【写真の位置情報から何が分かる?】iPhoneカメラの位置情報設定と写真を見直してみよう!

写真ってよくよく見ると、その写真が撮られた位置情報が分かってしまったりしますよね。写真から位置情報が分かってしまうなんて怖いので、今回はiPhoneでカメラで写真を撮る際の位置情報の設定と位置情報を見れた場合どんな情報を見ることができるのか?っていうのをやっていきたい。

iPhoneカメラの位置情報設定

まずはiPhoneのカメラの位置情報を見ていこうと思う。[設定→プライバシー→位置情報サービス]と進んでカメラを選択しよう。

するとカメラに位置情報を許可するかどうか見ることができる。ここでカメラに位置情報を許可してあると写真からその写真が撮られた位置情報をみることができてしまう。

写真から位置情報を見る

iPhoneから写真の位置情報を見る

写真アプリから位置情報を見たい写真を選んで上にシュッとスワイプしてあげると、位置情報が許可されている場合はその写真が撮られた地図や郵便番号、住所が表示されてしまう。

ここまで正確にわかってしまうのは怖いですよね。住所って・・・位置情報を許可していないと、シュッと上にスワイプしても情報は表示されないですね。

windowsのフォトから写真の位置情報を見てみる

windowsのフォトから位置情報が付与されている写真を見てみるとこんな感じ。写真を開いてファイル情報を見てみると・・・

緯度・経度なんてわかってしまいますね。緯度・経度が分かってしまえば場所の特定なんてちょろそうですからねえ・・・

Macのプレビューで見てみる

Macのプレビューで見てみるといろいろ見れますね、怖い怖い。こっちでも緯度経度、地図なんかが表示されてこれは自分が撮った場所分かってしまう・・・

位置情報を知られたくないならカメラの位置情報をOFFにしよう

iPhoneのカメラデフォルトで位置情報オフになっているのかな?設定からカメラの位置情報が「なし」になっているか確認してなっていなかったらOFFにしとくのがいいですね。

まとめ

位置情報が写真に付与されていると、その写真から簡単に撮影した場所なんかが分かってしまう。SNSなんかに位置情報が付いた画像をアップロードしても、その情報は削除されたりすることが多いと思うからちょっと安心感はなくもない?けど、やっぱり位置情報残っているのは個人的に気持ち悪い・・・

おすすめの記事