プログラミングをロックマンのゲームを作りながら学べる教材があった

ロックマンのゲームってしたことありますか?自分は昔ロックマンエグゼをよくやっていたなあ、懐かしい。楽しかったなああれは。学校終わって家帰ってずっとやっていたような気がしなくもない。これよこれ、あの頃はゲームボーイアドバンスかあ。

この紙のパッケージのゲームっていうのもまた良いよね。ツタヤなんかにゲーム売っていたりして、そこにこういうゲームの紙箱が並んでるの。今はゲームもネットでダウンロードが当たり前だけど、「ゲームだー!」っていう紙箱をもう感じることはないのかなあ・・・って思うとなんかちょっと悲しい。

今はゲーム機といえばSwitchだけど、あの頃はゲームボーイアドバンスとかだったな。

 

この形、この色懐かしい。ゲームソフトのCMなんかもよくやっていて確か「くるくるくるりん」とかのCMめっちゃ見た気がする。ゲームボーイアドバンスSPなんてものもあったな。今は当たり前だけど、SP画面明るくなるんよ。

画面明るいから暗い部屋でやっていてもよく見えるっていうね。感動したわ。このパカパカするゲームボーイアドバンスもなかなか良い感じだった。

まあ、昔のゲームソフトやゲーム機を思い出すのはもういいか。なんでこんなことを書いてしまったかというと、【ロックマン】のゲームをつくるプログラミングキット!なんていうものを見つけてしまったからだ。ロックマンのゲームなんて聞くと、ロックマンエグゼがどうしても頭から離れなくなってしまってね。懐かしさに浸ってしまった。

そう今回はこのロックマンのゲームを作るプログラミングキットっていうのを見たいんだ。プログラミングが盛り上がってきて、プログラミングスクールや学習サービスはよく聞くけど、ロックマンのゲームを作るプログラミングキットなんて初めて聞いたからね。

そういえば、ぷよぷよを作利ながらプログラミングを学ぶっていうサービスもあったな。。

ロックマンのゲームをつくるプログラミングキットとは

プログラミングって聞くと、黒い画面に色々文字を書き込んでいくイメージがあるけど、ロックマンのゲーム??なんかこんな感じらしい。手に遊戯王のデュエルディスクみたいなのがついてる。なんかよくわからないけど、凄そう。

どうやらこの手についたデュエルディスクみたいなやつを動かすことで、連動してロックマンが動くようなプログラムを書いていくみたい。プログラミングって画面と睨めっこしながら作業していくっていうイメージがあるけど、なんか手についた機械と連動して動くって面白いね。

そして、あのロックバスターを打つ効果音なんかのデータを使うことができるらしい、これは嬉しい。ロックマン好きなプログラミング学びたい勢は歓喜間違いない。

原作の、あのエアーマンのBGMやロックバスターを撃つ効果音から、キャラクターやステージといった画像まで、すべてホンモノのデータを使った、学習用のプログラムデータを用意!

ちなみに、パソコンとケーブルで繋がなくてもBluetoothで接続して動かすこともできるみたい。

学習教材は全8ステージ構成

どんな学習をしていくかっていうことだけど、教材は8ステージの構成になっていてステージ毎に学んでいくみたいだね。ステージ8ではエアーマンと戦うようなプログラムを書くことになるのか。なかなか手強そうだ。

ちなみにデュエルディスクみたいなロックバスター型のコントローラーは中盤から制作してロックマンを操作していくみたいだね。

画面内のみでのプログラミングから始まり、中盤からはアーテックロボ2.0でロックバスター型体感コントローラーを制作!自分の腕に装着してロックマンを操作する、体感型のゲームを作成!

プログラミングはScratchベースのソフトウェア

どんなプログラミングを学習していくのかはScratchベースのソフトウェア。ブロックを組み合わせて動かすことのできるやつだね。よくあるような文字を黒い画面にゴリゴリ書いていってっていう感じではないかな。

Scratchについて知りたかったら、Scratchからどんなものか見てみるといいですよ。気になったら使ってみるといい。教材は全ページフルカラーの212ページにわたる解説だとか。

クラウドファンディングで1200万円獲得

これはMakuakeで見つけたんだけど、なんと獲得金額が1221万2000円!目標金額が100万円なことを考えるとかなりの金額が集まった感じか。。

どんな感じでロックマンでプログラミングを学んでいけるかどうかはYoutube動画でも紹介されている。

ちなみにこの製品の購入は大体2万円ぐらいだったみたいだね。今はページを見ても購入ボタンがないからちょっと残念感がある。

まとめ

プログラミング学習って聞くと、画面に色々打ち込んでいって画面上で色々動かすっていうイメージがあるけど、腕に装着するコントローラー作って、興味の湧きそうなゲームを作って連動させていくっていうのも面白いね。そのゲームが好きなら尚更楽しそう。

プログラミングって聞くと障壁を感じる人もいそうだけど、ロックマンで遊びながらプログラミングしていくっていうのだと結構印象も違いそうだ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事