【Zapier×ショートカット】LINEへワンタップで文章を送信する方法【iPhone】

今回はiPhoneのショートカットアプリを使ってワンタップで文章を入力してそれをLINEに送信するっていうのをやっていきたいと思う。1つ注意点として今回やるのは自分やグループには送信することができるけど、特定の誰かに送信することはできない。LINE Notifyっていうやつを使うんだけど、これが自分かグループにしか対応していないんや・・・

イメージとしては以下の記事でやったようなことなんだけど、今回はZapierを使ってやりたい。(下の記事ではIFTTTとか使ってやってるね。)

ZapierっていうのはIFTTTと同じようなものでアプリケーション同士を連携させて1連の操作を自動化することができるツール。使ってみると結構便利。Zapierってなんだよ?っていう場合にはこの記事を最初に読んでおくのがおすすめ。

じゃあ、ZapierとiPhoneのショートカットアプリを使ってLINEに文章を送るっていうやつをやっていきましょうか。

ZapierとLINEを連携する方法

今回やるのがLINEのショートカットアプリのアイコンをタップしたら、テキストの入力欄が出てきてテキストを入力したらLINEでそれが自分に送られるっていうもの。

画像は自分に対してメッセージを送っているけど、グループに対して送ることもできる。いちいちテキストを入力するのが面倒だっていう場合には最初から文章を用意しておいて、それをショートカットのアイコンワンタップで送るなんてこともできるね。このショートカットアイコンをタップしたらZapierにリクエストを送っているんだけど、ここの連携にはZapierのWebhookを使う。

  1. iPhoneショートカットからZapierのWebhook URLにリクエストを投げる
  2. Zapierがリクエストを受け取る
  3. 受け取ったらLINEにメッセージを送信する

流れとしてはこんな感じだけど、これだけじゃ分かりにくいから上から順番にやっていきますかね。

LINEに通知するためのトークンを取得する

その前にLINEに通知するためにLINE Notifyからトークンを取得しておきたい。LINENotifyという通知をしてくれるサービスを使うからマイページにアクセスしてトークンをゲットしよう。こっちの記事でも書いたね。

 

トークン名は通知されるときに表示されるんだけど、まあ好きな名前にしておこう。通知を送信するトークルームは1:1で自分に送るかグループを指定することもできる。画像は1;1で自分に対して送信する選択をしているけど、グループに対して送信させたかったらそのグループを選択しておこう。

 

発行するを押せばトークンが発行される。後で使うからコピーしておきます。

Zapierの設定をするときに使うからその時に使うためにコピーです。

ZapierのWebhookを設定する

iPhoneのショートカットからリクエストを投げてそれをZapierが受け取れるようにwebhookをZapierで設定しよう。やるのはこの部分だね。

  1. iPhoneショートカットからZapierのWebhook URLにリクエストを投げる
  2. Zapierがリクエストを受け取る

Triggerを設定する

WebhookはZapierで設定することだからZapierのTriggerを設定しよう。イベントは[Webhooks by Zapier]っていうやつ。Trigger Eventは[Catch Hook]にしよう。

Set up triggerに進むとCustom Webhook URLとPick OFF A Child Keyが出てくる。Custom Webhook URLは後でiPhoneのショートカットアプリで使うからコピーしてiPhoneに送っておこう。Pick OFF A Child Keyは送られてくるKeyを受け取ることができるけど、今回はmessageっていうKeyで受け取ることにする。

Actionを設定する

ActionはLINEに通知させることですね。コードを書いてそれを実行して送信することもできるけど、コードを書くのは面倒なのでwebhookでやるのが楽です。[Webhooks by Zapier]を選択してAction EventはPOSTに設定しておきます。

Set up actionでは以下の項目を設定する。

  • URL・・・https://notify-api.line.me/api/notify
  • Payload Type・・・Triggerで設定した[Pick Off A Child Key]
  • Data・・・messageを指定し、LINEに送信したい内容を指定する
  • Headers・・・Authorization・・・「Bearer  LINENotifyで取得したアクセストークン」

HeadersにさっきLINE Notifyで取得したトークンを指定しておきます。AuthorizationっていうKeyで[Bearer + 半角スペース + 取得したアクセストークン]です。

URLにLINE NotifyのURLを指定しているけど、これでLINE Notifyに対してリクエストをぶん投げることができる。認証が必要だからさっき取得したLINE Notifyのトークンをつけているわけです。指定しているDataのmessageが内容としてLINEに通知されるね。これでZapierの設定は完了。

iPhoneのショートカットアプリを作成する

Zapierの設定は終わった。次はiPhoneのショートカットアプリからZapierを叩くための設定だ。ショートカットからZapierでさっき作ったやつを叩ければ、後はLINEに通知が行くはずだから頑張ってショートカットを作っていこう。使うアクションは以下の5つ。

  • 入力を要求・・・LINEに送信するためのテキストを要求させる
  • if文・・・テキストの入力がなかったらショートカットを終了させるための分岐
  • ショートカットを終了・・・ショートカットを終了するためのアクション
  • URL・・・ZapierのWebhook URLを設定
  • URLの内容を取得・・・ZapierのWebhookを叩くための設定

上から順番にやっていきましょうか。まずは[入力を要求]っていうアクションを追加してテキストを要求するようにする。ここで入力した文章がLINEに送信されるように。

次はテキストが入力されなかったらっていう場合を考えよう。何も入力されなかったらそこで処理を終了してほしいからショートカットを終了するアクションをぶち込みます。入力されなかった場合だけだから、if文で[もし指定入力があたいがないならば]っていう指定をしておくよ。

次はURLっていうアクションを追加して、そこにZapierのtriggerで取得できるURLを設定する。

URLがあるのはTriggerで設定したZapierのSet up triggerにある。

URLを設定したら、URLの内容を取得っていうアクションを追加して方法はPOST、本文を要求にはJSONを選択してmessageっていうkeyを追加する。これがZapierのほうに送られるんだけど、中身は入力するテキストにしたいから[指定入力]を指定しておく。

ここまで作ったら試してみてOKだったらショートカットアイコンをホーム画面に追加してワンタップしてみる。すると、こんな感じで入力したテキストがLINE Notifyから送られてくるね。

今回は自分に送るようにしたけど、以下のようにしたほうが活用できるかもしれない。

  • テキスト入力はなしで定型文を自分やグループに送信する
  • グループに送信する

自分に送る場合は、メモとしてすぐに使えるからいいけどね。グループのほうが使い道ありそう感がある。ちなみにグループにワンタップで送信するっていうやつはこっちでやったからこれと同じようにZapierも設定すればできそう。よかったらいろいろ試してみるといいかもね。

まとめ

LINE Notifyからトークン取得したりWebhookのURL取得したりちょっと面倒だけど、一度設定すれば後はLINE送信が簡単になるから楽といえば楽。そういえば、今回はWebhookを使ってLINEに送信するっていうことをやったけど、Code by zapier?だっけ?Zapierでコードを実行できるアクションがあるからそこにコードを書いてLINEに送信することもできる。GmailをLINEに転送するっていうのでこっちでJavascriptでやってみたりしたね。

Zapier使いようによっては結構便利だと思うからいろいろ試してみてほしい。

おすすめの記事