【効率化】Windowsで操作を自動化するPower Automate Desktopの使い方

日々の作業をもっと効率よく行うことができるのではないだろうか?この面倒な作業は自分がやらないで機械にやらせることができるのではないか?そう思ったときに思い浮かぶのが自動化だ。ルーティンワークならたぶん自動化できるんだろうし、仕事の時間も短縮してだらだらできるんじゃないだろうか。そう思っていくつかやり方を調べてみた人もいるかもしれない。だけど、プログラミングが必要だったりしてぶっちゃけ取り掛かるのは面倒。自動化するにしてもそこまでやりたくないな・・・なんて思うだろう。

ではプログラミングを使わずに自動化できたらどうだろうか。プログラムを使わずにWindowsでの作業をある程度自動化できたならかなり嬉しいはず。

そしてそのプログラミングを使わずに自動化することのできるツールがMicrosoftから提供されている。今回はこのPower Automate Desktopを使ってどんなことができるのかを見ていきたい。普段の作業をもっと効率的に行うことができるかもしれないぞ。

Power Automate Desktopとは

Power Automate DesktopはMicrosoftから提供されているツール。記事を見てみるとこんな風に書かれていたりする。

Power Automate Desktop uses low-code RPA (no coding required) to give you time back for more high-value work by automating “busy work.” RPA makes it possible to automate workflows across modern and legacy applications on your desktop by recording actions such as mouse and keyboard clicks

Automate tasks with Power Automate Desktop for Windows 10—no additional cost

翻訳してみると・・・

Power Automate Desktopは、ローコードRPA(コーディングは不要)を使用して、「忙しい作業」を自動化することで、より価値の高い作業に時間を取り戻すことができます。RPAを使用すると、マウスやキーボードのクリックなどのアクションを記録することで、デスクトップ上の最新のアプリケーションとレガシーアプリケーションのワークフローを自動化できます。

つまりこのツールをつかえばコーディング不要で作業を自動化できるということだ。マウスやキーボードのクリックなんかを記録してくれたりするらしい。コーディング不要っていうのがやっぱりいいですよね。自動化したいけどコーディング面倒だなあ・・・なんて思ってしまいますもんね。まあとりあえず使ってみないことにはどんなことができるか分からないから、ダウンロードして使ってみましょう。

Power Automate Desktopをダウンロードする

サイトからダウンロードすることができるので、まずはダウンロード。ダウンロードしたらそのファイルをクリックしてインストール作業を進めよう。画面に表示される通りに進めていくとインストールできるはず。再起動で有効になるみたいだから再起動して起動してみるとこんな感じ。なんかフローっていうのが表示されていますね。

[新しいフロー]っていうのをクリックして新しいフローを作成してみる。すると左側にアクションっていうのがいっぱい出てきますね。

なるほど、どうやらこのアクションを組み合わせて1つの自動化フローを作るみたいですね。MacのAutomatorやiPhoneのショートカットアプリと似たようなイメージ。WindowsじゃなくてMacも使ったりするっていう人はMacのAutomatorは使いようによっては結構便利だから目を通しておくのがおすすめ。

この表示されるアクションを眺めてみるとかなりの数ありますね。これだけの数があればなかなか困ることはなさそう。

見てみるとほかにもいろいろあるから気になったらいろんなアクションを見てみるといいです。Excelやデータベース、AWS、Azure、FTPに関するものもあったりしてかなり複雑なものもできてしまいそう。単純にパソコン内にあるものを自動化するぐらいかなーって思っていたけど、できることの幅広い。

Power Automate Desktopで自動化のワークフローを作成してみる

いろんなアクションを組み合わせてそれを一連の流れで実行できるっていうのがこのPower Automate Desktop。自動化したい操作があったら、それに該当するアクションをどんどん組み合わせていけばいい。ちょっと簡単な自動化のワークフローを作ってみようと思う。作るのはちょうどデスクトップにPNG画像が増えてきてしまったから、一発でそれらを一つのフォルダに移動するっていうものにする。

流れとしてはこんな感じ。

  • デスクトップからPNG画像を検索
  • 検索に引っかかったものを指定したフォルダに移動させる

これを作るために[フォルダー内のファイルを取得]っていうアクションをまずは追加しよう。

今回はデスクトップにあるPNGファイルを検索したいからフォルダーはデスクトップ、ファイルフィルターは*.pngにしておく。

これでデスクトップ内にあるPNGファイルを抽出することができるから、あとはこの抽出したファイルを別のフォルダに突っ込むアクションを加えればいい。生成された変数にFilesっていうのがあるけど、この変数には取得したファイルが入れられる。だから移動させるときにはこの変数を指定してやろう。次のファイルの移動で指定してやります。

ファイルを取得したら今度はそのファイルを別のフォルダに移動させるアクションを追加です。移動するファイルは[×]ボタンからFilesという変数名を指定して、宛先フォルダーには移動させたいフォルダを指定。

保存したら後は実行するだけです。上にある再生ボタンを押して実行!

するとどうでしょう。デスクトップにたくさんあったPNGファイルが指定したフォルダに突っ込まれているではありませんか。素晴らしい。

フローを保存したらトップ画面に戻ってみるとそれが表示されているかと思います。このトップから再生ボタンをクリックすることで今のフローを実行できるようですね。また同じようにPNGファイル移動させたかったらこのボタンぽちればいいだけ。

デスクトップにあるPNGファイルをクリックだけで別のフォルダに移動させるっていう割と簡単な自動化だけど、結構便利だよね。デスクトップ結構散らばっちゃうんだよなあ。。。

まとめ

Power Automate Desktopを使って簡単な作業を自動化するっていうことをしてみたけど、どうだろうか。正直これはWindows使っている人で自動化したいなーって思っている人ならまず選択肢に入るのではないかなーって思います。だって便利なんですもん。コード書かなくていいし、すでにあるアクションを組み合わせるだけでいろんなことができるから楽。自動化したい内容によって使うアクションを設定していけばクリックだけで自動化ができてしまう。Windowsユーザーで自動化したい作業あるんだよなあって思っている人は使ってみるといいんじゃないでしょうか。

おすすめの記事