MacのFinderで隠しファイルの表示・検索・常に表示する方法

MacでFinderから何かを探している時、「あれ、見つからないな・・・」なんてことあったりしませんか?もしかしたら、その探しているものが隠しファイルになっていて表示されていないだけかもしれません。そういう時にMacのターミナルからよく分からんコマンドを打って検索することもできるけど、それも面倒。だから今回はFinderからそういった隠しファイルを表示したり検索する方法を紹介します。

MacのFinderで隠しファイルを表示する方法

Finderで隠しファイルを表示させる方法は簡単で、Finderを開いたら「command + shift + .(ピリオド)」を押せばいいだけです。

このショートカットだけで隠しファイルの表示/非表示を切り替えることができるから、隠しファイルも出しておきたい!っていう時には[command + shift + .(ピリオド)]を押しておきましょう。

MacのFinderで隠しファイルを常に表示する方法

MacのFinderで隠しファイルを常に表示させたい場合、ターミナルから常に表示させるコマンドを打ち込めばOKです。ターミナルっていうのはエンジニアの人とかが使うツールだったりします。普段立ち上げるとよく分からない画面が出てくると思うけど、この画面にコマンドを入力することでパソコンに対して操作をすることができる。スポットライト検索で「ターミナル」と検索して立ち上げてやりましょう。

立ち上がったらその画面に以下の2つのコマンドを打ちます。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
$ killall Finder

この2つを打った後にFinderを見てみると、隠しファイルが表示されているのではないでしょうか。

元に戻す方法

上記のコマンドで隠しファイルを表示させるようにしたけど、やっぱり隠しファイルはFinderでは出しておくのはやめよう!ってなったら表示をOFFにするためのコマンドを打ちます。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
$ killall Finder

MacのFinderで隠しファイルの検索を行う方法

一応Finderから不可視の項目を検索することのできる機能がついているけど、これをやってみても残念ながらうまくいかない。少なくとも自分の環境では不可視項目を検索することはできなかった。君のMacで検索できるかどうかいったん試してみて欲しい。やることは簡単で、Finderから検索する時に検索項目をちょっといじるだけ。[その他→不可視のファイル→不可視の項目を選択]して検索。

自分の場合残念ながら表示されなかったから別の方法を使いたい。

ターミナルから隠しファイルを検索する

上記の方法でFinderから検索することができなかったら、ターミナルで検索してみる。隠しファイルを表示させたい場所に移動してから[ls -a]と打ってみよう。そうすると、隠しファイルも含めてターミナルの画面に表示される。ちなみに移動は[cd desktop]とか[cd downloads]みたいに[cd 〇〇]ってコマンドを打てば移動できる。

MacBook-Pro:finders U$ ls -a
. .DS_Store .sample
.. .env test.html

打ってみるとこんなん感じで.sampleなんかの隠しファイルが表示されます。ここでどんな隠しファイルがあるのか確認することができるけど、ファイルが多かったら見にくいですよね。[ls -a]の後に検索したい文言で[ | grep 〇〇]っていうコマンドを入力してみるとこんな感じ。

MacBook-Pro:finders U$ ls -a | grep sam
.sample

grepの後に入力した物に基づいて項目が絞られる。ターミナルだけで見てみたい時には使ってみるといいかもよ。

隠しファイルはFinderで見るのが楽

ぶっちゃけターミナルから検索するっていうのはしんどすぎるから、Finder開いて[command + shift + .(ピリオド)]打って隠しファイル表示するのが楽でいいと思う。それか以下のコマンドを打って常に隠しファイルを表示しておくっていうのもいいですね。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
$ killall Finder

まあ、よかったらいじってみてよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事