【iPhoneアプリ使用制限】スクリーンタイムを賢く使ってアプリに制限を追加しよう

今回はiPhoneでアプリの使用制限をする方法を見ていきたい。iPhoneなんてもはや毎日何時間も触ってしまう・・・せめて夜寝る前ぐらいは使用制限したい・・・なんて思うことでしょう。スクリーンタイムをうまく使って自分で自分を制限していこうではないですか。

iPhoneでアプリの使用制限をする方法

アプリの使用制限をしたかったら、設定からスクリーンタイムと進んで使用制限をしましょう。スクリーンタイムを見てみると、どれぐらい自分がiPhoneをいじっているのか確認することができますね。[すべてのアクティビティを確認する]をタップすると、どのアプリを自分がよく使っているのかなんかが分かる。

ちなみにAppleIDで他のデバイスにログインしていれば、そのデバイスの使用時間を同じように見ることができるみたい。右上の[デバイス]から自分が使っているMacbook proを見てみるとこんな感じ。

1日の平均が6時間21分だから、結構使っているよね。確かにパソコンいじる時間多いですからね・・・目が死んでますよ。眼精疲労対策良い方法知っている人がいたら教えてください。ちなみにMacの使用制限なんかについてはこっちで書いたからMac使用制限してあんまり使わないようにしたいんだよなあ・・・っていう人は見てみるといいかもしれない。

全体で使用制限を行う

iPhone自体あまり使わないようにしたいっていう場合には、[休止時間]を設定しておくのがいいでしょう。曜日と休止時間の開始・終了時間を設定することができます。

設定するとこんな感じで、休止時間中はアプリが暗くなります。タップして[制限を無視]すれば、使うことができるから休止時間中も使いたくなったら制限を解除してやればいい。

休止時間中にも使いたいアプリは常に許可する

休止時間を設定したけど、その間にもいつもと同じように使いたいアプリもあるかもしれません。そういう場合には、そのアプリを常に許可するようにしてやればいいです。[常に許可]から常に許可したいアプリを追加してやれば、休止時間中でも暗いアイコンじゃなくて普通に使うことができるようになる。

休止時間は他のデバイスにも適用される・・・?

自分のAppleIDでMacにもログインしているけど、その場合休止時間を設定するとそれがMacにも反映されました。いろんなデバイスにログインしている場合にはちょっと注意が必要ですね。

個別でアプリの使用制限を行う

iPhone全体で休止時間を設定しないで、アプリに個別で時間制限をつけたい場合もあるでしょう。そんな時には[App使用時間の制限]っていうところから制限したいアプリを追加です。

自分が使用時間を制限したいアプリを選んで、どれぐらいの時間までなら使っていいかを設定。そうすると、そのアプリの制限が追加されます。

大体よく使ってしまうアプリって決まっているから、そういったアプリの制限はしておくといいかもしれないね。

制限を解除する

個別で制限したアプリの制限をOFFにしたい場合には、[App使用時間の制限]をOFFにすればOFFになる。

制限そのものを削除してしまいたかったら、[制限を削除]してしまいましょう。

使用時間を表示する

それぞれの時間制限をさっと見たい時もあるでしょう。そんな時にはウィジェットをホーム画面に追加しておくと便利です。画面を長押ししてスクリーンタイムのウィジェットを検索してやります。

ウィジェットは3つ種類があるから、好きなもので。

設定するとこんな感じですね。自分がどんなアプリをどれぐらい使っているのかをさっと確認することができるようになりました。

まとめ

スマホは気付いたらかなり使っているから、気をつけたいですよね。スクリーンタイムを使えば、自分がどれぐらいiPhoneを使っているか分かるから結構便利。よく使うアプリには、そのアプリに使用制限をつけて目は守りたいものです。

おすすめの記事