iPhoneとMac間でのAirdropの使い方 - ファイルの送受信方法

早速だけど、Airdrop使っていますかね。Apple製品を使っているならもうめちゃくちゃ使っているぜっていう人もいそうです。だってファイルの送受信するのがかなり楽だから。iPhoneのデータをMacで見たり、MacのデータをiPhoneで見たりする場合にまだ使ったことのない人はAirdropを選択肢に入れてみてはどうでしょう。

今回はMaciPhone間でAirdropを使ってファイルの送受信をする方法です。では、いってみましょう。

Airdropとは

使ったことのある人なら分かる通り、Apple製品同士でファイルなんかのやりとりを送ったりすることのできる機能。ケーブルをiPhoneとMac間で繋がなくても送受信することができるからかなり便利です。

自分今までクラウドで同期してファイル共有したり、イメージキャプチャ使ってファイル取り込んだりとかしてたけど、Airdropを使い出してからはファイルの送受信はもうこれだけしか使っていないです。それぐらい楽なんですよね。もし、Apple製品間でファイルや写真などのデータをやり取りする場合には使ってみるといいです。

必要なのはwifiとbluetoothだけです。送信側と受信側でwifiとbluetoothをONにしてAirdropを使いましょう。

MacからiPhoneにAirdropでファイルを送信する

最初はMacからiPhoneにAirdropを使ってファイルを送信するっていう方法だけど、[Finder→移動→Airdrop]と移るとMacからAirdropを使って送信可能な対象が出てくる。人が多い場所ではいろんなユーザーが出てくる場合があるけど、自分のiPhoneは赤色で囲っているやつ。

Airdropを使う方法は簡単で、送りたいユーザー目がけて送りたいファイルをドラッグ&ドロップすればいいだけです。

そうすると、iPhoneの写真アプリでその送られた画像なんかを見ることができます。これだけで好きなファイルをiPhoneに送ることができるからかなり楽ですよね。他の人に送らないようにドラッグ&ドロップは気をつけて行いましょう。

ちなみに以下のような表示が出てうまく送信できない場合は、ファイルがiPhone側でサポートされていないためだったりするみたいです。

  • 項目を保存できませんでした。代わりに、iCloud driveに保存しますか
  • 項目を保存できませんでした。代わりに、ファイルに保存しますか

また、ファイルにロックがかかっていたりする場合も同じようなエラーが起きるようなので注意が必要ですね。ちなみにロックされているかどうかはその画像をプレビューで開いて名前の横に「ロックあり」と記載されているとロックされています。

名前をクリックして「ロック」のチェックを外すとロックが解除されるので、その場合にはロックを解除してAirdropでiPhoneに送信しましょう。

AirDropで「項目を保存できませんでした。代わりに、iCloud driveに保存しますか」とエラーが表示がされた場合の保存する対処法について

iPhoneからMacAirdropでファイルを送信する

Macから自分のiPhoneにファイルを送ることはできました。今度は逆にiPhoneからMacに画像をAirdropで送ってみます。送り方は簡単で、送りたい画像を選択して共有ボタンからAirdropを選択するだけ。自分が使っているMacをタップするとそのMacにファイルが送信されます。

Macに送信されるとFinderに送信されたファイルがこんな感じで表示されますね。

自分はiPhoneからMacにファイルを送信してMacでその画像をいじるっていうことをよくやるんだけど、いつもAirdropでやっています。

まとめ

iPhoneとMacでファイルのやりとりなんかをしたい場合には、Airdropはかなり便利だと思います。別にケーブルもいらないし、単に自分のiPhoneやMacをタップしたりドラッグ&ドロップで送信するだけなんでね。

もしまだAirdropを使ってファイルの送受信のやりとりをしたことがなければ、やってみるとあまりの手軽さに感動するでしょう。もうファイルの送受信はこれでいけます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事