Chrome拡張機能stationを使ってサイトアクセスを最適化する

今回はChromeの拡張機能であるstationっていうやつを見ていこうかなーって思う。stationは複数のサイトの履歴なんかに簡単にアクセスできるようにしてくれたりするもので、結構便利だったりする。まあどんなものか見ないと分からないから早速見ていきましょうか。

Stationとは

そもそもstationってなんなん?駅??ん???って感じだけど、stationはChromeの拡張機能で提供されていていろんなサイトの履歴へのショートカットを作ってくれるっていうやつ。インストールすると、[cmd + e]で起動することができるんだけど起動するとこんな感じ。

上の方にアプリケーションのアイコンが並んでいるけど、そこではそのサイトの履歴をみることができる。

サイト毎に履歴を見ることができて、表示されている履歴のアクセスはすぐにできるからかなり楽。さっき見てたページどこだったかなあ・・・っていうときに便利だね。履歴だけじゃなくてサイトトップのURLなんかも表示されたりするからアクセスするのも楽。

で、ここに表示するサイトのアイコンは追加することもできる。

自分が追加したいものがあれば検索してみれば見つかるかもしれない。結構対応されているんじゃないかな。自分が今追加したりして表示しているのはこんな感じ。

使うときには自分がよく使うようなものを追加しておきましょう。

chromeを開いたときのstation表示

chromeを開いたとき(新しいタブを開いたとき)にstationを出すことができる。chrome新しく開いたらよくアクセスするようなサイト並べられていたら便利ですよね。

ブックマーク感があるけど、履歴も見れるのが良い。

タブ管理のChrome拡張もあるが

関係ないけど、そういえばoneTabっていう開いているタブを1つにまとめてくれる拡張機能もあったりしましたね、この記事で紹介されています。Chromeでタブが増えすぎて困っている人は使ってみるといいかもしれない。

Stationの使い方

じゃあそのStationってどう使うの?って話だけど、chromeの拡張機能を入れてちょっと設定するだけだ。ただログインが必要なのがちょっと面倒。まずはChromeのストアにアクセスして追加しよう。

追加したらアカウントの登録。

登録したら、[command + e]で起動できる。自分がよく使うようなサイトを登録したりしてカスタマイズしよう。

Stationの設定

新しいタブを開いたときに、Stationの画面を開きたくないデフォルトが良い!とかテーマを変えたいとかなったら設定を変えてみるといいです。歯車のマークから設定することができる。

自分が使いやすいように色々いじっちゃってください。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事