Macで使える虫眼鏡(ズーム機能)を使って拡大表示する方法

普段Macを使っていてここの部分ちょっと拡大してみたいなーっていう時たまにありますよね。そんな時に使えるのがMacのズーム機能です。なかなか使わないだろうけど、使ってみると意外と使えるかもしれません。今回はこのズーム機能の使い方をみていきたいと思います。

Macで虫眼鏡(ズーム機能)を使う

そもそもそのズーム機能とやらはどこにあるんだよ?って感じだけど、[システム環境設定→アクセシビリティ]から確認することができます。

なんか色々か書かれているけど、使い方は以下の2つの項目をチェックしてコマンドでズームする感じですね。

  • キーボードショートカットを使ってズーム
  • スクロールジェスチャと装飾キーを使ってズーム
[キーボードショートカットを使ってズーム]をチェックして、[option + command + 8]を押すとズームされますね。フルスクリーンだとやりづらいからズーム方法は[ピクチャ・イン・ピクチャ]にしてみます。

これで[option + command + 8]を押してズームをオンにしてみるとこんな感じでズームされます。オフにする時には起動と同じように[option + command + 8]を押せばOK。

ただこれだと、ちょっとズーム機能をオン/オフするのがコマンドをいちいち押さないといけないので面倒ですよね。[スクロールジェスチャと装飾キーを使ってズーム]にチェックを入れて[optionキー]を設定しておきます。

こうすると、optionキーを押しながらスクロールするとこんな感じでズームしてくれるようになる。スクロールを元に戻すとズームも終了してくれて楽。

ズームをしたい時に設定したキーを押してスクロールをすればいいから、設定するなら[スクロールジェスチャと修飾キーを使ってズーム]にチェックを入れておくのが良さそうです。

虫眼鏡(ズーム機能)の解除方法

虫眼鏡(ズーム機能)の解除はどっちの方法で起動しているかで変わるから試してみてください。

  • キーボードショートカットを使ってズーム・・・option + command + 8
  • スクロールジェスチャと修飾キーを使ってズーム・・・スクロールを下に戻す

まとめ

ズーム機能って普通に使っているとあんまり使わない機能だったりするけど、使ってみると意外と便利ですね。[スクロールジェスチャと装飾キーを使ってズーム]にチェックを入れておいた方が楽に使えると思うからまだ使ったことがなければ試してみてくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事