GASでQRコードの作成をする方法(スプレッドシートのセルからも)

今回はGASを使ってQRコードの作成を行っていきたいと思う。それとスプレッドシートでも割と簡単に作成することができるからやっていこう。

QRコードの作成方法

GASでどうやってQRコードを作成するかっていうとGoogle Chartsっていうのが便利そうなので、これを使っていこうと思う。

You can create a QR code on the fly with a URL GET request.って書いてある通り、GETでリクエストを送ってやればQRコードを作ることができそうです。どうやって使えばいいの?って感じもあるけど、とりあえずパラメータ3つくっつけとけば動きそう。

画像サイズとエンコードするデータを指定してあげればQRにしてくれるっていう感じかな。まあやっていこう。

GASでQRコードを作成する

QRコードの作成をGASでちょっとやってみるとこんな感じか。

function createQR() {
  response = UrlFetchApp.fetch("http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&chs=150x150&chl=https://gadgelaun.com/")
  image = response.getBlob().setName("gadgelaun.png")
  folder = DriveApp.getFolderById('フォルダのID');
  folder.createFile(image)
}

GoogleDriveに保存するようにしてあるけど、実行して確認してみるとちゃんとできているよう。

結構簡単にできましたね。コードで指定したサイズは150*150、データはこのサイトのURLで指定したけどここを変えてやればいろんなQRコードを作ることができるという。後はカメラとかアプリで読み取ってしまえばOKっていう感じかな。

スプレッドシートからQRコードを作成する

スプレッドシートからQRコードを作成するっていう方法もありますね。スプレッドシートのセルに関数書いてやればQRコードにしてくれる。

=image("http://chart.apis.google.com/chart?chs=150x150&cht=qr&chl=" & A2)

最後にセルの位置指定してやればOK。これを下にビビっとやってやれば対応したURLが作成されるから便利。

QRコードをダウンロードする

QRコードをダウンロードしたかったらファイルをクリックして一旦ウェブページとして保存する。

そしたらそれを開いて右クリックから保存してやればQRコードを保存することができる。

まとめ

QRコードの作成をちょろっとやってみたけど、結構楽ですよね。GASからでもスプレッドシートからでも作ることができるから何かと便利そうです。何かコードガチャガチャ書いていかないといけないのかなあ・・・なんて思ったりもするけど、そんなことはない。

おすすめの記事