【Mac】SidekickBrowserでブラウザのタブ管理にもう悩まない!

普通にChromeやSafariなんかを使っていると、どんどんタブが増えていってもはや自分が何を開いているの分からなくなっていってしまいますよね。こんな散らかったブラウザのタブを見ることなんて日常茶飯事だっていう人も多いはず。

もう見ただけでストレス溜まって嫌ですよね。Chromeなら複数タブを1つにまとめるOneTabなんかの拡張機能もあるけど、それでも増えていってしまう・・・

それならもうそもそも、このブラウザの仕組みが悪いんじゃないだろうか。そういう考えもあります。ブラウザは探してみると結構あって、こういう上の方にいっぱいタブが開きづらいようなブラウザもある。だから今回はそんなブラウザの1つであるSidekickBrowserっていうのを紹介したい。

SidekickBrowserとは

SidekickBrowserがどういったブラウザなのかっていうと、アプリケーションと検索を分けて使う事のできるブラウザ。GmailやGoogleカレンダーなんかのアプリケーションを左に置くことができて、普通に検索はChromeと同じようにできる。

画面デザインはChromeみたいな感じだね。大きく違うのは左にバーがあって、そこからそのアプリケーションにアクセスできるっていうところ。左のバーに追加するアプリケーションは自分がよくアクセスするものがあれば、Applicationsから追加することができる。

いろんなアプリがあるから、よく使いそうなものは入っていそうですよね。ちなみにここにあるApplicationsからだけじゃなくてURLや今開いているタブからなんかも追加することができる。

タブから追加してみるとこんな風に追加されますね。ブックマークでもいいと思うけど、頻繁にアクセスするならサイトを登録しておくと便利そうです。

SidekickBrowserの機能

サイドバーにアプリを置いたりすることができるっていうのは分かったけど、どんな機能のあるブラウザなのかっていうとアドブロックをしてくれたりメモリ管理を良い感じにしてくれる。

トップページを見て気づいた人もいると思うけど、画面の左にどれぐらい広告をブロックしたのか?とかメモリに関してもちょろっと書かれている。

左下にある歯車のマークからも見ることができて、ここからON/OFFを切り替えることができたりもする。

Chromeの拡張機能もサポート

Chromeの拡張機能も使うことができるのは大きい。これは普通にChromeと同じようにストアから拡張機能入れてっていう風にやれば使うことができる。

Chrome使うのって拡張機能の力が大きいみたいなところもあるから、やっぱりそれが使えるのは素晴らしい。

どのような人におすすめなのか

使ってみた感じ結構良さげなんだけど、そもそもこのブラウザはどういった人のために作られているのだろう?TechCrunchの記事にこんなことが書かれていますね。

「私たちはブラウザと競合するつもりはなく、ブラウジングのための選択肢として考えています。弊社の目標は、仕事や生産性のためにブラウジング体験を向上させることです。これは残念ながらブラウザにはできないことなのです」と同氏はいう。

生産性に磨きをかけて「仕事用OS」になったウェブブラウザー「Sidekick Browser」

仕事や生産性のためにブラウジング体験を向上させること。なるほど、どうやらこのブラウザは仕事をする人にとって良い選択肢になるように考えられているみたいですね。

では、Sidekickはどのような種類の仕事 / 労働者のために作られているのだろうか。

「オンライン作業では、ウェブアプリケーション、多数のドキュメント、通信アプリケーション、複数のアカウント、さまざまなワークストリームを扱うことができます。プロシューマー向けの設計であり、単にブラウジングするためだけなら、最適な選択肢ではありません。他のブラウザの方が適しています」と同氏。

生産性に磨きをかけて「仕事用OS」になったウェブブラウザー「Sidekick Browser」

確かにパソコンで作業しているとSlack開いたりGoogleドキュメント開いたり、カレンダー開いたりといろんなアプリケーションを開かざるを得ないですからね・・・普通にブラウザ使うと無限タブになってしまうからサイドバーで管理できるのは良い。

仕事や生産性を気にする人は試してみてもいいかもしれないね。

インストール

インストールは簡単。SidekickBrowserのページにいってダウンロードボタンをクリックすれば、後は画面に従うだけでインストールできる。

ダウンロードしたファイルをApplicationsフォルダに突っ込んで完了。

最初に起動すると、Chromeのブックマークをインポートするかどうか?みたいなことが聞かれると思うから、そしたらインポートしておくのが設定も楽で良いと思います。また一からブックマーク追加して・・・なんてやるの面倒ですからね。

タブ管理に悩むならStackっていう選択肢もある

ブラウザのタブが開きすぎて面倒だ・・・っていう悩みを持っているならStackを使うっていう選択肢もある。StackもSidekickBrowserと同じようにアプリケーションを下や左に配置することができますね。

検索する際なんかには、スワイプで別タブ出して検索なんてこともすることができるから、ちょっと変わった使い方もできるかもしれない。

気になったらStackも試してみるといいと思います。(確かchromeの拡張機能云々とかはなかったような・・・)どっちかで迷ったらもう好み!

まとめ

SidekickBrowserっていうよ感じにアプリを配置して使う事のできるブラウザを見てみたけど、結構良い感じじゃないですか?アプリは簡単に配置できるし、Chromeの拡張機能は使えるしで悪くないなあっていうところです。サイドバーとタブを使えるから使う際にはこの両刀使いでいきましょう。

ブックマークから飛んだりもできますね。ブックマークはChrome拡張機能のブックマークサイドバーっていうやつが結構良い感じです。この記事の中で紹介しています。

ブラウザってパソコンの作業中ほとんど使うようなものだから、やっぱり自分に合いそうなやつ使っておきたいですよね。良いブラウザライフ送りましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事