iPhoneでアプリを隠す方法【ホーム画面・AppLibrary・AppStore・Siriから隠蔽】

今回はiPhoneのホーム画面やApp Store、Siriからアプリを隠す方法っていうのを見ていきたいと思う。やっぱり何かしら他の人に見られたくないアプリってあったりすると思うんですよね。そんな時にもしかしたら使える方法。自分だけの秘密にしたいアプリには隠し技を使ってみられないようにしよう。

ホーム画面からアプリアイコンを削除する

ホーム画面からアプリを消すだけなら簡単ですよね。取り除きたいアプリアイコンを長押ししてホーム画面から取り除いてやればいいだけ。長押ししたら[Appを削除]をタップ。

[ホーム画面から取り除く]っていうのが出てくるからそれをタップすると取り除かれるよ。

ホーム画面に追加したかったら

ホーム画面にアプリアイコンを追加したかったらApp Libraryから追加したいアイコンを長押しすればホーム画面に追加することができる。

ちなみにApp Libraryの検索からアプリを検索して、それを長押ししてもホーム画面に追加できるよ。

ホーム画面にアプリアイコンを置きたい場合

ホーム画面からそのアプリのアイコンは消したけど、ホーム画面からやっぱり起動したい・・・!っていう場合にはショートカットアプリから別のアイコン画像を使って起動させるのが良いと思います。

例えば、これはホーム画面にショートカットで作ったものだけどタップするとTikTokが起動する。

作り方は簡単で、使うアクションは1つだけ。[スクリプティング→Appを開く]と進んで開きたいアプリを選択しよう。

[選択]をタップして、今回はTikTokを開くことにする。

あとは[ホーム画面に追加]をタップして、アイコンは自分好みの写真に設定すればいいだけですね。

自分の好きな写真を設定することができるから、結構自分好みのホーム画面にできるんじゃないだろうか。ホーム画面をカスタマイズしたかったら、こちらの記事を参考にどうぞ。

AppStoreのコンテンツリストに表示させない

AppStoreから自分がダウンロードしたアプリを見ることができるのは知っているでしょうか。AppStoreを開いて、右上の自分のアカウントアイコンをタップしてから[購入済み]をタップすると自分がダウンロードしたアプリを見ることができる。

ここにインストールしたアプリを表示させたくない・・・!っていう気持ちになる場合もあると思うからその場合は、隠したいアプリを非表示にするっていうのも手です。アプリを検索して左にシュッとスワイプスると出てくる[非表示]をタップすると表示されなくなる。

非表示にしたアプリは再表示できる・・のか・・・?

これ再表示どうやってやるのかな?って思うんだけど、もしかしたらできない・・・?AppleのサポートページであるApp Store で購入した App を非表示にするを見ると再表示できるようなことが書いてあるんだけど、「非表示の購入済みアイテム」なんてボタンないんだよなあ。

Macからも再表示の設定できるっていうから、MacからAppStore開いて確認してみてもダメですね・・・

うーんなんだろうバージョンの問題とかかな。。。

ホーム画面ごと隠す

ホーム画面を長押しすると、下のほうに点々が表示されますよね。これをタップするとホーム画面に表示する画面を選択することができる。

ここでチェックを入れたものだけホーム画面として表示される。

ホーム画面にいっぱいアプリがあってそれらを表示させたくないっていう時には、ホーム画面ごと非表示にしてしまうのが楽だね。

フォルダでアプリアイコンを隠す

フォルダで隠すっていう手法もありますよね。アイコンを長押ししてそれを他のアイコンに重ねるとフォルダを作ることがえきる。ホーム画面がフォルダでいっぱいっていう人もいるでしょう。フォルダの中にアプリアイコンを入れると隠されている感が出る。

ポイントは上の画像のように1つ目のフォルダに全てのアイコンを入れるんじゃなくて、左にスワイプして2つ目に隠したいアプリアイコンを入れることだ。

こうするとホーム画面を見ても、一見2つのアイコンしかフォルダにないように見える。ホーム画面にアプリアイコンが他にも色々並んでいるなら一層馴染んでくれるだろう。

スクリーンタイムを使ってアプリを隠す

スクリーンタイムからコンテンツの制限をすることによってアプリを隠すことができる。これの良いところは、AppLibraryにも表示されなくなるところ。設定からスクリーンタイムと進もう。そしたら[コンテンツとプライバシーの制限→コンテンツ制限→App]といく。

何歳以上かの設定をここですることができるんだけど、年齢を選ぶと、対象年齢が設定した年齢以上のアプリじゃないと表示されなくなる。

例えば、9歳以上にしてtiktokをApp Libraryの検索バーから検索してみると、検索結果に表示されなくなる。

ホーム画面でアプリを隠しても、結局App Libraryには表示されちゃうからそれが気になっていた人には良いかもしれない。戻したい時には、設定で再度制限を外してやればいい。

年齢制限をするとアプリの起動できなくなるよ

年齢制限をするとただ単にホーム画面とApp Libraryから対象年齢に満たないアプリが表示されないっていうだけじゃなくて、アプリ自体の起動ができなくなる。

例えば、ショートカットアプリでTikTokを起動するショートカットを作成してホーム画面に追加しても、コンテンツの制限で9歳以上なんかにしていると起動することができない。

まあそりゃそうだよねっていう感じもあるけど、単に隠したいっていうだけなら起動してくれたら助かったのに笑

SIriにアプリを検索させない

ホーム画面を下に指でシュッてやると検索バーが出てきたり、Siriからの提案が出てきたりしますよね。

ここで検索させたくない場合、設定から検索させないようにすることができる。表示させたくないアプリを[設定]から選択しすると[Siriと検索]っていうのが出てくるからタップ。

いくつか項目が出てくるから、ここで機能をOFFにしてやればいい。

例えば、検索でAppを表示をOFFにすれば検索バーからアプリを検索しようとしても表示されなくなりますね。

まとめ

いくつかアプリアイコンを表示させない方法を見てきたけど、今回紹介したのは以下の方法。

  • ホーム画面からアプリアイコンを削除
    • ショートカットアプリからアイコンを変更して起動することも可能
  • ホーム画面ごと削除
  • スクリーンタイムからコンテンツ制限をして非表示に
    • App Libraryからも見えなくなる(検索しても出てこない)
  • AppStoreのリストに表示させなくする
  • Siriからの検索をさせなくする

ホーム画面からアプリアイコンを取り除くのは簡単だけど、App Libraryが今はあるからそこから分かってしまうよね。スクリーンタイムからコンテンツ制限すればApp Libraryにも出てこなくなるからApp Library気にする人はそれぐらいしかないかな。

アプリじゃないけど、写真を隠したい・・・っていう時もあると思うから写真隠したかったらこっちを参考にしてみておくれ。

おすすめの記事