですよ。

まずはリサイズしたい写真をPhotoshopで開いてウィンドウからアクションを選択しよう。

そうするとあくしょんがいくつか出てくるけど、ここにリサイズのアクションを作りたい。+ボタンからアクションを作ろう。アクション名は好きなものでも何でもいいです。

記録ボタンを押すとこれから行う処理の記録が行われるから、記録ボタンを押したら画像をリサイズする処理をいつものようにしていくっていう流れですね。記録ボタンを押したら、赤いマークが表示される。

さあここから[イメージ→画像解像度]と進んで、画像サイズを指定しよう。

画像サイズを指定したら保存だ。[ファイル→保存]で保存すれば指定した画像サイズで保存される。

ここまでは普通に保存しただけだけど、ここまでやった操作は記録されているから停止ボタンを押して停止しよう。

リサイズって名前でアクションを記録したから、その名前で作られていますね。画像をPhotoshopで開いて再生ボタンを押せば、一発で画像がリサイズされるよ。

いつもPhotoshopで画像を開いて[イメージ→画像解像度→サイズして→保存]っていう流れをたどってきたなら、これからはサイズが決まっている場合は一発でリサイズして保存することができる。

ちなみに画像サイズの変更だけならPhotoshopを使ってやる必要もないと思うから、もっと簡単な方法を使ってみてもいいかもね。Macならプレビューの方が起動は早いしAutomatorでクイックアクション作ればサクッとできる。

複数の画像をバッチ処理でリサイズする

Photoshopで開いている1枚の画像じゃなくて複数の画像を一括でリサイズしたい・・・!っていう場合ありますよね。そんな時にはバッチ処理を使ってやりましょう。実行する前にリサイズしたい画像を集めたフォルダを作っておく。

そしたらPhotoshopからこのフォルダに向けてリサイズのアクションを実行したい。ファイルから自動処理と進んで、バッチを選択しよう。

フォルダを選んでそのフォルダに対して実行するアクションと、実行後に保存したいフォルダを指定することができる。

だけど今回はフォルダを別にして保存する必要はないので、実行後はなしでやろう。

これで実行すればそのフォルダに入った画像たちがリサイズされるはず。

リサイズ前のフォルダとリサイズ後のフォルダを別にする

リサイズ前のフォルダには元の画像サイズの画像を残しておいて、リサイズ後のフォルダにはリサイズした画像があるっていう状態にしたい場合もありますよね。そんな時にはリサイズ処理が実行された後に保存されるフォルダを用意しておこう。

ただ一度に複数の画像を処理する場合、このままさっきのアクションを使うと無駄に保存の処理が走ってしまったり、JPEGの変換処理で画像の枚数分だけこの選択をしないといけなかったりして面倒です。

これは避けたい。普通に保存する処理は消して新たに別名で保存する操作を加えます。記録するボタンを押してから、別名で保存してやろう。

別名で保存するときに名前を入力しないといけないけど、これは何でもいいです。実際にバッチで処理するときにはファイル名を指定できるので。

これでリサイズのアクションがこんな感じになったらOK。

後はバッチ処理するときにリサイズ前の画像が集まったフォルダとリサイズ後のフォルダを指定して、「別名から保存コマンドを省略」にチェックを入れよう。ファイルの名前もここで選べるけど、デフォルトのままでいきます(元のファイル名になるはず)

これで実行するとリサイズ前の画像フォルダには元のサイズの大きさの画像が、リサイズ後のフォルダにはバッチ処理でサイズ変更された画像が保存されている状態になる。

Photoshopでファイル名のバッチ処理をする

複数のファイルのファイル名を一括で変更したい・・・っていうときありますよね。そんな時にもバッチ処理は使える。

実はファイル名の変更はファイル名を変更するアクションを作らなくても可能で、例えばさっき作ったリサイズのバッチを実行する際にファイルの名前を指定できる。

1桁のシリアル番号で指定して実行してみると、実行後のフォルダにはこんな風なファイル名で保存される。

とても簡潔になっていいですね。このファイル名は他にもいろいろ選ぶことができるからファイル名を指定する際に試してみるといいですよ。

アクションは指定しないといけない・・・

バッチ処理からファイル名を一括で指定して変更することができるのは分かったけど、アクションはしていないといけないですよね。さっきはリサイズのアクションでやったけど、リサイズしなくていいしな・・・なのでアクションは適当に作ります。別名で保存するアクションを作る。

これで記録するのは別名で保存するだけ!

別名で保存したら停止ボタンを押して保存しよう。

後はこの作った別名で保存っていうアクションをバッチ処理する際に指定してやって、「別名で保存コマンドを省略」にチェックを入れる。これでフォルダを指定して、ファイル名を好きなようにしてやればファイル名が変えられますね。

実行前と実行後のフォルダを同じものにして、ファイル名を4桁のシリアル番号でやったらこんな感じになりました。

Photoshopでトリミングのバッチ処理をする

トリミングを一括でしたい・・・!っていう時も同じようにトリミングのアクションを作成してやればいい。

トリミングが終わったら停止ボタンを押そう。

そしたら新たな画像を開いてトリミングのアクションを再生してやればいいだけなんだけど、画像サイズが違ったりして変なトリミングのされ方になっちゃいますね。なので一度画像サイズを調整する操作を加えてからトリミングをするっていうアクションにしてやるといいかもしれない。

作成したら、トリミングを選択して再生ボタンを押せば画像サイズが調整されてトリミングされる。

バッチ処理で複数画像をトリミングする

複数のファイルをトリミングしたいときには、バッチ処理ですよね。

これでトリミングしたい画像を集めたフォルダを指定してやれば、そのフォルダ内にある画像がトリミングされる。だけど、トリミングって画像を見ながらじゃないと変な感じでトリミングされる可能性が高いからバッチ処理でトリミングってあんまりやらなそうだ。

てJPEG/PNG等の拡張子に変換するバッチ処理

ファイルの拡張子を一括で変換したい・・!っていうときありますよね。まずはアクションを作ろう。今回はPNGに変換するようなアクションにしたいからPNG変換っていう名前でいく。

これで[ファイル→別名で保存]からファイルの種類をPNGにする。

[ファイル→書き出し→書き出し形式]からPNG指定してやればいけるかな?と思ってやってみたけど、その場合だと記録されなかったからやめた。後は記録を停止してこんな感じになったらOK。

[ファイル→自動処理→バッチ]から今作ったアクションを指定してやればOK。

実行結果を見てみると画像がPNGになっていますね。

ドロップレットを作成してPhotoshopを開かずにバッチ処理を行う

今までPhotoshopの[ファイル→自動処理→バッチ]からバッチ処理をしてきたけど、いちいちPhotoshop開いてやるの面倒ですよね。

Photoshopにはドロップレットっていう処理のショートカットみたいなやつを作ることができる。[ファイル→自動処理→ドロップレット]と進んで作成しよう。

ここで作成するんだけど、バッチの処理を設定するときと同じような感じですね。今回はリサイズのアクションを設定してドロップレットを作る。

Desktopにドロップレットを置いて画像をドラッグアンドドロップしてやると・・・

サイズが変更されたものが指定したフォルダの中に入っていますね。

ただドラッグアンドドロップするとPhotoshopが開いてしまうから、Photoshopが起動して処理が行われるっていう感じになるね。もっとスパパーンっていけばよかったけどそうもいかなかった。まあドラッグアンドドロップでやれるのは楽ですね。

試しにやったリサイズぐらいならMacのAutomatorとかWindowsのPowerAutomateDesktop使った方が早くできそうだけど、Photoshopの他の機能を使ったアクションなら重宝するかもしれない。

まとめ

今回見てみたのはこんな感じでした。

  • 画像のリサイズをバッチ処理で行う
  • 拡張子の変更をバッチ処理で行う
  • トリミングをバッチ処理で行う
  • ドロップレットを使った処理

1枚の画像に対して決まった操作を記録して適用するアクションも便利だけど、バッチを使えば複数画像に対してそのアクションを適用することができる。毎回決まった加工をするっていう場合には結構使えそうですよね。

ドロップレット作って後はドラッグアンドドロップで処理してしまうっていうのもかなりの時短になりそうです。毎回ルーティン的になっているPhotoshopの作業があれば何か作ってみてもいいかもね。