【Mac】Safariのおすすめ拡張機能6選!より快適な使い心地へ!

今回はSafariをもっと便利に使うために、追加すべきオススメの拡張機能は何なのか?っていうことを見ていきたい。いくつか拡張機能を紹介するから、何を入れたらいいのか分からないっていう場合には参考にしてみてください。ブラウザは拡張機能の有無で結構使い勝手変わったりしますからね。より快適なブラウザ操作にしてしまいましょう。

拡張機能の設定方法

拡張機能を紹介する前に、さっと拡張機能の設定方法を書いておこう。Safariを開いたらまずはSafariの拡張機能を探すためにメニューから[Safari拡張機能]を選択。するとストアにいける。

ストアから追加したい拡張機能をインストールしたら次は環境設定を開こう。

ここに追加した拡張機能が表示されるけど、チェックが入っていないと思うから有効にしたいものはチェックを入れておこう。

そうするとSafariの上部に追加した拡張機能のアイコンが表示されるでしょう。

あとはクリックしたりして使うだけですね。

Safariのおすすめ拡張機能

拡張機能の追加方法もわかったことだし、Safariのオススメの拡張機能を見ていきたい。使ったことないものがあったら参考にしてみてくれ。

G App Launcher

G App Launcherは左上のボタンからGoogleのサービスに簡単にアクセスできるようにしてくれる拡張機能。

Googleのサービスって何かと使うことが多いから、これはあった方が良いはず。GmailやGoogleカレンダーにさっとアクセスすることができる。そして、ここに表示される項目は自分が良く使うサービスでカスタマイズできる。設定から入手可能なもので入れておきたいものがあれば突っ込めばいいだけ。

ドラッグ&ドロップで追加できるから楽でいいですね。入手可能なGoogleのサービスはかなり多くて、良く使いそうなものから全然良く分からないものまである、良く分からないやつ多いな・・・

まあ普段良く使うものがあったら追加しておくといいですね。

AdGuard

普段ネットサーフィンしている時に広告が出てきてしまうのは、ちょっとうざいですよね。そんな時に役立つのがAdBlockです。他にも広告をブロックするものはあるけど、AdGuard評価高いので紹介しておきたい。インストールして有効にすると広告をブロックすることができる。

ちなみにAdGuardは自分でフィルタやルールなんかも設定することができる。フィルタはいるものいらないものをON/OFFで切り替えるだけでいいから楽でいいね。ユーザールールは難しいから上級者向けかな。(そこまでやる人少なそうだけど)

ちなみにだけど、AdGuardをインストールしたらSafariの機能拡張からチェックマークを入れておこう。入れないとsafari上でアイコンが出ないはず。

Mia

Safari使っている人は、うまいこと翻訳する時どうしているのだろうか。。Translateはもう有料みたいだし、満足するものがないんじゃないかなーっていうのがある。こういうところはChromeには敵わない感を感じてしまう。だが翻訳の拡張がないのはきつい、Miaっていう拡張機能があるからそれを使おう。

翻訳したいテキストをドラッグして右クリックすると、[Translate selected text]っていうのが出てくるからそれを選択。

するとGoogle翻訳のページに飛んで検索してくれる。

そのままそのページで翻訳してくれれば楽なんだけどなあ、そううまくはいかんらしい。

OneTab

タブが無限に出てきてしまって使い勝手に悩む・・・っていう時に使えるのがOneTab。タブ管理でまず最初に手をつけるのがこれなんじゃないかなー感がある。OneTabのアイコンをクリックすると、今開いているタブをまとめて一つのタブにしてくれる。

まとめられたタブを再度開きたかったら、それらをまたクリックすればタブとして展開してくれるっていう感じ。

タブってどんどん開いて、どれが何のタブか分からなくなってしまいますよね。Chromeのおすすめ拡張機能なんかの記事でも紹介したかな?

タブ管理に悩むならブラウザを変えるという手段も

いくつかの方法を試してもタブ管理面倒だなあ・・・うまくいかない・・・っていう場合には、そもそも使っているブラウザを変えてみるのもいいんじゃないかなと思います。中にはタブが開きすぎないように工夫されているようなものもありますからね。そんなタブ管理に悩む君にオススメのブラウザは以下の2つ。

  • SidekickBrowser
  • Stack

例えばSidekickBrowserならこんな感じで左にアプリケーションのアイコンを置いて、普通に使うタブは通常通り使うことができる。

これが結構便利なんですよ。サイドバーと通常タブの両刀使いができる。もう1つのStackっていうのもちょっと似ているんだけど、ブックマーク機能がなかったりするから個人的にはSidekickBrowserの方がおすすめかな。ブラウザは一歩探してみると、結構良い感じのものあったりするから探してみてください。

AwesomeScreenshot

ふとスクリーンショットを撮りたいっていう時に役立つのがスクリーンショット撮影の拡張機能。AwesomeScreenshotのアイコンをクリックすることでどんなスクリーンショットを撮るのかを選択できる。

選択した範囲を撮るのか全体を撮るのかなんかを選択すると、すぐにスクショを撮影できる。

そして撮ったスクショはそのまま編集できるのがAwesomeScreenshotの良いところ。文字入れたり囲ったり色々できる。編集が終わったら[Done]で完了。ダウンロードなんかもできるからいいね。

PiPifier

iPhoneでピクチャ・イン・ピクチャっていう機能ありますよね。MacのSafariでもそれができるんだけど、普通にやろうとするとちょっと面倒。Youtubeの再生画面で右クリックを2回すると[ピクチャ・イン・ピクチャにする]っていう項目を選択すると、ピクチャ・イン・ピクチャで再生することができる。

これでもできるんだけど、これって結構面倒ですよね。これをもっと楽に行えるようにしてれるのがPiPifierっていうやつ。これを使うと、Youtubeの再生画面にピクチャ・イン・ピクチャのためのボタンが出てくるからそれを押せばOK。

ピクチャ・イン・ピクチャってiPhoneのイメージがあるけど、パソコンでこれできると結構便利ですよね。Youtubeみながら作業できる。Macでピクチャ・イン・ピクチャ試したことない人は試してみるといいかもしれない。

まとめ

今回紹介した拡張機能は以下の6つ。

  • G App Launcher
  • AdGuard
  • Mia
  • OneTab
  • AwesomeScreenshot
  • PiPifier

普段からSafariを使いこなしている人なら、使っているものは結構多かったかもしれない。Safariで拡張機能何入れたらいいか分からない・・・っていう場合には参考にしてみてください。ちょっとだけSafariを使うのが楽になることでしょう。

おすすめの記事