ビデオ録画を共有したいならGoogleのThreaditはいかが?

仕事なんかで自分が話している録画したものを誰かに共有できたら楽なのになあ・・・なんて考えたことあるのではないでしょうか。チャットより言葉で話した方が早いし、もしかしたらボイスメッセージなんかを使ってやり取りしているなんて人もいるかもしれない。

だけどビデオ会議のように自分の顔も声も録画でき、画面共有もできる、そしてそれを他に人と簡単に共有できる。そんなツールがあればもっと便利かもしれない。

そんな思いを持っているならGoogleのThreaditはどうだろう。このThreaditっていうやつは自分が話しているところを録画できて、それを選んだ人間に送信することができる。とはいってもどんなアプリなのか分かりづらい。ざっと見ていこう。

ビデオ録画を共有できるThreaditとは

Threaditって何?っていうのを二言ぐらいでいうとこんな感じ。

  • ビデオ録画を他の人に共有できるアプリ
  • Chromeの拡張機能

パソコンのカメラに向かって自分の言いたいことや映したい画面を映して録画することができる。例えば、仕事関係で自分が話したい内容を自分の画面を共有しながら録画することができる。そしてこれはChromeの拡張機能で使うことができる。アプリをインストールすることなく、Chromeストアから拡張機能を追加するだけで使うことができるから楽だね。

Threadit - 録画画面

Threaditの録画画面はこんな感じ。1つのタイトルにいくつかトピックを作ることができて、そのトピック毎に動画を撮ることができる。

 

もちろん画面共有も可能。画面を映しながら何か説明したいときなんかにはやっぱり画面共有は便利。

撮影したものを他の人と共有することもできる。link送るだけでいいからいいね、いちいち動画送って見てもらわなくてもいいのは楽。

なんとなく動画を撮影してそれを共有することができるっていうのは掴めた。次は実際にこのThreaditを使い始めるにはどうすればいいかっていうのを書いていくよ。

Threaditの使い方

threadit.appからアクセスすることもできるし、ThreaditはChromeの拡張機能として使うことができるからChromeストアからThreaditを追加しよう。

threadit.appにアクセスした場合だけど、アカウントが必要だからいくつか質問に答えてアカウントを作る。Googleのアカウントがあるなら、[Continue with Google]が楽なんじゃないかな。

アカウントを作ったら使うことができる。StandupやProject updateみたいなテンプレートがあったりするから、用途に合致したらそれらを選択してもいいかもね。トピックが最初から設定されるようになる。今回はBlankでやってみよう。

左上のタイトルとトピックは編集できるから自分の好きなように設定しておこう。そしたら赤い録画ボタンを押せば録画することができる。

撮影が終わったら[Finish video]をクリックして終了!

作成したビデオは下に表示されますね。クリックするとその動画を再生してみることができますよ。

共有する

録画したものを共有した場合には[Share]をクリックすればOK。共有したい相手のメールアドレスを入力して相手も見れるようにしておこう。

ちなみに共有をPublicにすれば誰でもみることができるようになるね。まああまり使う事はなさそうだ。

トピックを複数つけた場合どうなるの?

撮影する際にトピックを複数つけることができましたね。これ複数つけると完成はどんな感じになるのだろう?

これはやってみると動画の目次のようになりました。Youtubeの目次みたいな感じだね。

他の人に見てもらうなら確かにあった方が親切かもね。

Chromeの拡張機能から使う

Chromeの拡張機能として使った場合は、起動するとこんな感じの画面になる。タイトルを入力するとさっきと同じような録画画面になる。

よく使う場合にはピン留めしてしておきましょう。ワンクリックで使うことができるようになりますよ。

もし出てこなかったら、右のアイコンをクリックしてThreaditのピンマークをクリックすれば表示されます。

まとめ

GoogleのThreaditを見てみたけど、どうだろう。仕事なんかでは他の人に何か伝える時に使えるかもしれないね。ビデオ会議するほどでもないけど、話した方が伝えやすいし分かりやすいだろうなあ・・・なんていう時に良さそう。テキストメッセージだとかなり長くなってしまうからね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事